ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

13年ぶりに2002FIFAワールドカップのマスコットが登場

6月11日(木)に日産スタジアムで開催された、「キリンチャレンジカップ2015」日本代表 vs イラク代表は、日本代表が4-0で快勝しました。

その試合において、2002年6月に日本中が熱狂した「2002 FIFAワールドカップ」の決勝戦会場ならではの演出がありました。

 

キックオフの1時間前、場内に流れてきたのが懐かしい2002年のFIFAアンセム。

そして、大型スクリーンに映し出されたのが、13年ぶりに登場した「2002 FIFAワールドカップ」の公式マスコット「スフェリックス™」3体(アトー、キャズ、ニック)でした。

思いもよらないマスコット登場に会場からは大きな歓声が湧き上がりました。

 

ワールドカップの後、マスコットたちはどこにいたのでしょう。

 

実は日産スタジアムボランティアが、マスコットを大切に管理していました。

4月の就任後、この事実を知り感激した小倉純二日産スタジアム名誉場長は、再登場の場を「キリンチャレンジカップ2015」と即決しました。

試合当日、日本サッカー協会の皆さまの多大なるご配慮により、マスコットたちはピッチから観客席の皆さんへ愛嬌を振り舞いて会場を盛り上げ、見事にロシア大会を目指すサムライブルー(日本代表)にエネルギーを注入したのです。

 

 

マスコット登場
「カラッペ」と「カララ」(JFAマスコット)と一緒に登場した(左から)アトー、キャズ、ニック

マスコット登場2

小倉純二名誉場長(写真右)、ボランティア代表の安田さん(写真中央)とマスコットたち

 

 

 

 

 
 
                           
 
t