ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「ジャパンウォーク in YOKOHAMA 2018秋」が開催されました

 11月10日(土)、象の鼻パークをスタート・ゴールにした、第6回「東京2020オリンピック・パラリンピック応援イベント ジャパンウォーク in YOKOHAMA 2018秋」が開催されました。

 

 出発式では、福地献一氏(ジャパンウォーク2018実行委員長・朝日新聞社取締役)から、
『第6回を数えるこの大会は、「2020 年に東京で開かれるオリンピック・パラリンピック競技大会を盛り上げ、障がいのある方やない方が一緒に歩くウォーキングイベント」として3年前から始まりました。横浜の募集は、三日半で定員になるという、今までで最速の応募状況でした。絶好のウォーキング日和となりましたので、一日楽しんでください。』とのあいさつがありました。

 

 

 コースは、象の鼻パークをスタート・ゴールにした、

①日本大通りや横浜スタジアム、山下公園を巡る約4km のショートコース

②赤レンガ倉庫や汽車道などみなとみらい地区を巡る約8km のミドルコース

③みなとみらい地区から横浜スタジアム、元町、山下公園を巡る約12km のロングコース

以上の3コースです。

 

 出発の時には、オリンピアン・パラリンピアンのみなさんが参加者を送り出してくれました。

ハイタッチで見送る、競泳の松田丈志氏

 

 11時過ぎには、ショートコースのみなさんも全員出発して、横浜の景色を楽しみながらゴールを目指します。当日は、久しぶりの青空となり気温も23度を記録(横浜市中区)して、みなさん汗をかきながらも水分補給をして歩かれていました。

汽車道を歩く参加者の皆さん

 

 ゴール受付でも、オリンピアン・パラリンピアンが、参加者をお出迎えしていました。

サッカーの川上直子氏

スキーの荻原次晴氏

車いすテニスの二條実穂選手

 

「ゴール記念撮影会」

 オリンピアン・パラリンピアンが一緒に、ゴール証とパチリ!

(左から)野球の三浦大輔氏、(ご家族)、サッカーの川上直子氏、競泳の山田拓朗選手

 

(左から)2人目・ラグビーの桑井亜乃選手、4人目・車いすバスケットボールの石原正治選手、6人目・スキーの荻原氏

 (左から)体操競技の池谷幸雄氏、(ご家族)、ウィルチェアラグビーの乗松聖矢選手、飛込の中川真依氏

 

「アスリートトークショー」①

 三浦氏を迎えて行われました。“今までのキャッチャーの中で一番相性が良かったのは?”といった質問に、歴代のキャッチャーの名前をあげて『みんな、僕より早く(チームから)いなくなっちゃうんだよな』と話していました。

 

「アスリートトークショー」②

 松田氏が聞き手となって、スキー・テコンドーの太田渉子選手、陸上の中山和美選手、羽根田選手を迎えて、現役選手ならではのエピソードや東京2020大会に向けての抱負などを話していました。

(左から)手話通訳さん、松田氏、太田選手、中山選手、カヌーの羽根田卓也選手

 

 会場には、体験イベントもたくさんありました。

「車いすバスケットボール」


車いすバスケットボールの三宅克己氏

 

「スポーツクライミング」

 

「ブラインドサッカー」

ブラインドサッカーの葭原(よしはら)滋男氏

 

「空手」

空手の諸岡奈央氏(体験会のみ出席)

 

「ハンディキャップ借物競争」


(左から)陸上の下稲葉耕己氏、(ご家族)、車いすバスケットボールの神保康弘氏

 

 29人のオリンピアン・パラリンピアンが、3,517人の市民参加ウォーカーと123人のボランティアと一緒に、港よこはまの風景を楽しみながら歩きました。

 

 
 
                           
 
t