ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会 エリート(5月13日開催)

 5月13日(土)に、山下公園周辺で「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会【エリートパラトライアスロン、エリート(女子・男子)】」が、開催されました。今年は、雨の中の大会となりました。

 

 横浜市海上保安部消防船「ひりゆう」が放水を行い、「氷川丸」が霧笛を鳴らし、スタートセレモニーに華を添えました。

 

 今年の目玉は赤レンガ倉庫の1号館と2号館の間を走り抜けるコースで、コーナーが多くテクニカルな展開となりました。

 

 13日の水温は21.5℃(6:00現在)、気温 20.4℃(6:30現在)で、水温の方が高い条件の中、レースがスタートしました。

 パラトライアスロン競技ルールでは、ウェットスーツの着用義務は、水温が28℃以下、トライアスロンは20℃以下となっています。

そのため、エリートパラトライアスロンのスイムでは、ウェットスーツを着用して競技がスタートし、エリートでは、着用の義務がありませんでした。

 

 

 

パラトライアスロン競技の様子

スイム750m(1周回)、バイク20km(4周回)、ラン5km(3周回)※PTHCはラン5km(1周回)

 

[スタートセレモニー]

 

[トランジション]

 多くの観戦者からの応援を受け、バイクコースへ向かう選手

 

[バイク]

PTHCクラス

 

PTS4クラス

 

PTVIクラス

 

[ラン]

PTHCクラス

 

 

 4年ぶりに横浜大会に出場したPTS4クラスの谷真海(サントリー/東京)、トライアスロン2度目のPTHCクラスの土田和歌子(八千代工業/東京)が優勝しました。

 

PTHCクラスで土田選手が優勝

 

 

PTS4クラスで谷選手が優勝

 

 

エリート

エリート:スイム1500m(2周回)、バイク40km(9周回)、ラン10km(4周回)

 

[スタートセレモニー]

 キッズプロジェクトの子どもたちが、スタートする選手をハイタッチして応援しました。

 

[スイム]

 

 

[バイク]

 

 

[ラン]

 

 

 

 エリート女子では、2016シリーズチャンピオンのフローラ・ダフィ(バミューダ諸島)が今年初のシリーズ出場で優勝しました。

 日本人最高位は佐藤優香の13位でフィニッシュしました。

 

 エリート男子競技は、マリオ・モーラ(スペイン)が連覇を果たし、シリーズランキングでも1位でした。

 日本代表は、世界シリーズ初出場の小田倉真(三井住友海上/東京)が日本人最高の25位でフィニッシュしました。

 

横浜の名所を通るコースが設定されて、競技が行われました。

 

赤レンガ倉庫

 

 

  
(写真左) 神奈川県庁本庁舎(キングの塔)

(写真右) みなとみらい地区
  
(写真左) 横浜開港記念会館(ジャックの塔)
(写真右) 横浜税関本関庁舎(クイーンの塔)

 

「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会 エリートパラトライアスロンの部、エリート(女子・男子)の部」 成績

 
 
                           
 
t