ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

ぶらりつるみ・お散歩ウォーキング

  

 

 平成29年5月25日(木)、鶴見スポーツセンターと上末吉地区保健活動推進員の方々が中心になって「ぶらりつるみお散歩ウォーキング」を開催しました。

 鶴見区では、マスコットキャラクターである「ワッくん」のかるたを基にしたウォーキングマップが5パターンあります。

 今回は、3パターン目、~生麦編・これぞ鶴見、シンボルをめぐる~を歩きます。

 

●MAP表

※画像をクリックするとpdfデータ(506KB)をご覧いただけます。

 

 

●MAP裏

※画像をクリックするとpdfデータ(602KB)をご覧いただけます。

 

 

 

 鶴見駅西口に集合し、まずは大本山總持寺を目指します。 

 

 

 大本山總持寺は、明治44年に石川県より移転し、平成23年で百年を迎えました。千畳敷の広さを誇る法堂は、本堂としては日本一の大きさとも言われています。また、墓地には石原裕次郎さんなどの著名人も眠っています。
 とても広い敷地と緑豊かな木々の美しさ、新鮮な空気に参加者の皆さんも気持ち良さそうでした。
 

 

 

 總持寺をぬけ、花月園跡地を通り、生麦へ向かいます。大きな木にパワーをもらい、昔ながらのおでんやさんを発見! なんと、おでんは1つ60円です。 

 

 

 そして、鶴見川河口干潟から水天宮・神明社へ向かいます。生麦地区では、毎年6月の第1日曜日に「蛇も蚊もまつり」が開催されます。このまつりは、神明社の境内で20mもある蛇を作り、疫病退散・雨乞いを祈って大人も子どもも一緒に担ぐ江戸時代から続く生麦の伝統行事です。
 

 

 

 

 最後に、生麦事件発生場所からキリンビール横浜工場(キリン横浜ビアビレッジ)まで歩きます。
 

 

 

 

 MAPのタイトル通り、これぞ鶴見というコースでした。参加された13名は途中リタイアすることなく完歩されました。時間は2時間00分、歩数は約11,000歩でした。

 

 鶴見スポーツセンターでは、鶴見へルスアップ健康ウォーキング事業として、このようなウォーキングイベントを定期的に実施していきます。
 なお、次回開催は11月を予定しています。
 お問合せ TEL:045-584-5671(鶴見スポーツセンター)

 

 

 

 
 
                           
 
t