ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

プロ野球選手の優しさがいっぱい!ベースボール・クリスマス2008in横浜が開催されました

by :スポーツ情報センター:yoko

 2008年のプロ野球も、心に残るたくさんのドラマが誕生しました。12月21日、シーズンオフ真っ最中の選手たちが横浜に集合!「ベースボール・クリスマス2008in横浜」がパシフィコ横浜で行われ、12球団の現役選手約30人、OB、審判団が参加してファンと交流しました。

 ベースボール・クリスマスは日本プロ野球選手会が野球ファンと交流を深める、地域連携イベントです。昨年は中越沖地震から復興に踏み出す新潟県柏崎市で開催されました。今回、いよいよ来年開港150周年を迎える横浜市に舞台が移り、1万人を超えるファンが会場に訪れました。地元の横浜ベイスターズから三浦大輔投手、寺原隼人投手、石川雄洋内野手が参加し、3人が登場すると一際大きな歓声が上がりました。


 

憧れのプロ野球12球団の選手が横浜に集結!〔左〕 会場は大勢のファンの熱気に包まれました〔右〕

キャッチボールは思いやりの心で

 メインステージでは、選手たちが各テーマに沿ってトークショーを繰り広げました。「キャッチボールとコミュニケーション」の時間では、神奈川大学出身の加藤大輔投手(オリックス)、石川雅規投手(東京ヤクルト)がキャッチボールを実演。プロ野球選手のキャッチボールを目の前で見て、子どもたちの目は輝いていました。

 プロ野球選手会では、「ゆうボール」と名づけたキャッチボール専用球を開発。通常のボールより柔らかく素手でも使用できるため、年齢層を問わず安心して楽しむことができます。小久保裕紀内野手(ソフトバンク)は、「キャッチボールは相手を思いやる気持ちが大切です」とアドバイス。実際にゆうボールを体験できるコーナーで、参加者たちは早速キャッチボールを楽しみました。


 

キャッチボールの楽しさを伝える(左から)加藤投手、石川投手、小久保内野手〔左〕 選手がサンタに扮して、女性ファンをおもてなしするクリスマスパーティーも開かれました〔右〕

気分はプロ野球選手

 会場内に設けられたプレイゾーンでは選手やOBの指導のもと、バッティングやピッチングを体験できます。ブルペンコーナーでは現役審判がジャッジをしてくれるので、気分はプロ野球選手。「ストライク!」と大きな声を掛けられて、子どもたちは皆にっこりしていました。

両リーグを代表するエース岩隈久志投手(楽天)、三浦投手直々にピッチングの指導!〔左〕 なんと番長(三浦投手)がキャッチャーに!貴重なショット〔右〕

バッターボックスに和田毅投手(ソフトバンク)〔左〕、キャッチャーは三浦投手!〔右〕シーズン中は見られません

 「ファン歴31年」という生まれた時から横浜ファン!?の31歳のお父さんは、4歳の息子さんと二人で参加しました。「今日は野球の勉強をするためにやって来ました。今年のベイスターズはタイトルホルダーが出たことが嬉しい。来年は個人記録とチーム成績が比例すれば、いいところを狙えると思います」と力強く語ってくれました。FA宣言から横浜残留発表後、初めて地元でファンの前に姿を見せた三浦投手へ、「あだ名の通り、心の中から番長なのだと思いました」と熱いメッセージを送りました。

熱く横浜を応援するお父さんと息子さん〔左〕 横浜開港150周年キャラクターのたねまるも盛り上げました!〔右〕

いつまでも野球が楽しめる地球を

 子どもたちがいつまでも野球が楽しめる地球を守るために。プロ野球選手会ではバットの原料になるアオダモの植樹を中心に、地球温暖化防止などの環境活動に取り組んでいます。環境問題に関するトークショーでは、選手が日ごろ心掛けていることが話題になりました。「横浜市民なので、ゴミの分別はきちんとやっています」と三浦投手。トレードマークのリーゼントをセットするのにスプレーを使うのでは…と突っ込まれると、「10分くらいの短時間で仕上げて(笑)、なるべくCO2を出さないように気を付けています」と宣言しました。

プロ野球選手会の環境宣言。宮本慎也前選手会会長(東京ヤクルト)(左端)は、「試合時間短縮を目指します」と誓いました〔左〕 1日にどれくらいCO2を削減できるか、選手たちもチャレンジボードに記入しました〔右〕

優しさあふれるプロ野球選手たち

 リーグの垣根を越えて、各球団を代表したスター選手と直にふれあい、ファンの嬉しそうな笑顔を会場のあちらこちらで見ることができました。中でもファンの注目が集まったのは、パ・リーグMVPの岩隈久志投手(楽天)。今シーズンは23年ぶりに21勝の快挙を成し遂げ、投手にとって栄誉ある沢村賞を受賞、実り多い一年でした。「僕も中学生の時に、野球教室で石井貴投手(現・西武ファーム投手コーチ)や潮崎哲也投手(現・西武投手コーチ)に教えてもらった思い出があります。テレビで見ている選手からアドバイスしてもらうことで、目標ができました」と自身の思い出を振り返りました。岩隈投手に憧れて、この日の出会いを励みに頑張る子どもたちもきっとたくさんいることでしょう。

エンディングで発表された「選手が選ぶベストナイン」でも、MVPを受賞した岩隈投手〔左〕 人気者・森本稀哲外野手(日本ハム)は終日サンタに扮してファンサービス!〔右〕

寺原投手がファンに来シーズンの健闘を誓いました〔左〕 サプライズで川﨑宗則内野手(ソフトバンク)(前列左端)が登場!女性ファンから大歓声でした〔右〕

 スタジアムで、テレビの中で活躍する憧れのプロ野球選手。この一日だけは選手をとても身近に感じて、一人一人の温かい笑顔に触れることができました。夢のようなクリスマスのひとときは、あっという間に過ぎました。地元の横浜ファンから、特別な思いを込めて見つめられていた三浦投手は、「横浜に残ってくれてありがとうと声を掛けていただきました。ファンの皆さまに、残って良かったと思われる成績を見せなければなりません。やるしかないですね」と力を込めて約束してくれました。シーズンオフは家族旅行の後、自主トレが控えているそうです。大切な家族と共にリフレッシュして、新たな気持ちで横浜を引っ張ってもらいたいですね。

2009年、球春到来が待ち遠しくなる、そんな素敵なベースボール・クリスマスでした。

ファンの言葉どおり、三浦大輔投手は「心の中から番長」でした!

2008年のクリスマスが終わりました。2009年が平和で明るい一年になりますように…

日本プロ野球選手会の最新情報はこちらでチェック! http://jpbpa.net/

※写真の転載は固くお断りします

 
 
                           
 
t