ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード

arrow_attract スポーツサークル情報・街の指導者(人材)情報登録のご案内

arrow_attract 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係るイベントなどの開催可否は、各施設・各主催者にご確認ください。

arrow_attract 屋内スポーツ施設の臨時休館について(横浜市のページにリンクしています)

 
    イベントレポート

横浜市スポーツ人材活用システム登録者(北部エリア)・都筑スポーツセンター職員合同研修会

by :横浜市体育協会北部連携担当

 6月25日(月)、横浜市都筑スポーツセンターにて横浜市スポーツ人材活用システム登録者(北部エリア)と都筑スポーツセンター職員の合同研修会を開催しました。今回は「安全管理研修〜練習とちょっとした勇気で救える命〜」をテーマとして、実際に人形を使って心肺蘇生法やAEDの取り扱いの流れについて研修を行いました。


映像を見ながら心肺蘇生法/AEDの重要性・一連の流れを説明します

 
講師(市体協職員)によるデモンストレーション

 
説明を聞き、皆さん熱心にメモを取っています。AEDの中には衣服を切るはさみやかみそりも入っています

[心肺蘇生法/AED実践!]

 
「あなたはAEDを持ってきて下さい!」(左)「胸骨圧迫の位置や手の組み方を確認」都筑スポーツセンター・藤沢所長による胸骨圧迫の見本(右)

救急処置の流れが変更になりました!!

今までは「見て・聞いて・感じて」でした ⇒ 現在は「観察(呼吸や体の反応)」です。
☆反応がなければ・・・気道確保をせずに呼吸の確認をします。胸とお腹の動きを見ます。
☆普段通りの呼吸がなければ・・・胸骨圧迫へ


気道確保も重要です

 いつ、どこで事故が起こるかわかりません。備えあれば憂いなし!いざと言う時のためには、日ごろから訓練しておくことが大切です。