ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード

arrow_attractスポーツサークル情報・街の指導者(人材)情報登録のご案内

arrow_attract横浜元気!! スポーツ・レクリエーションフェスティバル2019(10月11日更新)
※天候による開催可否は、各施設(各主催者)にご確認ください。

arrow_attract「いきいき茨城大会2019」(10月11日更新)

 
    お知らせ&トピックス

ラグビーワールドカップ2019™ファンゾーン in 神奈川・横浜

 

 いよいよ今日、開幕の『ラグビーワールドカップ2019™』

 9月20日(金)の開幕戦から決勝戦の11月2日(土)まで、毎週土日を中心に開催される【ファンゾーン in 神奈川・横浜】は、海に面した臨港パークにあり、12開催都市で最大面積のファンゾーンとなっています。会場内は、パブリックビューイングエリアに加え、神奈川や横浜の食材を使ったケータリングブース、さまざまなステージイベントやラグビー体験などのアクティビティブースがある、公式イベントスペースです。

横浜市市民局スポーツ統括室の西山雄二室長は、
「《日本・神奈川・横浜と海外が出会う場所》というコンセプトで、市民・県民そして世界から訪れる皆さまが楽しめる場所にしたいと思って準備してまいりました。横浜総合国際競技場では決勝を含む7試合が行われますが、同時にこのファンゾーンで、チケットのない皆さまにもラグビーワールドカップの熱狂を体験していただきたいと思っています」と、“ファンゾーンの歩き方・魅力”について話していました。

 

パブリックビューイングで楽しもう!!
 画面の大きさはなんと、380インチ(4.8m×8.4m)の大きさ!!
 大迫力の画面の目前で応援することはもちろんですが、芝生エリアが広がっているのでご家族でゆったりと観戦したり、テントの下でビールを片手に観戦したりと、さまざまな観戦スタイルで楽しめることでしょう。

 手前にいる人と比べると画面の大きさが分かりますよね!(9月19日撮影)

 

ステージイベントで楽しもう!!
 出場国の文化を感じることができるステージイベントが行われます。ハカ(マオリ・パフォーマンス)や日本文化(風馬忍者パフォーマンスや書道揮毫パフォーマンスなど)などをステージで行います。横浜と言えばジャズとも言われていますので、試合終了後にはジャズバンドの演奏が聴ける日があります。

 

ラグビーアクティビティーでラグビートップ選手に挑戦!!
 神奈川・横浜会場独自のアクティビティとして、5つのプレー(タックル・ミニハードル・ステップ・パス・トライ)で、ラグビーのトップ選手の測定結果にチャレンジする「アスリートチャレンジ」があります。測定結果は、後からご自身でチェックすることができます。
 また、「ラグビーショットガンタッチ」、「vs RUGBY」、「ラグビーパーク」といったアクティビティーを配置して、皆さんにラグビーを体験して楽しんでいただけます。

 

ケータリング(飲食)ブース
 地元横浜の崎陽軒から「メガシウマイ弁当」が!!いつもは5個のシウマイが8個に!!大きさもおいしさも「メガ級」のシウマイ弁当をご賞味ください。ほかにも、神奈川・横浜の食材を使ったり、代表する料理が用意されます。また、ラグビーワールドカップ出場国の料理が並びます。

 皆さんより一足先に、ラグビーワールドカップ2019™アンバサダーを務める田沼宏行氏(元ラグビー日本代表・現日本体育大学ラグビー部監督)と、廣瀬俊朗氏(元ラグビー日本代表主将)、現役ラガーマンから三菱重工相模原ダイナボアーズの土佐誠主将と榎本光祐副主将、お笑い芸人でラグビー歴がある笠原ゴーフォワード氏が「アスリートチャレンジ」などを体験しました。

  田沼氏、廣瀬氏

  左から笠原氏、土佐氏、榎本氏
「メガシウマイ弁当」と「メガ炒飯弁当」は期間限定発売

  現役選手とラグビー経験者の動き(2枚)

  元日本代表廣瀬氏の動き(5枚)・測定結果にガッツポーズ

 

 

 廣瀬氏は「グループリーグで一番面白い試合だと思うニュージーランド-南アフリカ戦をプライベートで観に行きます!試合のチケットがなくても、ここに来て観たら最高ですよね、海があって、芝生があって。昼過ぎに来てビール飲んで、試合見ながら暗くなっても飲んで、試合終わったら中華街へ。ラグビーワールドカップは試合だけじゃないんです、試合前後を楽しむのが、ラグビーワールドカップだと思います」とコメント。
 『ラグビーワールドカップ2019™・【ファンゾーン in 神奈川・横浜】』の魅力をアピールしていました。

 

地元PRコーナーやコマーシャルパートナーブースも充実!!
 海外からの皆さんだけではなく日本の皆さんも体験したくなる、甲冑着付け体験や地酒の試飲など日本文化を味わうことができます。また、ラグビーワールドカップコマーシャルパートナーによる各社の特徴を生かしたブースがあります。

 

  

 

 ファンゾーンは、無料で会場に入ることができます。入口で荷物チェックを受けて会場に入ったそこは、家族で、友人同士で一日ラグビーを楽しむことができる「FANZONE」。ぜひ、足を運んで、ラグビーの魅力を発見してみてはいかがでしょうか?

 9月20日(金)の開幕戦から決勝戦の11月2日(土)まで、毎週土日を中心に15日間開催します。全48試合中32試合のパブリックビューイングを行う『ラグビーワールドカップ2019™・【ファンゾーン in 神奈川・横浜】』に、ぜひお越しください。

 
 
                           
 
t