ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    お知らせ&トピックス

世界最高峰のトライアスロン大会「2015 世界トライアスロンシリーズ横浜大会」が開催されます!

 

いよいよ今週末、5月16日(土)17日(日)に横浜で開催される「2015世界トライアスロンシリーズ」は、世界10都市で開催されるトライアスロン世界最高峰の大会で、「2015世界トライアスロンシリーズ横浜大会」として横浜で開催されるのは、今回で6回目となります。

 

メイン会場の山下公園をはじめ、周辺一帯で繰り広げられるアスリートたちの熱き闘いをぜひ会場でご覧ください。

 

 

スイム

 

バイク

 

ラン

 

 

【開催日程】
平成27年5月16日(土):エリートパラトライアスロン 、エリート男女
平成27年5月17日(日):エイジ(一般・リレー・パラトライアスロン)

 

 

 

今大会、注目のひとつは2016年リオデジャネイロパラリンピックから正式競技となるパラトライアスロン。

 

バイクS

 

スイムバイク

 

5月16日(土)に開催されるパラトライアスロン競技は、オリンピック国別出場枠獲得ポイント対象大会の一つである重要な一戦!

世界各国の選手(60名)が横浜に集結し、熱戦を繰り広げます。

また17日(日)は、国内最大級のエイジ(一般)パラトライアスロン大会を開催します。

 

 

【パラトライアスロンとは】
選手の持つ障がいが競技結果に及ぼす影響を最小化するために、その類型と度合いに応じてカテゴリーが設けられています。

 

(例)

シッティング:両脚に障がいのある選手。 バイクパートではハンドサイクル、ランパートでは競技用車いすを使用する。

スタンディング:四肢の切断や麻痺のある選手。 義足などの装具の使用やバイク改造等が許可される。

ブラインド:視覚障がいのある選手。バイクパートではタンデムバイクを使用。レース全体を通して同性のガイド1名の伴走が義務。

 

また、

・対麻痺患者、四肢麻痺患者、ポリオ、両足切断などで下肢を失った人

・膝上から下肢を失った人を含む高度の下肢障害

・多発性硬化症、筋ジストロフィー、脳性麻痺、両下肢切断あるいは複数肢の麻痺を有する人

・麻痺や障害などで肘上から、あるいは肘下から上肢を失った人、腕障害または両上肢の障害を持つ人

・膝下から下肢を失った人を含む中程度の下肢障害

・完全あるいは部分的な視覚障害者

など、障がいに応じて細かくカテゴリーがわかれています。

 

 

注目の特別企画!

今大会は「元町商店街コラボ企画」として、さまざまな盛り上げ企画を開催します。

 

①女性参加者全員にオリジナルジュエリープレゼント!(株式会社スタージュエリー)

世界トライアスロンシリーズのオリジナルロゴキャッチコピーが刻印されています。

スタージュエリー1

スタージュエリー2
②キタムラ製トライアスロンオリジナルバッグを大会参加者全員にプレゼント!(株式会社キタムラ)

トライアスロンオリジナルグッズなどで大会を盛り上げます。

 

 

キタムラバック

 

 

 

③元町商店街をトライアスロン一色に!をコンセプトに、商店街にトライアスロンのバナーフラッグを掲出。

大会当日まで盛り上げます!!!

 
フラッグ

 

 

④横浜大会記念商品「レーズンナッツスティック」が、全国のポンパドウル84店舗にて5月1日から販売中(株式会社ポンパドウルアソシエ)です。

 

トライアスロンが街の風物詩となり、根付いてきたトライアスロンシティ横浜をみなさんで盛り上げましょう。

5月16日(土)NHK BS-1 朝10時から約5時間 生中継で放映されます。