ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

若きSamurai魂 〜 第10回全国幼稚園スポーツチャンバラ選手権大会が開催されました!

by :横浜スポーツ記者

 ちょっと昔——、テレビゲームなどがまだなかった時代———、そして広場や空き地などが地域に数多く点在していた時代———、子どもたちの遊びといえば、「鬼ごっこ」「かくれんぼ」などが主流でした。
 そういった遊びに加えて、忘れてはならないのが「チャンバラごっこ」でした。
 木の棒などがあれば、すぐにチャンバラごっこが始まったものでした。
 近年、空き地等が序々に無くなりつつあるなどの理由から、このチャンバラごっこも衰退してしまった感があります。
 しかし、これをスポーツとして発展させていこう! そして心身の健康増進に寄与していこう! こうした目的のもと、生まれたのが「スポーツチャンバラ」なのです。

    

 老若男女を問わず、だれもが楽しめるスポーツとして普及が加速しており、世界でも数多くの大会が開催されるなど、国際的な広がりを見せています。
 こうした主要な大会の1つである「第10回全国幼稚園スポーツチャンバラ選手権大会」が、平成20年12月14日(日)に横浜市平沼記念体育館にて開催され、全国からエントリーした約150名の園児が集結し、大人顔負けの白熱した試合を繰り広げました。

    

  

 スポーツチャンバラの種目には、「基本動作」「小太刀」「長剣フリー」「長剣両手」「二刀」「盾小太刀」「槍」「短刀」などがありますが、本大会は、「基本動作」「小太刀」「長剣フリー」の3種目で構成され、それぞれの種目別の優勝者を決めます。
 そして「小太刀」「長剣フリー」については、それぞれの優勝者が対戦して「グランドチャンピオン」が決定されます。

■準備体操の後、まずは「基本動作」からです。
 「面」「胴」「突き」などの基本動作を、正確・明確に(ハキハキと)振る舞うことが評価に繋がります。
 皆、礼儀正しく、かつ大きい声を張り上げ、元気いっぱいでした。

  

 また、基本動作を経験したことがない選手には、先生が動作を優しく教えてくれました。
皆習得が早いようで、最後は先生が倒されるシーンも(笑)!

  

   

■続いて、「小太刀」です。
選手は面を付けて登場します。
どの選手も精悍な表情に! そしてエキサイティングな試合が展開されました。

  

  

  

■そして、「長剣フリー」。
選手はより一層長い剣を手にして戦いに挑みます。
「小太刀」が60㎝であるのに対し、「長剣」は100㎝もあります。
長い剣を振りかざす勇姿は、大迫力です!

  

  

  

■皆、試合をする選手を一生懸命観察し、自分の試合運びために研究しています。 「ボクだったら・・・。」

■我が子の戦いにご家族の方々も真剣!「がんばれーッ!!」

  

■(社)日本スポーツチャンバラ協会の田村事業部長は、
「スポーツチャンバラは、まさに「Samurai魂」を習得し、心身の健全な育成を図っていくことを目標としています。誰もが気軽に楽しめるスポーツで、競技人口は今や全世界に広がっています。良い意味でのストレス発散にもなります。指導者によるルール説明、用具貸出などにも応じていますので、お気軽にお問い合わせをいただければ!」とおっしゃっていました。
(※下記連絡先をご参照ください。)

■子どもたちが礼儀正しく元気いっぱいに試合に挑んでいる姿は、今後の健やかな成長を十分予感させるものでした。
 スポーツチャンバラがもっともっと広がっていくことを願って止まない——。そう強く感じる取材でした!

  

  

◎「SPORTSよこはま Vol.10(2008年12月号)」においてもスポーツチャンバラに関する特集記事を掲載していますので、是非ご覧ください。
https://www.hamaspo.com/sport/vol_s010/special03.html

◎スポーツチャンバラについての詳細は、(社)日本スポーツチャンバラ協会事務局(田村事業部長〔範士八段〕)までお問い合わせください。用具の貸出等も行っていらっしゃいます。
 (電話)045−322−2851

◎また、横浜市内のスポーツチャンバラに関するお問い合わせは、横浜市スポーツチャンバラ協会までどうぞ。
 (電話)045−503−1475

 
 
                           
 
t