ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

男子プロバスケットボール新リーグ 横浜ビー・コルセアーズ1部決定!!!

8月29日(土)、一般社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JPBL)は、2016年秋に開幕する男子プロバスケットボール新リーグの1~3部階層分け発表記者会見第2弾を開催し、所属先未決定の全チームにおいて1~3部の所属階層を発表しました。

 

 

前回7月30日(木)に、新リーグ加盟申請のあった全47チームのうち、初年度の参加を認められなかった広島ライトニング(ターキッシュエアラインズbjリーグ)と和歌山トライアンズ(ナショナルバスケットボールリーグ)を除く45チームの中から、所属リーグ(1部~3部)が決定した合計20チームを発表しました。

 

しかし横浜市をホームタウンとする「横浜ビー・コルセアーズ」(ターキッシュエアラインズbjリーグ)は所属リーグが決定されず、今回の最終決定まで持ち越す形となりました。

 

 

前回同様、JPBLの発表会見はインターネットを通じて配信され、横浜ビー・コルセアーズスタッフやブースター、メディア等関係者は、インターネットパブリックビューイング会場となった「レンタル・ヨコハマ」(横浜市神奈川区)5階会議室にてその時を待ちました。

 

球団代表

 

写真左から 平野武史 取締役、岡本尚博代表取締役CEO、植田哲也 球団代表

 

 

インターネット配信

 

 

 

 

 

 

 

そして結果は・・・1部で「横浜ビー・コルセアーズ」の名前がよばれ、パブリックビューイング会場は歓喜に沸きました!!!

 

歓喜1

 

 

 

歓喜2

 

 

 

歓喜3

 

 

 

歓喜4

 

 

 

 

 

 

CEO
新リーグ階層分発表会見を受けて、横浜ビー・コルセアーズ 岡本尚博代表取締役CEO(写真)のコメント

 

 

ブースターさんのみなさま、スポンサーのみなさま、横浜市の行政のみなさま、永きにわたって応援をしてくださっている多くの方々、本当に心から感謝しております。ありがとうございます。

 

きつかったです、正直。この2~3ヶ月の間、スタッフ、株主の方や行政のみなさまにもご相談ながら、なんとか1部へということでスタートしました。

 

このままでは3部という状況の中、横浜を1部に入れると宣言して私が代表になった以上、最初の責任は果たせたのかなとホッとしている反面、やはり1部に入った以上、今日の会見を見ていても、いろんなチームの方々が1部に入ろうと努力をされて活動をされている中、横浜を選んでいただいたので、その責任は非常に感じております。

 

 

(横浜ビー・コルセアーズの)名前が(1部で)出た瞬間は、柄にもなくちょっと取り乱しましたが、5分10分と経つ中で、どんどん責任があるなと感じて、気持ちが引き締まっております。

 

特に横浜という土地と状況をふまえた上で、1部に入った横浜が1年で落ちてしまうということがないように、これから頑張っていかなければならない、より一層努力をしていかなければならない、と思っています。

 

今日は柄にもなく、ここに来る前に水風呂を浴びて参りました。仏壇にも手を合わせて参りました。あまりそういうことはしたことがない、自分のことではしないのですが、やはり応援していただいたり、力を貸していただいた方々の顔や想いというものを振り返ると、何にでもすがってみたくなるもんなんだなぁ、と思いました。

 

今日、とりあえず一旦は喜びました。けれども今日この場から新リーグ、それから今シーズンという状況に向け、より一層努力をしてまいりたいと思います。

 

ぜひまた、みなさまのお力添えをまたいただければと思います。

ここにおります球団代表の植田と新たに取締役になった平野と、この席にはおりませんがGMの小川とフロントスタッフ全員一丸となって、さらに進んでいきたいと思いますので、今後ともご声援をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

珍しく硬い挨拶をしましたが・・・やりました!やりました!!本当にやりました!!!

 

植田や石合やここにいないスタッフが、この1ヶ月2ヶ月本当に飛び回りましたし、資料を作るのも2日ぐらい徹夜をしたりと、様々なことについて取り組みました。

ブースターさんのビーコルに対する想いからすると違うのではないか、というご意見があったりするかとは思いますが、フロントの力が問われるところで、1部に入るといってスタートした以上、入らないわけにはいかないので出来ることは全部やりました。

 

その中でビーコルがそういうことするのはどうなの?とか、あるいはその方向は違うのではないかとか、ご協力いただける方の中でもいろいろご意見があったと思いますが、とりあえずはまずここを乗り切る、それからいろいろやっていければいいかなと思っていました。

 

ご批判は全て私の責任です。この状況においてはいろいろあったと思いますが、そこについては全て私が判断してやったことですので、ご理解をいただければと思います。

 

ここから先はまたあらたな形で、まずは(1部に)滑り込んだというところがあります。
が、しかしまずは結果です。ここで結果が1部というものがとれたので、より良いチームより強いチーム、そしてよりみなさまに愛されるチームになっていくために努力していくつもりです。

 

これからもみなさんと一緒に横浜ビー・コルセアーズというチームとして一丸となって進んでいければいいと思います。

 

まずは神奈川ダービーですかね。東芝さんと良い試合をしたいと思います。

 

さらには私が2年前に引き継いだ時に「5年で日本有数のビッククラブにする」と、それには3年で正常な状態に戻すという話をしました。

 

今年は3年目になります。統合に動くのが1年早くなりましたが、なんとか3年で正常な状態、強いチームの片鱗を残してそこから3年、チームを引き継いだ時に話をしてから5年後、横浜ビー・コルセアーズというチームがバスケットボールチームの中で数えていった時に、すぐに出てくるようなチームにしていきたいと思います。

 

今の段階では、川淵さんがおっしゃったように「大逆転」というぐらいで、最初(1部入り候補の)勘定にも入れてなかったと言われてましたが、まぁそのとおりだと思います。普通に考えればそうい状況だったと。

(発表会見の中で「大逆転のチームもあった」と川淵理事長から発言があり、
会見後の質疑応答で記者から、差し支えなければ「大逆転のチーム」を教えてくださいと質問があり、川淵理事長は「横浜ビー・コルセアーズ」と回答しました。)

 

本当にみなさまが横浜のチームを愛して、1部に入れたいんだ!!!というふうに思っていただいた方が多くいたというところが正直なところです。

横浜ビー・コルセアーズを好きで応援してくれた方々、横浜を1部に入れたいんだと思ってくれたみなさま、スポンサーや株主の方々、行政のみなさまのお力が届いたんだと思います。

本当にどうもありがとうございました。

 

集合写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回発表があったチームは下記のとおりです。

 

1部(6チーム)
横浜ビー・コルセアーズ
日立サンロッカーズ東京
新潟アルビレックスBB
滋賀レイクスターズ
富山グラウジーズ
レバンガ北海道

 

 

2部(13チーム)
岩手ビッグブルズ
パスラボ山形ワイヴァンズ
サイバーダインつくばロボッツ
群馬クレインサンダーズ
東京エクセレンス
アースフレンズ東京Z
信州ブレイブウォリアーズ
西宮ストークス
広島ドラゴンフライズ
島根スサノオマジック
熊本ヴォルターズ
大分・愛媛ヒートデビルズ
レノヴァ鹿児島

 

 

3部(6チーム)
埼玉ブロンコス
東京海上日動ビッグブルー
東京サンレーヴス
東京八王子トレインズ
金沢武士団
ライジング福岡

 

※1・2部は東、中、西地区の3カンファレンス制で、各部の昇降格も毎年行われる。

 

詳細は公益財団法人日本バスケットボール協会ホームページをご覧ください。

 

 

 

 
 
                           
 
t