ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

2018FIFAワールドカップ ロシア パブリックビューイングin横浜市栄公会堂

6月19日(火)横浜市栄公会堂で「2018FIFAワールドカップ ロシア パブリックビューイングin横浜市栄公会堂」が開催され、コロンビア代表対日本代表戦のパブリックビューイングに参加しました。

 

グループリーグH組に入った日本代表の初戦は、キックオフが21時。親子連れなど、幅広い年齢層の方が来ていました。

 

 

応援用の太鼓や大きな国旗を持ったサポーターが!!

キックオフと同時に太鼓が鳴り響き、スタジアムさながらの臨場感で、会場に一体感が生まれました。
キックオフ直後の前半3分、いきなり日本に大きなチャンス!
大迫勇也選手のシュートをゴールキーパーが弾いたところに、香川真司選手がつめて左足で合わせ、相手のハンドを誘いレッドカードで退場、PKを得ました!!

香川選手がPKを蹴ることに・・・

 

見事PKを決め、なんと日本先制!!
会場のボルテージも、一気に上昇です!

 

コロンビアが10人となり、日本の攻撃も勢いづきましたが、前半39分に同点とされてハーフタイムを迎えました。

ハーフタイムのサポーターの皆さんは、栄区いたち川のマスコット“たっちー”とコラボした特設フォトスポットで、記念撮影!

 

日本代表の選手たち同様に、水分補給したり後半戦の展開を予想してハーフタイムを過ごしました。

 

得点と勝利を願って始まった後半戦。
後半28分、本田圭佑選手のコーナーキックに、大迫選手が頭で合わせて、日本勝ち越しのゴーーール!!
「大迫、半端ない!」会場の盛り上がりも“ハンパ”なかったです!

    

 

2-1となってから、11人対10人の数的優位を生かしてボールを保持し続けた日本代表。5分もの、長い長いアディショナルタイムをしのぎ切り、、、

 

日本代表、大きな、白星を手にしました!!

165名のサポーター来場した、栄公会堂パブリックビューイングは、日本代表勝利の歓喜に包まれました。

初戦での勝ち点3は、グループリーグ突破への弾みとなったことは間違いありません。第2戦のセネガル代表戦も、勝ち点1を加えた日本代表。決勝トーナメントをかけた第3戦のポーランド代表戦(28日(木)23時キックオフ)は、この勢いのまま、ぜひ勝ってもらいたいですね!
皆さんも、遠いロシアの地まで届くよう、日本代表を応援しましょう!!

 
 
                           
 
t