ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード

arrow_attract スポーツサークル情報・街の指導者(人材)情報登録のご案内

arrow_attract 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係るイベントなどの開催可否は、各施設・各主催者にご確認ください。

arrow_attract 屋内スポーツ施設の臨時休館について(横浜市のページにリンクしています)

 
    イベントレポート

横浜F・マリノス ホーム最終戦

 12月1日(土)日産スタジアムで「明治安田生命Jリーグ 第34節 横浜F・マリノス VS セレッソ大阪」が行われました。

 

 今季最終戦ということで、観客席は多くのサポーターで埋め尽くされました。
 

 


アンジェ ポステコグルー監督

 

 前半は、両チーム共にチャンスを作りますが得点は生まれませんでした。

 


ハーフタイム:シンガーソングライターのMINMIさんが登場

 

 後半直後、先制点を決めたのはマリノス天野純選手(MF14)でした。


 その後、セレッソに2点を奪われてしまいます。

 

 第23節から戦列を離れていた中澤佑二選手(DF22)がピッチに立ち、最後まであきらめず攻め続けたマリノスでしたが、ゴールは生まれずタイムアップ。

 

 
試合後のセレモニー

 全選手がピッチに登場し、シーズンを支えたファンやサポーターに感謝を伝え、2018シーズンの幕が閉じました。

 

 来シーズンの飛躍に向けて、これからもマリノスを応援していきましょう。