ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

横浜ビー・コルセアーズ ドゥレイロン・バーンズ選手インタビュー

by :スポーツ情報センター 吉山 博之

 

プロバスケットボール bjリーグの2012-2013レギュラーシーズンを35勝17敗の好成績、プレイオフ・セミファイナルをホームで開催権をもつ2位でフィニッシュした横浜ビー・コルセアーズ

 

レギュラーシーズン終了直後の平成25年5月1日(水)、たきがしら会館においてレジー・ゲイリーヘッドコーチ、bjリーグ2012-2013シーズンベスト5に選出されたドゥレイロン“KING”バーンズ選手、4月27日の埼玉ブロンコス戦で、39得点とbjリーグ歴代日本人選手の得点記録を更新し、この週の「ローソン“Ponta”週間MVP」を獲得した蒲谷正之キャプテン、そして司令塔としてチームを勝利に導く山田謙治選手のインタビューが行われ、レギュラーシーズンの振り返りとプレイオフに向けての意気込みなどを聞いてきました。

 

昨日のレジー・ゲイリーヘッドコーチのインタビューに続き、ドゥレイロン“KING”バーンズ選手です。

 

【ドゥレイロン・バーンズ選手】
横浜ビー・コルセアーズ※インタビュー日時 平成25年5月1日

(インタビュー時間前に、bjリーグ2012-2013シーズンベスト5に選出されたバーンズ選手。インタビューに入る直前に一言「ベスト5についてのインタビューは、なしでお願いします」と。理由を聞くと「最優秀6th Man賞を受賞できなかったから」と、冗談とも本気とも取れない回答を笑顔で返してくれました)

 

横浜ビー・コルセアーズ

 

・レギュラーシーズンを振り返って
本当に素晴らしいシーズン、ここまでの自分のキャリアの中でベストと呼べるシーズンだったと思います。
昨シーズンよりうまくなる、いいプレーをしてチームに貢献するという目標をたててシーズンに入りましたが、それを達成できた上、チームは昨シーズンよりもいい成績を残せました。
これから始まるプレイオフが楽しみですし、今シーズンの結果についてはうれしく思っています。

 

・シーズン中盤に負傷欠場が続きましたが、そのときの心境は
(2月23日のゲーム中、相手ディフェンスの膝が右太腿に入り打撲。翌日から5試合を欠場。3月19日の復帰までに約1ヶ月を要した)
普段あのような接触があっても、次の日には練習をしているので、最初は3日程度で戻れるだろうと思っていました。まさか試合に戻るまであれほどの時間がかかるとは思ってもいませんでした。
(3月2・3日、琉球ゴールデンキングス戦のための)沖縄遠征に帯同できず、本当に残念で悔しい思いをしました。
チームが自分を必要としてくれていたと同時に、自分もチームを必要としていましたので、自分のチームを見ているだけで、助けることができないということは傷ついたのですが、それでも欠場が続いていた時も、なるべく大きな声でチームを応援しようとは思っていました。

 

・ご自身でも納得のいく活躍でしたが、今シーズン、ご自身のどこが成長したのか
 去年も同じようなプレーはしていましたが、チームとして、昨年は違うスタイルのチームで、その中で、自分に与えられた役割を受け入れてやっていました。
今シーズンは、チームとして自分に与えられる役割が増えました。
もっと大事な役割を担う選手としてヘッドコーチからの指示を受けることが多くなり、それを受け入れた結果、得点やアシスト、スティールなどどのスタッツを見ても、数字的に去年よりも上回ることができました。
愛するバスケットボールを、毎日練習で努力して、ゲームでチームの助けることのできる選手になりたいと考えているだけです。
このチームの歴史づくりに貢献できていることはうれしく思ってますし、今後も貢献できたらと思っています。
横浜ビー・コルセアーズ

 

・これから始まるプレイオフをどのように戦っていきますか
正直、コーチ陣が一番いい戦い方を導いてくれると信じて待っています。
その導きに応えることができるよう、より真剣に毎日努力をし、よりタフにプレーしていく、コートでの判断力に関して、さらに意識を高く持っていきます。プレイオフも今までと同じようにプレーしていくつもりですが、エナジーをもう少し上げていきます。
対戦チームに研究されてタフにマークされることも予想されますが、シーズン中もそうでした。それでもコーチ陣が自分を正しいポジションに導いてくれましたし、たとえ厳しくマークされても、自分のすべてが止められるわけではないので、一つ止められたら次のこと…ほかのオプションが空くと思うので、そこをついていければと考えています。

 

・今シーズン当初より、自分のことを「KING」と言い始めましたが
最初は、ただジョークで言っただけでしたが、それを聞いていたマネージャーの(宮内)彩さん、トレーナーの後藤(大輔)さん、玉置(龍也)さん(横浜市スポーツ医科学センター)が面白がって、繰り返し言うようになりました。そこで、今度はそれをツイッターでつぶやいてみよう…という話になり、それを見たブースターが自分の予想以上に反応してくれて、大きなことになってしまいました。
最初はまずいかなと思っていたのですが、今では「KING」と呼ばれることは好きです。
自分で自分にニックネームをつけるなんてことは初めてだったんですが、正直、それによって、「KING」という名に恥じないようにプレーしないといけないと、自分を鼓舞することはできました。
…でも、MVP取れなかったから、「KING」とは呼べないかもしれませんね。

 

・ブースターについて
 このチームのブースターは最高です。素晴らしいエナジーを与えてくれますし、勝とうが負けようがチームを支えてくれています。
自分がケガをしていた時も、自分の気持ちを盛り上げて立ち直らせてくれました。
今シーズンの自分の成功にブースターが貢献したと思っています。

横浜ビー・コルセアーズ

 

 

『…MVP取れなかったから、「KING」とは呼べないかもしれませんね』とバーンズ選手は話していましたが、「KING」の名にふさわしい活躍、そしてチームへの貢献でした。
プレイオフも、KING・バーンズ選手の活躍を期待しています。

 

蒲谷正之選手、山田謙治選手のインタビューに関しては、後日、ハマスポニュースにてアップいたします。
横浜ビー・コルセアーズ 横浜ビー・コルセアーズ

 

 

なお、5月4・5日に開催されたプレイオフカンファレンスファーストラウンドの結果により、横浜ビーコルセアーズの対戦相手は、富山グラウジーズに決定しました。

bjリーグ プレイオフカンファレンスセミファイナル
横浜ビー・コルセアーズ(2位)vs.富山グラウジーズ(3位)
【日時】
平成25年5月10日(金) 19:30試合開始
平成25年5月11日(土) 14:00試合開始
【会場】
横浜文化体育館
横浜市中区不老町2-7

チケットは現在販売中です。
詳細は、横浜ビー・コルセアーズのオフィシャルサイトでご確認ください。
http://b-corsairs.com/

 

 

昨年の感動を思い出す、横浜文化体育館でのプレイオフカンファレンスセミファイナルの舞台。
横浜ビー・コルセアーズが有明で開催されるプレイオフファイナルズに進出するのを見届けるため、そして選手たちに熱い声援を送るために、横浜文化体育館をビーコルブースターで満員にしましょう!!

 
 
                           
 
t