ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

軽やかに!華やかに! 「体操フェスティバルヨコハマ2008」が開催される!

by :横浜スポーツ記者

平成20年11月2日(日)に、横浜文化体育館において、毎年秋の恒例「体操フェスティバルヨコハマ」が開催されました。

 

 

 
 84チーム約2700名が、それぞれ創意工夫した体操やダンスなどを披露し、日頃の練習の成果を発揮しました。

 


参加者・観客で大変賑わった会場
 みんなでそろって準備体操

 
 各団体とも、独自に用意した華やかな衣装に身を包み、選曲した音楽に合わせてフロアいっぱいに演技を繰り広げ、観客から大きな賛辞と拍手喝采を浴びていました。

 


 まずは「横浜健指連」による横浜市歌に合わせた体操からスタート
 
 軽やかに♪
  
 流麗に・・・
 
 華やかに★
 
 先生の指揮のもと、力を合わせて!
 
 エネルギッシュに!
  
 小さなお子さんもがんばってました!
 
 みんな、ありがとう!

 このフェスティバルは、横浜市体操協会が主催し、体操フェスティバル実行委員会が主管となって開催されるもので、今回で都合19回目となります。

 また、(財)神奈川県体育協会の協力による「メディカル・サービス・ステーション」やN P O 法人横浜スポーツ医科学協会による「フィジカル・サービス・ステーション」が設けられ、希望される方々に専門的なアドバイスを実施したほか、100名ほどのボランティアスタッフが運営全体を支え、大会の盛り上げと円滑な進行にそれぞれ寄与していました。

 


(財)神奈川県体協の協力によるサービスコーナー  
 多くのボランティアが大活躍!大会が円滑に運営されました!

 

イベント主催の市体操協会会長の山村徳男さんから、
 「19回目の開催となった今回は、84ものチームに参加していただき、楽しく演技を披露していただいています。来年度は、横浜開港150周年、そして(財)横浜市体育協会創立80周年という記念すべき年となります。来年度以降もこのフェスティバルを継続していくためには、皆さまのご協力が不可欠です。引き続きよろしくお願いいたします。」
との挨拶がありました。

フェスティバルの開催に関して感謝の意を述べる山村会長

 

 また、体操フェスティバル実行委員会委員長の鈴木英夫さん(横浜商科大学教授)は、
 「このフェスティバルは、体操はもちろんですが、よりオールラウンドな視野に立ち、ダンスや武道演技などの出演・披露も歓迎しています。狭義の体操イベントと考えないでほしいです。身体をご自身で表現し披露するものすべてが対象です。また、横浜市や神奈川県、はたまた日本などといったテリトリー的な制約も一切ありません。どなたでも参加して、ご自身の創作表現や演技を披露することができるのです。こうしたことを通じて、皆さまが楽しく健康増進を図っていくことができることを切望しています。是非ご参加ください。」
と話していました。

フェスティバル開催の意義を熱く語っていただいた鈴木委員長

 

 とにかく皆さん、元気いっぱいで楽しそう!
 活き活きとしている様子が大変印象的でした。
 友人・仲間でチームを作って、次回参加してみるというのも良いかもしれませんよ!

詳しいお問い合わせは、以下までどうぞ。
 ■体操フェスティバル実行委員会事務局 (横浜商科大学 鈴木英夫研究室)
 ・電 話:090−5756−6703
 ・E-mail:taisou@alles.or.jp

 
 
                           
 
t