ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

ヨコハマ3R夢!×横浜F・マリノス コラボマグネットお披露目セレモニー

横浜市資源循環局では、3R(リデュース・リユース・リサイクル)のうち、とりわけ最も環境にやさしいリデュース(発生抑制)の取り組みを進め、ごみと資源の総排出量を削減し、環境負荷の更なる低減を図ることで、豊かな環境を後世に引き継ぎ、子どもたちが将来に「夢」を持つことのできる社会の実現を目指した「ヨコハマ3R夢プラン」を平成23年1月に策定し、推進しています。

 

横浜をホームタウンとするJリーグ「横浜F・マリノス」は、この活動を推進する広報大使に2011年から任命され、横浜市内各所、公共機関や学校、ホームゲーム会場などで環境行動の啓発活動に取り組んでいます。

 

その活動の一環として、横浜市内の18収集事務所のごみ収集車等全791台に、ヨコハマ3R夢!の活動を応援する「ヨコハマ3R夢! × 横浜F ・マリノス コラボマグネット」を貼り、広く横浜市内へ啓発する活動に協力することになりました。

 

 

4月15日(水)、横浜市資源循環局港北事務所でコラボマグネットのお披露目セレモニーが行われ、横浜市からは資源循環局・葛西光春局長、ヨコハマ3R夢!マスコット「イーオ」、3R夢戦隊シボレンジャー「ゴールド」が、横浜F・マリノスからは富澤清太郎選手(MF 背番号27、横浜市港北区出身)とクラブマスコット「マリノスケ」が出席しました。

 

 

横浜F・マリノス 富澤清太郎選手(左)、横浜市資源循環局 葛西光春局長(右)

 

コラボマグネットをごみ収集車へ貼りつけました

 

20150415_00005フォトセッション
(左から マリノスケ、富澤選手、葛西局長、イーオ、3R夢戦隊シボレンジャー「ゴールド」)

 

 

横浜市資源循環局 葛西 光春 局長
「(ごみ収集車は)「働く車」として子どもたちの人気が高いので、マリノスとのコラボマグネットを貼ることで、子どもたちへ(ヨコハマ3R夢!を)よりアプローチできると思います。これまで以上に環境のことについて興味・関心を持ってもらえればと期待しています」

 

 

横浜F・マリノス 富澤 清太郎 選手
「横浜に根付いているF・マリノスが横浜市とこうした取り組みで協力し合うことで、子どもたちに(環境のことについて)意識してもらえると思いますし、より良い街づくりができればいいと思います。地元・日吉で今も続けている清掃活動がきっかけで今回のお話があるのだと思いますが、普段お仕事としてごみ収集に携わっている方はすごいと感じますし、ごみ収集車にF・マリノスとのコラボマグネットを貼らせてもらえるのはとても嬉しいです」

 

 

 

 

 

 

なおコラボマグネットを貼りつけたごみ収集車等は、4月16日(木)より横浜市内を走行します。

 

 

ヨコハマ3R夢プラン(一般廃棄物処理計画)
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-keikaku/keikaku/3rm/

 

キッズページ「イーオタウン」
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/study-event/kankyougakusyuu.html

 

 

横浜F・マリノスのホームタウン活動の取り組みはクラブ公式サイト内「ホームタウンふれあい日記」をご覧ください。
http://www.f-marinos.com/blog/hometown

 

 

20150415_00007

 

 

 

 

 
 
                           
 
t