ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

日本リトルシニア野球選手権で優勝した青葉緑東リトルシニアが市長表敬

by :スポーツ情報センター:sekki

 中学生の硬式野球日本一を決める「第38回日本リトルシニア野球選手権大会」で、青葉区を活動拠点としている「青葉緑東リトルシニア」が3年ぶり3回目の優勝を果たしました。9月17日(金)、その優勝報告のため、横浜市役所を訪れ、林文子横浜市長を表敬訪問しました。

林文子・横浜市長(右)をはじめ市職員の拍手で歓迎を受けました。

  長行寺典明会長
「今年は特に暑い中、選手たちがとてもがんばってくれたおかげで優勝という結果を残すことができました。これからもがんばっていきたいと思います。」

  中丸敬治監督
「本日市長へ(優勝の)ご報告ができることをとても光栄に思っております。またこの場所に来れるようにがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

 25名の選手一人ひとりから自己紹介と今大会の感想がを述べられました。「最高の仲間と一緒に最高の結果を残せてよかった」と、優勝という結果とともにすばらしいチームメイトとプレーができたことを誇らしく話していた選手の言葉が印象的でした。

  林文子 横浜市長
「優勝本当におめでとうございます。横浜市長として皆さんを誇りに思います。今年は例年にない猛暑でしたがその中で勝ち抜いたことに感動しました。この優勝の感激を忘れないで、勉強や生活も楽しんでほしいと思います。」

林市長からのお祝いの言葉に緊張気味の選手たち

大会の写真をじっくり眺める林市長

林市長と選手たちとの和やかな懇談

本当におめでとうございます!


第38回日本リトルシニア野球選手権大会

主催:財団法人全日本リトルシニア野球協会リトルシニア委員会(http://www.littlesenior.jp/)
期間・会場:平成22年8月2日〜6日 横浜スタジアム、明治神宮野球場 ほか
出場方法等:全国各地方連盟の代表32チームによるトーナメント戦
決勝戦:青葉緑東 2 対 0 神村学園(九州)

今大会における個人表彰選手(敬称略)
最優秀選手賞&最高打撃賞:坂本秀仁(投手)  優秀選手賞:関口明大(三塁手)
ベストナイン:鈴木航介(捕手)、田村涼太(一塁手)、楠本泰史(二塁手)、大下拓馬(遊撃手)

青葉緑東リトルシニア(あおばみどりひがし) (http://home.catv.ne.jp/dd/yokyuki/mhTOP.htm)
設立年度:1967年  活動拠点:横浜市青葉区美しが丘西
日本選手権優勝:2回(第25回(H9)、第35回(H19))

 
 
                           
 
t