ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

2014 横浜F・マリノス新体制発表会

by :スポーツ情報センター:sekki

1月19日(日)、横浜F・マリノスは2014シーズンの新体制発表会を日産グローバル本社内「日産ホール」で開催しました。600人を収容する同ホールは抽選で選ばれたサポーターで埋め尽くされ、本社内ギャラリーで同時に行われたパブリックビューイングへもたくさんのサポーターが詰めかけました。


日産ホール入場口では、マリノスケがお出迎え


第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会で優勝した際に授与された、天皇杯をはじめとしたトロフィーの展示


パブリックビューイングを待つサポーター

 横浜マリノス株式会社 嘉悦朗 代表取締役社長
いつも横浜F・マリノスに熱いご声援ありがとうございます。
21年ぶりに天皇杯を手にしたことは素直に喜びたいと思います。しかし昨シーズン、九分九厘手にしかけていたリーグタイトルを自ら手放してしまったことへの後悔の念と反省は、決して忘れてはいけないと思っており、その決意とともに戦ってまいります。今年は富士ゼロックススーパーカップにはじまり、Jリーグ、AFCチャンピオンズリーグ、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯、5つのタイトルをすべて狙いに行きます。またクラブ経営の面でも、一過性の業績ではなく、持続可能な成長を遂げていきたいと思っております。

嘉悦社長の挨拶ののち、下條佳明チーム統括本部長より今シーズンのチーム強化方針の発表、今シーズンより新たに加わったオフィシャルパートナー(日本化成株式会社)の紹介、今シーズンの新ユニフォームのお披露目と続きました。


新ユニフォームのお披露目 左から、#1 榎本哲也選手(GK) #10 中村俊輔選手(MF) #7 兵藤慎剛選手(MF)

中村俊輔選手(2002年以来12年ぶりに背番号10を背負うことについて)
(木村)和司さんが着けていた番号ですし、プロ3年目(1999年)に着けさせていただいた頃の気持ちと全く変わらないですね。やはり重みを感じますし、そういうプレッシャーをこの年齢(35才)になっても受け入れたい、ということでクラブにお願いしました。


デザインコンセプト・テクノロジーの詳細はこちら

そして、今シーズン新加入選手の紹介が行われました。(敬称略)

 #33 DF 北谷 史孝(きたたに ふみたか) 興國高校より新加入
スピードを活かしたインターセプトやボールを奪う能力が長所だと思っているので、そこを見てください。

 #29 MF 天野 純(あまの じゅん) 順天堂大学より新加入
ボールを持った時に他の選手との違いを出せると思っています。

 #26 MF 三門 雄大(みかど ゆうた) アルビレックス新潟より移籍加入
いろいろなポジションができることと、ポジションによってやらなければいけないことをしっかりこなして、自分の運動量や2列目からの飛び出しといったところを見てほしいと思います。

 #23 DF 下平 匠(しもひら たくみ) 大宮アルディージャより移籍加入
パスをつなぎながら積極的に攻撃参加していって、攻撃に厚みを持たせていけるようにチームにしっかり貢献したいと思います。

 #25 MF 藤本 淳吾(ふじもと じゅんご) 名古屋グランパスより移籍加入
他のチームにいたときは「左足のキック」(が得意)と言っていましたが、俊さん(中村選手)がいるので何とも言えなくなっちゃいましたが…。(中村選手に)追いつけるようにがんばります。

 #16 FW 伊藤 翔(いとう しょう) 清水エスパルスより移籍加入
ゴール前のプレートシュートを見てほしいと思います。FWなのであとは結果(ゴール)で貢献したいと思います。

 #9 FW 矢島 卓郎(やじま たくろう) 川崎フロンターレより移籍加入
チームのために体を張ることとスピード、あとはゴール前でチームのためにしっかり点を獲りたいなと思います。

 #32 MF 松本 翔(まつもと しょう) 愛媛FCへの期限付き移籍より復帰
ドリブルや一瞬のスピードが武器です。右利きのキッカーの一番手が(チームに)まだいないと思うので、そこに自分が食い込みたいと思います。

発表会の最後は、3シーズン目の指揮となる樋口靖洋監督からの挨拶。今年に懸ける熱い思いが一つひとつの言葉に宿るものでした。

 樋口靖洋 監督
監督として3年目のシーズンを迎えます。昨年は観客動員数がチーム史上最高だったと聞いています。本当に多くのファン・サポーターの皆さんにスタジアムへ駆けつけていただき、ホーム・アウェイを問わず大きな声援をいただきました。その声は私たちの背中を押し、勇気をいただき、力になったことは間違いありません。今シーズンも変わらぬサポートをよろしくお願いいたします。
今年はチーム内の競争が激化します。この競争が間違いなく個々のレベルアップになり、チームの力を上げてくれると確信しています。その力を結集して何としてでもリーグ戦のタイトル、そしてACL、ヤマザキナビスコカップ、天皇杯、一発目にある富士ゼロックススーパーカップ、この5つのタイトルに挑みたいと思います。ぜひ今シーズンも皆様とともに戦いたいと思います。熱いサポートをよろしくお願いいたします。

フォトセッション

1月27日(月)よりチームが始動。最初の公式戦は2014シーズンのJリーグ開幕を告げる大会「FUJI XEROX SUPER CUP 2014」でサンフレッチェ広島と対戦します。昨シーズンリーグ優勝を逃した悔しさを力に変えて、5つのタイトルをすべて狙う横浜F・マリノスを今年も熱く応援しましょう!

横浜F・マリノス 今後の予定
 1月27日(月):チーム始動(マリノスタウン)
 2月1日(土)〜7日(金):宮崎キャンプ(シーガイアスクエア1)
 2月8日(土):NISSAN presents 横浜F・マリノス トリコロールフェスタ 2014(マリノスタウン)
 2月22日(土):FUJI XEROX SUPER CUP 2014(vs サンフレッチェ広島、国立競技場)
 2月26日(水):AFCチャンピオンズリーグ開幕(vs 全北現代モータース、全州ワールドカップスタジアム)
 3月1日(土):Jリーグディビジョン1開幕

※日程は変更になる場合があります。

本日の新体制発表会の詳細など、最新情報はクラブ公式サイト(http://www.f-marinos.com/)をご覧ください。

 
 
                           
 
t