ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

【情報提供】第32回フェニックスバトル 富久信介杯/メリケンリーグ

by :ほっしー

「仲間」の想いを拳で継いで

 第32回フェニックスバトル 富久信介杯/メリケンリーグが開催されました。
 2月5日(金)、横浜文化体育館にて例年開催されている「第32回フェニックスバトル 富久信介杯」が行われました。地元・横浜の大橋ボクシングジムが主催するこの大会は、「富久信介杯」として多くの新人選手の登竜門として開催され、本日デビューの選手がリングに立ち、白熱した試合を披露しました。

ー 富久信介杯 ー
 大橋ジムの練習生として通い続け、2000年3月に発生した日比谷線脱線衝突事故に巻き込まれ命を落とした、前途ある若者の名を冠したものです。富久信介さんが果たせなかったボクサーとして活躍するという夢、その第一歩を踏み出すこれからの若者のために、信介さんの遺族や大橋会長をはじめとした大橋ジムの尽力により創設された大会であり、今回で10回目を迎えました。

今回は1ラウンドに見事なKO勝利をおさめた原隆二選手が富久信介杯を獲得しました。原選手は現在19歳の元高校4冠チャンピオンの実績を持った選手で、本日がプロデビュー戦でした。「一戦一戦闘って世界チャンピオンになりたい」と抱負を述べていました。
 どの試合も熱戦であり、会場に来られた多くのお客さんも大きな声援を送り、選手を盛り上げていました。
 大橋会長の言葉に、「ボクシングには勝者がいれば敗者がいます。でも戦う者は“勇者”である、とも思います。子どもたちにはボクシングを通じて、最後まであきらめないという気持ちを感じてくれればと思います。」とありますが、この会場に来られた選手、お客さんはこの大橋会長の想いを肌で感じたことでしょう。 第7試合 宮尾選手 vs 柴田選手 プロボクサーとしての活躍を夢見て

 

 以下は故富久信介さんのHP「富久信介・17才の生涯」よりご紹介します。

本日はお忙しい中、第32回フェニックスバトル(第10回富久信介杯)にご来場いただき誠に有難うございます。
 2000年10月に第1回目の”富久信介杯”が開催されてから、早いもので今年で第10回目となります。大橋会長、ジムの皆様、お客様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

 大橋ジムの練習生、高2の息子が命を落とした日比谷線脱線衝突事故から10年が経とうとしております。息子の生きた証を富久信介杯として残して頂き、大変有り難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

 この”富久信介杯”参加の選手の中から明日の日本チャンピオン、世界チャンピオンが出ることを強く祈っております。

お客様におかれましては、選手の皆様の熱い闘いに何卒、温かいご声援を宜しくお願い申し上げます。

富久邦彦

 本日は「第32回フェニックス・バトル 富久信介杯」にご来場頂き、誠に有難うございます。

 今年は厳冬で寒い日が続きますが、会場内は明日のチャンピオンを夢見る若手ボクサー達の熱気で溢れ返っております。寒さを吹き飛ばす好勝負を連発してお客様一人一人が熱い想いを持ち帰って頂ければと心より願っております。

大橋ボクシングジム会長 大橋 秀行

 

大橋ボクシングジム会長 大橋会長 富久信介杯を獲得した原選手

 

第32回フェニックスバトル 富久信介杯/メリケンリーグ 試合結果

メインイベント スーパーフェザー級 8R 望月 義将
(大橋) ● 1R KO ○ 小澤 大将
(全日本P) セミファイナル 62キロ 契約 6R 大澤 陽介
(大橋) ○ 6R TKO ● 田川 智久
(KG大和) 第8試合 48キロ契約 4R 原 隆二
(大橋) ○ 1R KO ● ウィタヤ・シスタイソン
(タイ国) 第7試合 女子47キロ契約 4R WBC世界アトム級8位
宮尾 綾香
(大橋) ● 0-3 判定 ○ WBC世界ストロー級14位
柴田 直子
(ワールドスポーツ) 第6試合 ライト級 4R 西澤 康平
(大橋) ● 3R KO ○ マジンブー 大谷
(全日本P) 第5試合 スーパーライト級 4R マイティ 新井
(大橋) ● 1-2 判定 ○ 野崎 祐一朗
(八王子中屋) 第4試合 スーパーライト級 4R 遠藤 健太郎
(大橋) ● 1R KO ○ ベルジェール・ジョナサン
(角海老宝石) 第3試合 バンタム級 4R 宿利(しくり) 雄太
(大橋) ● 0-3 判定 ○ 尾島 祥吾
(新田) 第2試合 フェザー級 4R

只野 雄一
(大橋)

○ 2-1 判定 ● 佐々木 俊
(小熊) 第1試合 スーパーバンタム級 4R 高橋 春希
(大橋) ● 0-3 判定 ○ 谷田部 隆士
(湘南RYUJU)

富久信介さんホームページ http://tomihisa.ddnn.jp/
大橋ボクシングジムホームページ http://www.ohashi-gym.com/

◇大橋秀行さん:1965年生まれ、神奈川県出身。
1965年生まれ、神奈川県出身。現役時はヨネクラジムに所属し、戦績は24戦19勝(12KO)5敗。1985年にデビューし、1RKO勝ち。「150年に一度の天才」といわれ、軽量級ばなれした強打者ぶりを発揮した。1990年2月、WBC世界ストロー級チャンピオン、1992年2月、WBA世界ストロー級チャンピオンとなる。引退後、大橋ボクシングジムを開設し、地元、横浜で後進の指導に当たっている。 テレビ中継など、ボクシング解説でも活躍中。

 
 
                           
 
t