ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

横浜ビー・コルセアーズ観戦チケット 郵便局で販売スタート!

 

 
 横浜をホームタウンとするB.LEAGUEの横浜ビー・コルセアーズは、日本郵便南関東支社と連携し、都筑区・港北区・青葉区・緑区・神奈川区・西区・鶴見区の7区134局(簡易郵便局は除く)の郵便局で、平成29年3月1日(水)より観戦チケット販売をスタートしました。

 

 

 

【観戦チケット販売概要】
 販売期間:~平成29年3月31日(金)
 対象試合:平成29年4月1日(土)、2日(日)
      vs川崎ブレイブサンダーズ(会場:横浜国際プール)
 販売部数:5,360枚(各日大人1,340枚、中高生670枚、小学生670枚)
 販売価格:大人2,000円、中高生1,200円、小学生700円

 

 

 B.LEAGUEのクラブが郵便局において観戦チケットを販売するのは全国で初めてのことで、この取り組みを記念して都筑郵便局においてPRイベントが開催されました。

 

 はじめに、日本郵便南関東支社と横浜ビー・コルセアーズが、チケット販売を記念して記者会見を開きました。

 

 

横浜ビー・コルセアーズ代表取締役CEO 岡本尚博氏
「本日は郵便局様とのコラボレーションが実現し、非常に嬉しく思っております。
 今回の連携の経緯を説明させていただきます。
 横浜ビー・コルセアーズの球団コンセプトは、お客様に近いと感じていただき、お客様と一体となって楽しい空間を作るカーニバルを目指すことです。
 より身近に感じていただきたい、またスポーツの力をもって皆さまの生活の中でお役に立ちたい、と地域との連携やアカデミーといった青少年へのアプローチ、障害がある方との連携などを進めています。
 その中で球団代表の植田が、地域活性化イベントにおいて市ヶ尾駅前郵便局の今井様と知り合い、何かできないかと前向きな話し合いを重ね、このような連携が生まれました。
 我々のポスターなどが、皆さまの生活の一部である郵便局様に掲出していただけることは本当に光栄です。
 現在ネットでのチケット販売が中心となっていますが、郵便局の窓口で販売していただけることで、高齢の方なども含め、さまざまな年代の方にお気軽に会場に来ていただきたいと思います。
 これからますます郵便局様と連携を深めていく中で、球団が掲げている地域に根差した活動を実現していければと思います。
 本日は誠にありがとうございました」

 

 

日本郵便株式会社 南関東支社 経営管理本部副本部長 村野昭弘氏
「皆さま、本日は多数お集まりいただきありがとうございます。
 今回の連携は、市ヶ尾郵便局の今井局長と植田球団代表との偶然の出会いから始まりました。
 南関東支社は地域と連携した郵便局を目指しています。それと横浜ビー・コルセアーズ様の市民の生活に近い球団というコンセプトが相まって、今回のとり運びになりました。
 今回の連携を皮切りに、日本郵便と横浜ビー・コルセアーズ様と一致団結して新しい商品やサービスを提供してまいりますので、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします」

 

 

日本郵便株式会社 横浜市東部地区連携会 総括局長 串田明彦氏
「こんにちは。
 横浜ビー・コルセアーズ様と郵便局とで何かコラボできないかという思いの中で、チケットの窓口販売となり、本日から134局で販売を開始しました。
 これは第1弾として、これからは横浜ビー・コルセアーズ様のグッズなどを販売していければと考えております。
 横浜市のプロスポーツチームを我々も応援していきたいと思います。ビーコルさんはホームが都筑区の横浜国際プールということで、これからも良好な関係を築いていきながら、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思います」

 

 

横浜ビー・コルセアーズ球団代表 植田哲也氏
「本日は誠にありがとうございます。
 今回の連携の具体的な説明させていただきます。
 今までのビーコルのチケット販売は、一部コンビニエンスストアや横浜市交通局(地下鉄)、その他はホームページが中心でした。
 今回はそれに加え134局の郵便局で販売していただけることになり、この販売網拡大はとても大きなことです。
 販売にあたり、オリジナルの特典があります。今回の特典は、クリニックの参加やエスコートキッズの抽選権などです。
 そして、4月2日(日)の試合を「プロジェクト5,000」とし、国際プールを満員にすることを目指しております。これから3月中旬にかけて、主要な郵便局様を選手がキャラバンして販売応援をしていく予定です。
 それ以外にも様々な取り組みを予定しておりますので、今後ともよろしくお願いいたします」

 

 

キャプテン・山田謙治選手
「こんにちは。
 この度は日本郵便様と横浜ビー・コルセアーズがこのような大規模なコラボレーションをしたことを大変嬉しく思います。
 僕も郵便局をよく利用させていただきます。今回を機にB.LEAGUE、横浜ビー・コルセアーズの認知度が上がればと思います。
 今季も残り20試合弱になりましたが、最後まで一生懸命戦いたいと思いますので、今後とも横浜ビー・コルセアーズをよろしくお願いいたします」

 

 

蒲谷正之選手
「こんにちは。
 まだまだ知名度の低い横浜ビー・コルセアーズですが、今回のこのコラボレーションを機に知名度も上がると思いますので、気を引き締めて生活し、コートの上でも恥ずかしくないプレーを心がけていきたいと思います。ありがとうございました。」

 

 

ジェフリー・パーマー選手
「この度は日本郵便様とコラボレーションさせていただきとても光栄に思っています。
 僕のイニシャルもJP、日本郵便様のイニシャルもJPということで、非常に親近感を持っています。このコラボレーションが実現できたことを大変嬉しく思います。ありがとうございます」

 

 

 窓口で販売する際に職員が着用する提携記念Tシャツのお披露目もありました。

 

 

 

 その後、郵便局前にてチケット販売PRイベントが開催されました。

 

 チケットを購入すると選手のサイン入りグッズがプレゼントされ、ブースターの皆さんは記念写真を撮ったり選手と握手をしたり、大変盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 ぜひ郵便局でチケットを購入して、横浜国際プールで観戦してみてはいかがですか。

 

 

 

 
 
                           
 
t