ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「YOKOHAMAビーチスポーツフェスタ2013」第2週目開催

by :横浜市スポーツ情報センター:KOJI

毎年恒例となりました横浜の夏を熱くする風物詩、「YOKOHAMAビーチスポーツフェスタ」が先週末につづいて今週も横浜市金沢区「海の公園ビーチ」で開催(開催期間:7月27(土)〜28日(日)、8月3(土)〜4日(日))されました。8月3(土)〜4日(日)の2日間はビーチバレーとビーチサッカーの2競技が行われ、砂浜に設けられた特設コートで熱い戦いが繰り広げられました。

【ビーチバレー】
バレーボールを基にしたビーチスポーツですが、コートは一回り小さく独自のルールを設定して砂浜で行います。基本的には1チーム2人(男女ミックスは4人)と少人数でボールの内気圧が低いボールを使用してプレーします。今年も「YOKOHAMAビーチスポーツフェスタ」では700チーム余りの参加を得て、「仲間との交流」の男女ミックス、「競技性の高い」2人制、日本ビーチバレーボール連盟公認「アドバンスド部門」に分かれて開催します。

開会式ではbolle特製の赤いウェアやサングラスが当たる大抽選会が行われました!
 

 

 

 

 
景品ゲット!おめでとうございます。

【ビーチサッカー】
サッカーを基にしたビーチスポーツですが、コートサイズや試合時間、プレーヤーの人数等にビーチ独自のルールを設定して砂浜で行います。今回も「YOKOHAMAビーチサッカー」規則を適用し、砂浜の上でパスを中心に得点を競います。
外国では有名なサッカー選手もしばしばビーチサッカーに転向することがあり、そのことがビーチサッカーの普及の原動力になり、近年日本でも大きな盛り上がりを見せている競技です。

〇当日参加イベント(参加料無料) 〜チャレンジして景品をゲット!〜
大人から子供まで誰でも参加できます。

【ビーチクリーン活動】
2週目の初日、8月3(土)には横浜市資源循環局の協力により大会開始前の時間を活用してにビーチクリーン活動が行われました。地域の方々や企業、公園利用者、大会参加者が一緒に砂浜をキレイにして気持ちよく大会を開催することができました。。
 

 
軍手、金バサミを使って砂浜のゴミを拾います。


拾ったゴミは分別してイベント本部に収めます。

【ビーチリフティングpresented by FINTA
不安定な砂の上でリフティング。一緒に始めて長く続けられた人が勝ち!

 
勝者にはプライスレスなFINTAから景品が!!おめでとうございます。

【第4回ジャパンマスバレーフェスティバル・inヨコハマ】
「気軽に楽しむこと」をコンセプトとした国際バレーボール連盟(FIVB)推奨の新種目。

【サーブキング選手権】
砂の上に置いた距離の違うバケツめがけてサーブ。いくつボールが入るかな?

【ビーチフラッグス】
言わずと知れた最速を競う競技。不整地ならではアクシデントも・・・、運も実力のうち?

会場に隣接した通路にはリハビリテーションの知識と情報に長けた「神奈川県理学療法士会」のケアブースやショップ等の出店があり、試供品や特価品、レアグッズが試供・販売されていました。

公益財団法人神奈川県理学療法士会


資生堂販売株式会社


ゼビオ株式会社


フィンタジャパン株式会社

参加者の皆様、観客の皆様、大会関係者の皆様、「YOKOHAMAビーチスポーツフェスタ2013」お疲れ様でした。
皆さんのプレーと笑顔で力を沢山いただきました。ありがとうございます。

なおイベント模様はPicasaウェブアルバム・ハマスポどっとコム公式アカウントで後日ご紹介する予定です。

 
 
                           
 
t