ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

【写真記事】日本体育大学女子サッカー部 日本女子サッカーリーグのチャレンジリーグに参戦決定!

by :スポーツ情報センター記者 タキトモ

 横浜市青葉区にキャンパスを構える日本体育大学の女子サッカー部が、横浜市をホームタウンとして、2010年4月から日本女子サッカーリーグ(愛称:L・リーグ)の2部に相当するチャレンジリーグに参戦することが決定しました。   4月4日(日)のリーグ開幕に先立ち、3月23日(火)に同大学女子サッカー部所属の山崎小百合、後藤優理の両選手が横浜市の市の花「バラ」のマークを袖にあしらったユニフォーム姿で落合卓四郎同大学学長と野村一路同大学女子サッカー部部長と共に山田巧横浜市市民活力推進局長を表敬訪問し、健闘を誓いました。   右袖に横浜市の花「バラ」のマークと「YOKOHAMA」の文字をあしらったユニフォーム    日本女子サッカーリーグは女子サッカーリーグのトップリーグであり、1部リーグ(愛称:なでしこリーグ)と、2部リーグ(愛称:チャレンジリーグ)から構成されています。 2010年からは「なでしこリーグ改革」と銘打ったリーグ再編により、1部リーグは10チームからなる「なでしこリーグ」、2部リーグは新規参入チームを加えた12チームによる「チャレンジリーグEAST/WEST」となりました。 2010年度チャレンジリーグ発足にあたって新たに6チームを加えることとなり、参入資格のある8チームをA・Bの2グループに分けて平成21年11月21〜23日に総当たり戦を開催した結果、日本体育大学女子サッカー部は3戦全勝、見事Aグループ首位でリーグ参戦を果たしました。  日本体育大学女子サッカー部は大学女子サッカー界の草分けといわれ、全日本大学女子サッカー選手権大会では13回の優勝(前身の全国大学女子サッカー大会を含めると17回)を誇る名門校です。過去には在学中から「なでしこジャパン」に選ばれた丸山桂里奈選手や、川澄奈穂美選手ら多くの有名選手を輩出しています。  この日の訪問では、「ぜひ横浜F・マリノスや横浜FCに続いて横浜のサッカーを盛り上げていきたい。」と意気込みも十分にチャレンジリーグでの活躍を誓いました。  サッカー談義に花が咲きました。   日本体育大学女子サッカー部のチャレンジリーグ初戦は、4月4日(日)13時から日本体育大学健志台グランドで行われます。   2010年、横浜のサッカー界に新たな風を吹き込みます!  ☆ 日本女子サッカーリーグ「プレナスチャレンジリーグ2010EAST/WEST」の試合日程はこちらをご覧ください。  

 
 
                           
 
t