ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    お知らせ&トピックス

氷闘!かながわ・よこはま冬国体/神奈川県選手団結団式

 

 1月16日(火)に神奈川県立スポーツ会館で1月28日(日)から開催される「第73回国民体育大会冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会」に出場する神奈川県選手団の結団式が開催されました。

 

 

 選手団を代表として、小野 力団長(神奈川県体育協会専務理事)は「身の引き締まる思いでいっぱいです。スケート競技会は山梨県で、アイスホッケーは地元横浜市で決戦の場が始まります。大変厳しい練習環境の中、選手をはじめ競技団体の皆さまの地道な努力で、今年も精鋭がそろいました。技と力を全て出し尽くし、全国にアピールしてきます。チーム神奈川は、一団となって最後まであきらめることなく戦ってまいります。」

 と誓い、期待を膨らませていました。

 

 

 

第 73 回国民体育大会冬季アイスホッケー競技の概要

 会期 1月28日(日)~2月1日(木)

 会場 KOSÉ新横浜スケー トセンター横浜銀行アイスアリーナ

 競技会組合せ

 ・成年男子組合せ

 ・少年男子組合せ

 

【神奈川県チームの試合日程】

 ・成年男子1回戦(vs愛知県)

  日程:1月28日(日)12:00~ 場所:横浜銀行アイスアリーナ

 ・少年男子1回戦(vs長野県)

  日程:1月29日(月)12:00~ 場所:横浜銀行アイスアリーナ

 

 国体では1チーム16名で、氷上でプレーできる人数はゴールキーパーを含めて各チーム6名。1試合の時間は、1時間程度です。

 

 リンク(会場)は、底冷えのする寒さのため、服装は充分暖かい格好で、マフラー・手袋・コート、また携帯カイロ等の防寒具・ひざ掛け・温かいお茶など、持参することをおすすめします。

 

 ぜひ、競技会場で「氷上の格闘技」と呼ばれる、激しいぶつかりあいとスピード感あふれるゲームを観にいきませんか。

 
【アイスホッケー】

 氷のリンク上でスケート靴をはいて行うホッケーのことです。

 ヘルメット・グローブ・防具で身を固めた選手が、フェンスに囲まれたアイスリンクの中で、スティックでパックを奪い合い、相手ゴールにシュートをして得点を競い合います。

 攻め上がる時の選手のスピードは時速40kmから60km、シュートの時にパックが飛ぶ速さは時速160kmを超えることもあります。

 

 

【国民体育大会】

 我が国最大のスポーツの祭典です。昭和21(1947)年に第1回大会が開かれ、秋に行われる「本大会」と、冬に行われる「冬季大会」があります。

 都道府県対抗で毎年開催され、神奈川県での冬季大会の開催は、昭和39(1965)年以来54年ぶり2回目です。

 国体についての詳しい説明は 公益財団法人日本体育協会 のホームページをご覧ください。

 

【冬季大会の競技種目】

 スケート(スピード・ショートトラック・フィギュア)、アイスホッケー、スキーの3競技が行われます。

 このうち、 アイスホッケー競技会 が神奈川県で行われます。

 (スケート競技会 は山梨県、スキー競技会 は新潟県で開催)

 

 

第73回国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会実行委員会事務局

(神奈川県スポーツ局スポーツ課内)

電話 045-285-0731

 

 
 
                           
 
t