ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

パラトライアスリート土田和歌子選手が横浜市の小林副市長を訪問しました

 

 

「2019ITU世界トライアスロンシリーズ横浜⼤会」に向け、世界トライアスロンシリーズ横浜⼤会組織委員会総会が、開催されました。開催に先⽴ち「ISO20121認証授与式」が行われました。

 

ISO20121認証授与式 と 世界トライアスロンシリーズ横浜⼤会組織委員会総会の様子

 

「2019ITU世界トライアスロンシリーズ横浜⼤会」は、山下公園周辺特設会場(山下公園スタート・フィニッシュ)にて、下記の日程で競技が行われます。

5月18日(土)
エリートパラトライアスロン/エリート⼥⼦、男⼦
19日(日)
エイジグループ(スタンダードディスタンス、スプリントディスタンス)/リレー/エイジパラトライアスロン

大会の詳細や「ISO20121認証」など、詳しくは大会ホームページをご覧ください

 

 

さて、この総会にオブザーバーとして出席された、ITU世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会2017・2018大会連覇の土田和歌子(つちだわかこ)選手が、⼩林⼀美横浜市副市⻑を訪問された様子をお伝えします。

⼟⽥選⼿は、日本⼈史上初の夏・冬パラリンピック⾦メダリストでもあります。

市庁舎では、土田選手の訪問を多くの横浜市職員がお迎えしました。  

 

なごやかな雰囲気の中、小林副市長から歓迎の言葉がありました。
「夏冬のパラリンピックに出場された土田選手に、ご訪問いただくことを楽しみにしていました。長野オリンピックから20年、アスリートとして活躍されていますね。2017大会と2018大会を連覇されていますね。横浜大会はいかがですか?また、今年の抱負はいかがですか?」

土田選手は、
「20年の選手生活ではアイススレッジ・陸上・水泳・バイクと経験していく中で、厳しさと直面しながらも楽しさを感じてやれていることが糧になっていると思います。パラトライアスロンもトライアスロンと同じコースで実施される大会を、車いすマラソンランナーとして観ていました。‟まさかあの大会に自分が”ということになり横浜大会に参加して、この大会の良さを経験したことで、トライアスロンの魅力を得られたと思います。今年の大会は、2020年に向けて多くの選手たちが参加して来ますし、これまで以上に選手層も厚くなっていくと思いますが、その中でしっかり闘っていきたいです」

「この大会を通して、自分自身成長させてもらっていると思っています。2017年大会は魅力を感じて終えられた大会でした。2018年大会で連覇できたことはそのシーズンの弾みとなり、世界第2位の成績を残すことができました。今年は三連覇がかかった大会ですが、自分自身‟挑戦心”を忘れることなく、課題をクリアして優勝を目指します!!」

と力強いコメントをいただきました。

 

 

 

 
 
                           
 
t