ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

横浜ビー・コルセアーズ 蒲谷正之選手インタビュー

by :スポーツ情報センター 吉山 博之

プロバスケットボール bjリーグの2012-2013レギュラーシーズンを35勝17敗の好成績、プレイオフ・セミファイナルをホームで開催権をもつ2位でフィニッシュした横浜ビー・コルセアーズ

レギュラーシーズン終了直後の平成25年5月1日(水)、たきがしら会館においてレジー・ゲイリーヘッドコーチ、bjリーグ2012-2013シーズンベスト5に選出されたドゥレイロン“KING”バーンズ選手、4月27日の埼玉ブロンコス戦で、39得点とbjリーグ歴代日本人選手の得点記録を更新し、この週の「ローソン“Ponta”週間MVP」を獲得した蒲谷正之キャプテン、そして司令塔としてチームを勝利に導く山田謙治選手のインタビューが行われ、レギュラーシーズンの振り返りとプレイオフに向けての意気込みなどを聞いてきました。

レジー・ゲイリーヘッドコーチドゥレイロン“KING”バーンズ選手のインタビューに続き、本日は蒲谷正之キャプテンです。

蒲谷正之選手
横浜ビー・コルセアーズ※インタビュー日時 平成25年5月1日
※2012-2013レギュラーシーズン 最高3ポイントシュート成功率 初受賞
※成功率43.4%(成功数115本/試投数265本・52試合出場)
※最終節、埼玉ブロンコスとの2連戦で、成功数15本/試投数25本(60%)という高確率で大逆転の受賞となりました。
※また、4月27日(土)の試合であげた39得点により、歴代日本人選手の得点記録を更新しました。

まずは個人表彰おめでとうございます
 正直言って、あの賞は狙っていたわけではありませんでした。
 最後の埼玉戦についても、1週間チームプランとしてやってきたことを実行しただけでした。空いたら気持ちよく打って行けというコーチの言葉通り、20本の3ポイントシュートを打ちました。
 結果としてランキング一位が取れたのは、やはりチームのおかげですし、一つ何かが欠けても取れなかったと思うので、チームメート、ブースターには感謝したいですね。
 4月27日は、もちろん気持ちよくプレーしていましたが、実をいうと、納得いっていないシュートなどもあって、そんなに入っているとは思っていなかったんです。それが蓋を開けると3ポイントシュート12本決めて、フリースローで取った3点と合わせて39点取ってると聞かされて「え? そんなに!!」という感じだったんです。

今シーズンを振り返って
 シーズン開幕にあたり、スモールラインナップの中、展開を速くするということを考えてやってきました。そういう意味では、自分のシュート本数も増えますし、楽しみでした。
 チーム設立2シーズン目ということもあり、出だしから自分たちのバスケットボールをすることができて、いいスタートが切れました。
 ただ、まだ完成されていない部分もあり、中盤で落としてはいけない試合を何試合か落としてきてしまったために、最後の最後まで響いてしまいました。
 それでも、リーグ戦を2位という結果で終わることができたのはよかったです。

キャプテン2年目としてチームとどのように接してきたのか
 うちのチームはみんなしっかりしています。キャプテンだからと言って、そんなに立派なことやっているわけではないんですよ。
 でも、今シーズンのチームの悪い癖として、点差が開いたあと、気を抜いてしまうようなところがあったので、勝っていても負けていてもそうですが、締めるところは締めないといけないですし、そういうところには気を配るようには努力していましたね。
 そして、そういうことを言う分、自分でも気を抜けないというのはありました。でもそのおかげで自分も少しは成長できたのではないかと思っています。

横浜ビー・コルセアーズ

プレイオフを勝ち抜くために何がカギになりますか

 今シーズンのイースタンカンファレンスは、本当に力が均衡していたので、どこが上がってきてもやることは変わらないですし、どっちに転んでもおかしくない試合になると思います。
 本当に今まで以上の集中力も必要だと思いますし、多分タフなゲームになると思います。
 勢いで行っちゃう場合もありますし、慎重になりすぎてもいけないのですが、大事に戦います。とにかく、ここまで来たことを誇りに思って、プレイオフは楽しんでプレーできたらいいなと思っています。
 プレイオフの勝敗を決めるカギは、本当に細かいところだと思います。大きなところ…シュートを決める、決めないといったところ…でなく、細かいミスをしない、みんながどれだけ集中して役割を果たせるかというところにかかっていると思います。
 自分たちは、カンファレンスセミファイナルからの出場で、1週間の猶予がありますから、そういう細かいところを詰めて、最後に仕上げていきたいですね。
 チーム全員が共通のバスケットをしなくてはいけないので、一人でも違う方向を向いていればチームとして成り立たちません。
 みんなが同じ方向に進めるように持っていきたいと思います。

プレイオフ カンファレンスセミファイナル、横浜文化体育館で開催する試合を前に
 昨シーズン、横浜文化体育館で戦ったプレイオフセミファイナルのいい思い出があります。
 今年もあの体育館で、みんなを楽しませることができるゲームができたらいいなと思ってますし、みんなの期待に応えるためにも、5月10日の試合までの期間、気を引き締めていきたいと思っています。
(了)

『キャプテンだからと言って、そんなに立派なことやっているわけではないんですよ』と話していましたが、チームの精神的な支柱として、選手、コーチはもちろん、ブースターからも熱い信頼を得ている蒲谷正之キャプテン。
精神的にもタフな戦いが続くプレイオフでは、チームを引っ張る蒲谷選手の一挙手一投足から目が離せません。

横浜ビー・コルセアーズ

プレイオフ カンファレンスセミファイナルは、いよいよ明日・5月10日、聖地・横浜文化体育館で開催されます。

bjリーグ プレイオフカンファレンスセミファイナル
横浜ビー・コルセアーズ(2位)vs.富山グラウジーズ(3位)
【日時】
 平成25年5月10日(金) 19:30試合開始
 平成25年5月11日(土) 14:00試合開始
【会場】
 横浜文化体育館
 横浜市中区不老町2-7

チケットは現在販売中です。
詳細は、横浜ビー・コルセアーズのオフィシャルサイトでご確認ください。
http://b-corsairs.com/

昨年の感動を思い出す、横浜文化体育館でのプレイオフカンファレンスセミファイナルの舞台。
横浜ビー・コルセアーズが有明で開催されるプレイオフファイナルズに進出するのを見届けるため、そして選手たちに熱い声援を送るために、横浜文化体育館をビーコルブースターで満員にしましょう!!

 
 
                           
 
t