ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「YOKOHAMA Beach Sports FESTA 2017 supported byニッパツ」7月29日、30日、8月5日、6日開催 Part2

 

 7月29日(土)30日(日)の第1週、8月5日(土)、6日(日)の第2週に分けて、海の公園で「YOKOHAMA Beach Sports FESTA 2017 supported byニッパツ」が開催されました。

 

 第1週のイベントの様子はこちらから

 「YOKOHAMA Beach Sports FESTA 2017 supported byニッパツ」Part1

 

 

【8月5日(土)】

 ビーチバレーボール大会、ビーチサッカー大会や、ビーチクリーン活動、SUP(スタンドアップパドルボート)、ビーチフラッグス、ビーチヨガ、スプラッシュタイム、ミニゲームが開催された。

 

【8月6日(日)】

 ビーチバレーボール大会、ビーチサッカー大会や、ビーチ宝探し、ミニゲームが開催された。

 

 

 今回で29回目の開催となるビーチバレーは、生涯スポーツに通じる「4人制男女ミックス」や競技性の強い「2人制男子・女子、2人制マスターズ、2人制男女アドバンスド」、そしてU17の「2人制男子・女子ユース」のカテゴリーに分かれ開催された。

 

ビーチバレー(主催:横浜バレーボール協会)の様子

参加者1,280人(529チーム)

 

 

 今回で10回目の開催となるビーチサッカーは、「小学男子・女子」、「一般男子・女子」のカテゴリーに分かれて開催された。

 

ビーチサッカー(主催:一般社団法人横浜サッカー協会)の様子

432人(48チーム)

 

 

 横浜市スポーツ医科学センター・公益社団法人神奈川県理学療法士会の合同ブースも出展しており、競技で疲れた身体のケアを受けるため、試合の合間に選手が訪れていた。

 

 

 

 当日参加型の無料イベントも開催し、海を楽しむ家族連れなどが参加していた。

 

【ビーチクリーン活動】206名

   

 ビーチスポーツを行う自然環境の大切さを、ビーチスポーツフェスタの参加者に知ってもらうために始めた活動だったが、今では、大会に参加する選手の他に、海の公園にレジャーで来る家族なども参加して、海の自然環境について一緒に考えるきっかけとなっている。

 

【SUP(スタンドアップパドルボート)】48名

 海の上にボードを浮かべ、その上に立ち、オールで漕いで前に進むスポーツ。
 参加者は、始めはボードの上に立つこともできなかったが、マンツーマンの指導で徐々に海の上に立てるようになり、スイスイと気持ちよさそうに海の散歩を楽しんでいた。

 

【ビーチフラッグス】65名

    

 20m先の印(棒)を目掛け砂浜をダッシュ!先に印を取った方が勝つスポーツ。
 参加者は、砂まみれになりながらも真剣勝負を楽しんでいた。

 

【ビーチヨガ】127名

 海を見ながら波の音をBGMに、ゆったりと自分のカラダと対話した時間が流れていた。

 

【スプラッシュタイム】350名

   

 なぎさ広場で、みんなで水遊び。芝生の上でびしょ濡れになりながら大人も子供も大はしゃぎ!

 

【ミニゲーム】355名

 輪投げやドッチビーゴール体験は、参加者みんな負けず嫌い。何度もチャレンジ!

 

【ビーチ宝探し】700名

   

 

 砂山の中に隠されているお宝を探す「ビーチ宝探し」。

 700名の参加者が、砂山を掘って、掘って、掘って、掘って!!!

 

 お宝ゲットされた方「おめでとうございます」

 

 

 

  

【イベントのゲスト】

 左:シーサイドラインプロモーションガール「幸野ゆりあ」さん

 右:金沢臨海サービスのマスコットキャラクター「なるちゃん」

 

 

 2週に渡り4日間開催された「YOKOHAMA Beach Sports FESTA 2017 supported byニッパツ」は、どのイベントも参加した方々やその家族・仲間から笑顔があふれていた。

 

 

 
 
                           
 
t