ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

北丹沢12時間山岳耐久レース

by :望月 岳

7月1日、第9回北丹沢12時間山岳耐久レース(43.86k/制限時間12時間)に参加した。このレースは、国内三大レース(あと二つは、富士登山競走、日本山岳耐久レース)のひとつに数えられ、関門の制限時間も厳しい。
今回で出走3回目となり、去年のタイム(9時間28分)をどれだけ短縮できるかも楽しみだった。コースの特徴は、なんといっても3つの急登!
最初の上りは、神の川キャンプ場から約900mを登る。本当にきつかった。「去年よく頑張れたなぁ」なんて頭をよぎる。
第一関門(18.44k制限4時間)を3時間32分で通過。去年より10分ほど速い。
第一関門(神の川ヒュッテ)から第二関門(神の川園地)までは、最初2度目の急登がある。
ここでいろいろ思い出す。足に負担かけない登り方。
「そうそう、なるべくふくらはぎは使わずに、ももを持ち上げる感じで…なんて本に載ってたなぁ」と。それから上り時は、ずーっと独り言「ももから、ももから」とひたすらブツブツ言いながら登る。確かに楽な気がする!

登り終わると、あとは緩やかなロードが約8k続く。ここはなんとか走りたいところだったが、心拍数をみながら無理せず進んだ。
そして第二関門(29.04k制限6時間)を5時間6分で通過。ここまで去年より25分速い。第二関門では ハイドレーションに水が無くなっていた為給水し、軽くストレッチをした。

ここからの上りが3度目、本当にきつい上りで、登っても登っても、頂上がなかなかみえてこない難関である。2度目の上り時と同じように、「ももから、ももから」とブツブツ言いながら登る。
登り続けて約2時間、ようやく頂上の「姫次」へ到着。ここからゴールまでの約9kは、ひたすら下りだ。
時計はスタートから約7時間。思ったよりも早く上がって来れた。時間短縮は間違いないことを確信し、下りをかっとんだ。
結果、8時間3分。去年よりも1時間25分短縮の満足いく結果がでた!

スタート〜第一関門(18.44k) 3時間32分
〜第二関門(11k) 1時間34分(5時間6分)
〜ゴール(14.5k) 2時間57分 (8時間3分)

 
 
                           
 
t