ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

第11回瀬谷区ソフトバレーボール大会

by :横浜市体育協会 瀬谷区連携担当

 平成24年2月26日(日)瀬谷スポーツセンターにて、瀬谷区さわやかスポーツ普及委員会主催「第11回瀬谷区ソフトバレーボール大会」が行われました。瀬谷区内を中心に、一般部門45チーム、小学生部門2チーム総勢234人の参加者が集まりました。

 
受付(左)、開会式前に審判講習会を行い、ルールを確認(右)

 
しっかり準備運動(左)、両チームがっちり握手、健闘を誓って試合開始です(右)

 

 

 参加チームは8つのブロックに分かれ、各チーム4試合行うリーグ戦を行いました。勝ち点方式により各ブロックの順位を決定します。サービス、レシーブ、アタック、ブロック…ボールを繋ぎながらチームの結束も高まっていきます。また、試合を見守るギャラリーの思いがプレーヤー以上に熱く感じる時も!体育館いっぱいに声が響きます。


小学生チーム対一般参加者選抜withさわやかスポーツ普及委員。試合を重ねるごとに子どもたちからも大人顔負けの攻撃が多く見られました。

 
小学生部門優勝チーム表彰(左)
一般部門優勝チーム表彰より。うれしい瞬間を撮影する同じチームのメンバーと共に(右)

 瀬谷区ソフトバレーボール大会は11回続けながら「また会えた」「この度に集まれた」喜びを共有しています。
 4年前は小学生部門で出場、今年は高校生となり親子で一般部門に参加した方。今は皆違う部活動だけど小学生でバレーボールを経験した仲間で集まった中学生チーム。子どもたちの成長とともに運動習慣・機会を増やすきっかけとして大会が続けられていることもうれしいと、相澤会長より紹介されました。

 そして、年齢・性別、参加回数や経験の有無、勝敗に関わらず、参加者がいつまでもソフトバレーボールを「楽しめる」交流の場として定着しています。

 
恒例!順位とは無縁?!のお楽しみ抽選会。最後の一つが決まるまで全員、固唾を飲んで見守ります。

                                              
 閉会式終了まで普及委員と参加者との一体感がとても温かく、最後は全員で感謝の拍手を贈り合いました。
 さわやかスポーツが、運動習慣や仲間とふれあえるツールの一つとして多くの人たちに愛されるよう、今後も普及活動を続けていきます。

 瀬谷区さわやかスポーツ普及委員会(電話:045-300-3047)

 
 
                           
 
t