ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

平成21年度少林寺拳法横浜市民体育大会開催

by :スポーツ情報センター記者:タキトモ

 平成21年5月31日(日)、緑スポーツセンターで平成21年度少林寺拳法横浜市民体育大会が開催されました。(主催:横浜市市民活力推進局、(財)横浜市体育協会横浜市少林寺拳法連盟

 

 少林寺拳法は、ただ力と力で戦って勝ち負けを決めたり、技術の点数を競ったりするものではありません。守りと反撃からなる護身の技術を身につけることを通して、自信と勇気を手に入れ、お互いを認め合い助け合う気持ちを育むことを目指しています。

 

 このため少林寺拳法の大会では、日ごろの練習の成果を披露し合い、お互いの技術の向上の励みにすることや、親睦や連帯感を深めることを目的としています。

 

 拳士はそれぞれ防御や反撃の技法を組み合わせた演武を披露し、技の正確さや表現力の評価により順位が決定します。また団体や親子など、さまざまな形式で行われることも特徴的です。

 

 この日行われた横浜市民大会には、横浜市内の道場などで稽古をしている子どもからマスターズまで幅広い年代の拳士たちが出場し、また大勢の観客も来場して盛大に行われました。体育館内には6つのコートが設けられ、あちこちから気合の入った掛け声が響き渡っていました。

 

 小学生の部ではキビキビした動きの中にも可愛らしさも垣間見え、客席の保護者の方たちもカメラ片手に熱心に応援していました。

 

 中学生から一般の部、マスターズへと年代が上がるにつれ、気合と迫力が増してきて、見ている側にも緊張感が伝わってきました。

 

 

〜団体〜

 

 

〜単独〜

 

 

〜親子〜

 

 表彰式の後には、各部門1位となった組による演武が披露されました。

 

 

 拳士たちは少林寺拳法での心と体の修練を通じて、明るく元気な社会づくりに貢献することを目指しています。

 

 

★取材協力:横浜市少林寺拳法連盟

 

 

 

 

※記事・写真の複製・転載は固くお断りします。

 

 

 
 
                           
 
t