ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「金沢区制70周年記念事業、第9回横浜シーサイドトライアスロン大会」が開催されました

天は我々の味方でした

 強い勢力の台風24号が接近する中、9月30日(日)に横浜・八景島シーパラダイス、金沢工業団体周辺で「金沢区制70周年記念事業、第9回横浜シーサイドトライアスロン大会」が開催されました。

 この大会は、選手も応援する方々も楽しめる大会として親しまれ、今年は金沢区制70周年にあたり、記念事業として位置づけられました。

 
 


 第9回横浜シーサイドトライアスロン大会実行委員会の園川委員長は「昨日、空を見上げた時、天は我々を見放したと思いました。ところがどうです。陽射しが出ています。ひとえに皆さまの参加意欲がそうさせたのでしょう。それでも台風は近づいていますので、競技距離を縮小し、実施することとしました。しかし、天は、われわれの味方をしています。競技を楽しんでください」とあいさつされました。

 

【トライアスリートのコメント】
 81歳の男性「目標タイムはありません。とにかくゴールを目指すだけです」
 40代の男性「経験を重ねるために出場しました」
 20代の女性「せっかくのデビュー戦。中止にならなくてよかった」
 10代の男性「雨でも行うのが、トライアスロンです。台風が近づいても、
 やるものだと準備していました」

 

【ゲスト】

松山アヤト;日本トライアスロン連合 パラリンピック対策マネジャー
庭田清美 ;シドニー、アテネ、北京オリンピック出場 元トライアスロン日本女子代表

 スタート前に松山さんと庭田さんは、参加者に向けて「スイムは混雑の中に入らない方が良い」「バイクは雨が降っている時より、雨上がりが危ない」「ランで勝負をかけましょう」など、アドバイスを伝えました。

 

【トライアスロン】
[スイム]

アドバイスを活かし、混雑を避けて泳いでいました。

[バイク]

途中の坂は、自転車を降りて走行するルールで行いました。

[ラン]
ハマ風に当たりながら、気持ちよく走っていました。

第9回横浜シーサイドトライアスロン大会の様子の画像 ←こちらをクリック

 

【アクアスロン ペアチャレンジ】

ペアチャレンジの参加者は
 父「泳ぐのが苦手でしたが、参加した。息子が走ってタイムを稼いでくれた」
 息子「走って楽しかった」
 母「昨年、お母さんと参加したけれど、どっちがよかった?」
 父「比べるなよ」
 父「とにかく、毎年、家族でアクアスロンを楽しんでいます」
と笑顔で話してくれました。

 

【ゴール】

 汗だくでゴールした50代の男性は「気持ちよかった」
 40代の男性は「今日初めてトライアスロンを挑戦しました。距離が半分なのに、
 きつかった。これからも鍛錬します」
 10代の男性は「練習を活かせてよかった」
みんな、達成感があふれ出ていました。

 

【応援サポーター】

「頑張れ」と声援を送ったり、ゴールしたトライアスリートの健闘を讃え、お互い喜び合い、記念写真を撮ったりと、応援することを楽しんでいました。

 

【大会ボランティア】

ボランティア方々が大会を支えてくれました。

大会を支えるスタッフやボランティアの方々の画像 ← こちらをクリック

 

【EXPOの様子】

タンデムバイクの体験


ブルーカーボンヨコハマコンブプロジェクトのPRのため、昆布うどんをふるまわれました。長蛇の列をなし、大好評でした。

 

【入賞メダル】

横浜市の水源林の間伐材で作られたメダルです。

 

 アスリートの方々、応援された方々、ボランティアで大会を支えてくれた方々、達成感と笑顔が絶えませんでした。こんな笑顔が生まれたのも大会が開催できたからこそ。天に感謝。

 
 
                           
 
t