ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

横浜ビー・コルセアーズ カンファレンスファイナル直前取材 その2

by :スポーツ情報センター : koji

前回5月14日(火)午後、横浜市磯子区にある「たきがしら会館」で行った「横浜ビー・コルセアーズ カンファレンスファイナル直前取材」の続編です。今回はインタビューを行いました5名のうちドゥレイロン・バーンズ選手、山田謙治選手、蒲谷正之選手、ファイ・パプ・ムール選手のインタビューを掲載します。


ドゥレイロン・バーンズ(Draelon Burns)選手

Q:ファイナルに向けて調子は?
A:調子は良い。今日の練習も興奮しているなかエナジーある練習ができたので良かった。
Q:2回目の有明、過去の経験をどう反映させる?
A:過去の有明は良い経験、悪い後味で有明を去った。今シーズンはそれを忘れず努力に変えてきた。
Q:過去の敗因は?
A:終盤、大事な場面でのミス、大きなところでのターンオーバー、それで完全に流れを持って行かれたことかな。
Q:新潟アルビレックスBBというチームについてどう感じている?
A:新潟は大きく強いチーム、セカンドチャンスで沢山点をとってくる強いリバウンダーがいる。ファイナルではアグレッシブにリングへアタックしながらチームメイトを生かそうと考えている。
Q:新潟アルビレックスBBには大きな選手がいて過去に沢山リバウンドを取られているが?
A:新潟のサイズは大きいが、ゲームに入るときにサイズを考えることは無い。サイズよりもハートが大事だと思っている。強いハートでプレーする、相手のサイズなんて体をつけてボックスアウトすれば関係ない。
Q:一緒に戦うブースターにコメントを
A:最後の2試合です。我々がどれだけブースターを愛しているかわかっていると思います。ブースターの皆さんも我々を愛してくれていると感じています。私はブースターの皆さんに何よりもコート上のプレーでメッセージを伝えたい、go!b-cor!。


山田謙治(Kenji Yamada)選手

Q:先日の激しいあたりの影響は?
A:今は少し残っているがケアしている。有明までにはベストにもっていく。
Q:ファイナルに向けて意気込みは?
A:有明には2年連続して行けてるが、まだちゃんとした結果を残し切れていないと思っているのでまずは目の前の試合、新潟にはレギュラーシーズンは負け越しているので借りを返すチャンスだと思っているのでしっかり準備して臨みたい。
Q:過去の敗因はとその対策は?
A:リバウンドで大差で負けている。それでも1つ勝っているのはこちらのシュートが入っているから。ファイナルはリバウンド争い、ディフェンスがカギになるんじゃないかと思う。うちはディフェンスがちゃんとやれてる時はシュートも入っているのでそういうところを意識してやっていく。
Q:ファイナルはどういうディフェンスをする?
A:相手はサイズもあるし良いシューターも揃っているのでそこを抑えされるかどうか、相手のプレースタイルは理解している。オフェンスをワンショットで終わらせれば勝機はあると思う。
Q:ファイナルのプレッシャーは感じている?
A:大舞台は沢山経験してきた、プレッシャーは無い。自分はいつもどおりやれる。
Q:一緒に戦うブースターにコメントを
A:2年連続有明に行けたのは嬉しいこと、なんとか最後までチーム、ブースター、横浜のみんなで一緒になって戦えれば良いかなと思う。あと少し力を貸してもらえたら嬉しい。


蒲谷正之(Masayuki Kabaya)選手

Q:ファイナルに向けての意気込みは?
A:出場を決めてほっとしているのと、去年の借りが返せるので楽しみにしている。
Q:チームの状況は?
A:最高潮じゃないかな?去年ファイナルを経験しているから落ち着いて戦う準備ができている。
Q:新潟アルビレックスBBにはシーズン中負け越しているがどうすれば勝てる?
A:戦術は言えない(笑)でも何故負けたか、どうやって勝ったかは誰が見ても明確なので。フィールドゴールだったり、フリースローを決めること。ターンオーバー等のミスをしないこと。細かいこと、基本のことを忠実にやれたチームが勝てると思います。
Q:一緒に戦うブースターにコメントを
A:ここまで来れたのはプレーヤーだけの力ではなく、ブースターの皆さんの応援や後押しがあったからなのは間違いない。一緒に有明に行って応援よろしくお願いします。

ここからは新横浜公園内にある日産スタジアムで行われる「RUN FOR AFRICA」にゲスト参加が決まったファイ・パプ・ムール選手に特別インタビューをした内容です。「RUN FOR AFRICA」とは2013年6月1日(土)に同日から開催されるアフリカ開発会議(TICAD V)に合わせて日産スタジアムで開催されるチャリティーランニングイベントです。


名前:ファイ・パプ・ムール(Faye Pape Mour)選手
出身:セネガル共和国
生年月日:1987年6月22日
身長:200cm
体重:90kg
血液型:A型

ファイ・パプ・ムール(Faye Pape Mour)選手のコメント

日本には9年いる。国と離れた場所で母国が関係するイベントに参加できることを楽しみにしている。今回のイベントでアフリカやセネガルの事を知ってもらえたら嬉しい。セネガルの公用語はフランス語だけれど、寝ている時に見る夢は英語、日本語、フランス語、ウォロフ語、いろんな言語でみる。九州弁や関西弁も喋れるよ(笑)。

文化は違うけれど、日本人もセネガル人もやさしい気持ちは変わらない。ただ、セネガルはイスラム教が多数です。イスラム教は生活習慣や食べ物等にルールがあるが、日本ではルールが守りづらく時々苦労している。食べ物のルールを守る時に「嫌いな食べ物?」と思われたり、行動を理解してもらえないこともあった。好きな食べ物はカレーライス。カレーライスは栄養バランスが良く美味しいので自分でもキッチンに立って作るんだ。

バスケットボールのプレー中は声をよく出すようにしている。勝つために自分を盛り上げたり、仲間とコミュニケーションしたり、仲間を元気にもできる。スポーツは教わったことを繰り返し練習すれば次のステージに行ける。これからバスケットボールを始める子供たちは指導者がいない時間も努力して頑張ってほしい。

皆さんも「RUN FOR AFRICA」に参加してください。イベントの時はアフリカやセネガルについて知りたい事があったら気軽に聞いてください。

選手の皆様、貴重な時間をさいて取材に協力いただきありがとうございました。
ファイナルも応援に行きます、一緒に頑張りましょう!

 
 
                           
 
t