ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会エイジグループ(5月14日開催)

 5月14日 ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会 エイジグループ競技は、1,674名の一般参加者のエントリーがあり、山下公園をスタートして横浜の街を駆け巡りました。

 エイジグループには、スタンダード、スプリント、リレー、パラトライアスロンのカテゴリーがあり、レースをおこないます。

※スタンダードディスタンス:51.5km(スイム1.5km、バイク40km、ラン10km)

※スプリントディスタンス:25.75km(スイム0.75km、バイク20km、ラン5km)

 

 

 鈴木大地スポーツ庁長官が激励に駆けつけてくれました。

 

競技の様子

[スイム]

  

  

 

 

 

[バイク]

  

エイジパラトライアスロン

 

  

エイジ(スタンダード、スプリント、リレー)

 

 

 

[ラン]

     

エイジパラトライアスロン

 

  

エイジ(スタンダード、スプリント、リレー)

 

 

 

 選手たちは横浜の名所を走り抜けました。

  

(写真左) マリンタワー
(写真右) ランドマークタワー

 

  

(写真左) 赤レンガ倉庫

(写真右) みなとみらい地区

 

  

(写真左) 神奈川県庁本庁舎(キングの塔)

(写真右) 横浜税関本関庁舎(クイーンの塔)

 

 

 

 コース周辺は、「第33回全国都市緑化よこはまフェア(6月4日まで)」の最中でもあり、花に囲まれた中でのレースが行われました。

  

 

  

 

 

 

[給水所]

 給水所では、ボランティアが水やスポーツドリンクを配り、選手たちに励ましの言葉をかけました。

  

 

 

 

[ゴール]

 ぞくぞくとゴールする選手たち。「完走した者が勝者だ」とのアナウンスが印象的でした。

  

エイジパラトライアスロン

 

  

エイジ(スタンダード、スプリント、リレー)

 

 

 

表彰式

  

 部門のクラスごとに表彰がありました。

 エイジスタンダードでは、男子14カテゴリーと女子11カテゴリー、エイジスプリントは、男子7カテゴリーと女子6カテゴリー、エイジリレーは、男子・女子・混合のカテゴリー、エイジパラトライアスロンは、男子6カテゴリーと女子2カテゴリーが表彰されました。

 

詳しくはコチラ ⇓

「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」 エイジスタンダード、エイジスプリント、リレー、パラトライアスロン 成績

 
 
                           
 
t