ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

9月28日(金)「横浜ビー・コルセアーズ出港式」

 9月28日(金)、都筑公会堂で「横浜ビー・コルセアーズ出港式」が開催されました。

 今年の出港式は、大勢のブースター(バスケットファン)に参加してもらうため、昨年のパーティー形式を変えて、公会堂で行われました。530名が集まり、選手たちと楽しいひとときを過ごしました。


 

 「さあ、これから選手が入場します」

 「ブースターのみなさん、ステージに向かってカメラを構えていますが、違います。ステージからは出てきません。観客席の後ろから出てきます。選手入場!!」

 面食らったブースターの方々は「ワァー」と歓声を上げながら、慌てて後ろへカメラを構え直します。選手達はブースターとハイタッチや握手をしながら、ステージへ向かい、ブースターたちを沸かせました。小学5年生の女の子は、ファンの川村選手と握手出来て「最高」と叫んでいました。

 
 

写真左から細谷将司選手、湊谷安玲久司朱選手、トーマス・ウィスマンヘッドコーチ

 ビーコルの新ヘッドコーチは「リンク栃木ブレックス」をBリーグ初代王者に導いたトーマス・ウィスマン氏。
「今季ビーコルは全く新しいチーム。このチームをまとめ上げるのが私の仕事。チームの成長を見守ってほしい」とあいさつしました。

 今季はキャプテンが2人。どちらかが調子が崩れても、もう一人が盛り立ててほしいとの監督の意向です。
 湊谷キャプテンは「もう残留プレーオフには出たくない。今季こそ上を目指したい」
 細谷キャプテンは「勝ちにこだわりたい。チームメンバーにも勝つ意識を植えつけたい」とキャプテンとして意気込みを語りました。

 
 

出港式に参加した新加入選手
写真左から、エドワード・モリス選手、アマンゼ・エゲケゼ選手、ハンター・コート選手、チャールズ・ガルシア選手、小原翼選手

 選手一人ひとりが抱負や決意表明を述べました。
 新戦力のチャールズ・ガウシア選手は、日本語で一言、あいさつしたところ、会場は大うけ。
 なぜなら直前にチームメイトから習った日本語で、実はダジャレ。それを知ると、顔を真っ赤にしながら、英語でまくしたてていました。

 そのようなやりとりを見てブースターは「選手同士が仲良くしているところが見られて良かった。チームワークもできていると思った」と感想がありました。

 
 

 選手ひとり一人にブースターから花束贈呈や選手へ勝利への思いを込めた60秒スピーチを行われました。

 その中でも司会が「試合でもやって」と言わしめた60秒スピーチは、選手を勇気づけるあいうえお作文で構成された応援メッセージでした。

ビ … ビーコルセアーズは
コ … 今年こそ

ル … ルールを変える強い気持ちで
セ … 攻めの試合を
ア … 圧倒的な強さで

ズ ...ズバリ優勝

 
 
  

 ビーローズがチアダンスを披露しました。

 「アイラブよこはま」をみんなで一緒に踊り、ビーコルとビーローズ、そしてブースターの方々と一体感が生まれたように感じました。

 
 

 最後に出港式で選手からブースターへ紙テープを投げ、横浜ビー・コルセアーズ号は出港しました。

 参加されたブースターの方から「新しい選手のキャラクターを垣間見ることができて、良かった。試合を見るのが楽しみになった」と嬉しそうに話してくれました。

 

 名将を迎えて、若返りを図った「横浜ビー・コルセアーズ」。今季の活躍が楽しみです。

 

 
 
                           
 
t