ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

港南SC 横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル2014開催報告

by :港南スポーツセンター

10月19日(日)港南スポーツセンターにて、「港南地区センター」・「港南区子育て支援拠点はっち」と合同で、「横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル2014」(以下スポレク)を開催しました。
当日は天候にも恵まれ、よりいっそうスポレクらしい明るい雰囲気を演出していました。

今年の目玉は「信田美帆さんの体操教室」でした。
信田さんは元オリンピックの体操日本代表選手で、「太陽とシスコムーン」のメンバーとしても多くの方に知られるなど、広く活躍していらっしゃいます。
また、社会貢献推進事業(http://www2.yspc.or.jp/ysa/press/26pdf/kisyahappyo_20140711.pdf) の一貫として、日本体育大学の体操競技部4年生にも協力していただきました。

第1部「親子体操教室」

   
私が小さい頃に親に遊んでもらったような動きやボールを使った動きなど、親子で楽しめる動きがたくさんありました。一緒に楽しく体を動かして、親子の絆も深まったと思います。
先生の見事な模範演技に参加者の皆さんは大きな拍手を送っていました。

第2部「小学生体操教室」

   
軽いウォーミングアップからマット運動を中心に、前転や後転・側転などを、1年生から6年生の参加者と行いました。日本体育大学の学生によるお手本は、つま先までピンと伸びていてとてもきれい!
お手本を目指して、マットが苦手な子も得意な子も一生懸命練習していました。

「港南地区センターの舞台発表会」


今年は初めて港南スポーツセンターのHipHop教室の子どもたちも発表しました。練習の甲斐あって、みんな元気いっぱいかっこよく踊れていました。

「はっち祭」


新聞プールやフリーマーケット、手作りのおみこしなどがありました。過去最高600名を超える参加者で、終始賑わいを見せていました。

「小学生バレーボール教室」


港南区体育協会バレーボール部の方々にご協力いただき、パスやサーブといった基本動作から指導していただきました。初めてバレーボールを体験する小学生たちがたくさんいましたが、最後には試合で汗を流し、皆良い笑顔を見せていました。

「体組成測定」

   
体を構成する水分や筋肉、脂肪などの状態を知ることができます。
今回は横浜市立大学教授 玉木伸和先生が測定結果をもとに、健康や生活習慣・運動について1人1人丁寧にアドバイスしてくださいました。

「さわやかスポーツ体験」


普及委員の方がルールや上手にプレーするコツを教えてくれるので、幅広い年齢層の方がニュースポーツを楽しんでいました。
写真の輪投げでは、輪を的に上手に入れるコツを聞いて、大人も子どもも夢中になって楽しんでいました。

「普通救命講習」


港南消防署の方が参加者の質問に答えながら、AEDの使用方法や心肺蘇生法などをわかりやすく説明してくださいました。
いざという時に、いつでも実践できるよう参加者の皆様は熱心に受講されていました。

「おためし姿勢コーディネーション」「おためし体幹リメイク」


大野先生の動きを見ながら身体の動かし方を学びました。参加者の皆様はいきいきとしたとても良い表情で、元気よく動いていました。

「産後ヨーガ」「きゅきゅっとヨーガ」


参加者の皆様は千把先生の説明を聞いて、どの筋肉を鍛えているか、どのように動かすのかを意識しながら1つ1つのポーズ(アーサナ)をとっていました。

「英語で親子リトミック」


ハロウィーンにちなんだ英語と、先生の歌声に合わせて楽しくからだを動かしました。子どもたちは大はしゃぎでカラフルなスカーフを音に合わせて振っていました。

各プログラムの先生方だけでなく、パンの販売をしてくださった「港南中央地域活動ホーム そよかぜの家」や、合同開催した「港南地区センター」「港南区子育て支援拠点はっち」など、たくさんの方々の協力で無事にスポレクを開催することができました。ありがとうございました。
そしてご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
スタッフ一同、今後も皆様のご利用を心よりお待ちしております。

当日の様子は港南スポーツセンターのHP(http://www.yspc.or.jp/konan_sc_ysa/2014/09/BM_1409739671869.html)でも紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。

 
 
                           
 
t