ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
あんどうたかおのバスケにどっぷり

Vol.14 高校女子決勝

11月3日(祝)に寒川で高校生の大会の決勝がありました。それは高校生の3大大会の一つウィンターカップ(以下WC)の神奈川県予選も兼ねてます。神奈川県からは1チームだけの出場です。

その女子の決勝は県立金沢総合高(以下金総)vs県立荏田高(以下荏田)と言う、期せずして横浜市内の公立校同士の対戦となりました。

金総は8回目にも書きましたが、神奈川県内だけではなく全国大会で3度も優勝したり、オリンピック選手を輩出しているバスケット名門校です。この30年間、公立校で全国優勝したのは宮崎県立小林高校と金総の2校だけです。凄いでしょう。

対する荏田は10年ほど前から強くなり、この数年急激に力を伸ばしてきたチームです。「エリート軍団」金総に対し「雑草軍団」とでも言いましょうか。雑草の魂はディフェンスで活かされます。強くて粘り強いディフェンスで相手を苦しめます。

驚くべきことは、荏田の主力は3人のガード人です。バスケットでガードと言うとチームでも小さい選手がなるものですが、荏田はとりわけ小粒です。 キャプテンの門脇選手にいたっては158cm。今時の中学でも160cmはあります(笑)

でもこのチビッ子・ガードトリオがドリブルで攻め込んだり外から3ポイントシュート(以下3P)をビシビシと決めるのです。
春先はセンターが育っていませんでしたが、夏ごろから成長してガードだけに頼らないバランスの取れたチームとなって金総を苦しめます。

金総は以前に比べると個人能力は劣るものの身長では荏田を上回ります。特にガードの門脇にマッチアップ(対人防御で付く相手)するのは166cmの篠崎です。このような身長に大きな差があることをバスケットでは「高さのミスマッチ」と言います。

試合巧者の金総はそれを突きます。ミスマッチはゴール下周辺でより効果を発揮するので、プロのNBAではえげつなくそこを突きます。ローポストと言うよりゴールに近い所までディフェンスを押し込んでボールを貰います。ドリブルで押し込むと、小さな選手は俊敏でディフェンスの上手なことが多いので危険性が高くなるからです。
ゴール下でボールを持ったら相手の頭の上から楽々シュート出来ると言う訳です。

金総はNBAとは違い、流れるような動きでインサイドに入りパスを受けます。金総の方が洗練されてます。
高さとシュート力を生かし45ー29と本命・金総が大きくリードして前半を終了しました。

誰もがこのまま金総が突っ走ると考えていたでしょう。

ところが思わぬ落とし穴が。

荏田がゾーンディフェンスを敷くと金総のシュートが入らなくなった、セオリー通りに攻めているのに。
これには伏線があった。1月の新人戦では荏田のゾーンを攻められず敗れていて、それがコンプレックスになっているため、ゾーンを見ただけで手が縮こまったようです。

その後は、常々教えられている立ち位置に立つことすら出来ません。
一方荏田には追い上げる強みがあります。
猛烈な追い上げで残2分には同点に追いつきました。

接戦での残り2分は秒刻みで展開が変わり、コーチ選手共に力の見せ所で、バスケットの醍醐味の一つとなってます。
最後は意地とプライドで金総が勝ちましたが、見応えあるゲームでしたね。

冷や汗の金総は気を引き締めることになり、新たな気持ちで神奈川県代表としてWCに望めるでしょう。

スポーツのゲームは作戦や戦術と同様に精神面が大きく左右する、と思い知らされた女子決勝でした。

あんどうたかお プロフィール

1946年生まれ。

月刊専門誌「バスケットボール・イラストレイテッド」の編集長を経て、バスケットボール用品のデザイナーとして活躍。特にキャラクター「あんたかベイビー」のTシャツは一世を風靡した。日本初のバスケット・ユニフォームデザイナーとしても活躍。当時強豪と言われる殆んどのチーム<実業団-大学-高校>に関して何らかのデザインを手掛けている。またスポーツ界では唯一のファッションのコラムを持っていた。

現在は自身のユニフォーム・ブランド「305」を立ち上た。

NBAに関しては「月刊バスケットボール・イラストレイテッド」編集者時代の1966年から連載を執筆。TV解説はNHK BS以前にも東京12チャンネルで1985年から行っており、日本最古のNBA解説者と言われている。

過去にはスポニチウェブサイトのNBAコラムを担当。月刊バスケットボール及び月刊バスケットボール・マガジン等に連載を持っていた。

横浜の中学・高校バスケの指導者、関係者とのつながりが深く横浜及び神奈川県のバスケ事情に精通している。

現在は横浜をホームとするBリーグ「横浜ビー・コルセアーズ」の名誉広報として情報発信やプレス対応などチームの広報活動に力を注いでいる。

また(社)神奈川県バスケットボール協会広報顧問も務めている。

バスケット情報満載のあんたかブログ

※タイトル・本文に記載の人名・団体名は、
掲載当時のものであり、閲覧時と異なる場合があります。

 
 
                           
 
t