ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

『スポーツ吹矢』静かな雰囲気の中、熱戦を繰り広げる!

 神奈川県スポーツ吹矢協会主催の「第7回川横地域大会」が9月5日(水)に横浜文化体育館で開催され、約500名が日頃の成果を競い合いました。

 スポーツ吹矢は、筒に矢を入れ、腹式呼吸で円形の的をめがけて矢を放ち、その得点を競う1998年に日本で生まれたスポーツです。吹矢の動力は「息」だけなので、高い運動能力や腕力などはいりません。

 

 同大会は、段級資格に応じた的までの距離別に6m、8m、10mの競技があり、1ラウンド3分間の間に5本の矢を吹き、6ラウンドの合計得点で競います。

 

 選手は静寂の中、「はじめ!」の声とともに、吹くまでの一連の動作が始まります。的に向かい一礼し、矢を筒の中に入れ、両腕で筒を高く上げ、集中力を高め、深い腹式呼吸で一気に「フッ!」と、的を目掛けて矢を吹きます。

 選手が思いを込める一瞬は、見ているものにとっても、緊張感ある瞬間です

 

 神奈川県内の市町村地域に115支部があります。性別・年齢などを問わず、手軽にゲーム感覚で楽しみながらできるスポーツとして、3000名の方々が健康や体力づくりに、また、仲間づくりに活動しています。
 お問合せは、神奈川県スポーツ吹矢協会まで。

 

 
 
                           
 
t