ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

2009春・慶應ナインのセンバツ【2】 引き継がれる背番号1(後編)

by :千葉 陽子

 第81回選抜高校野球大会(3月21日から12日間。甲子園)に出場する慶應高校野球部。前編に引き続き、エースの存在を見つめる。

輝く!1年生

 昨年秋の関東大会で選抜出場を確実にして、続く明治神宮大会で日本一に輝いた慶應。そのマウンドに上がったのは、エースの白村明弘投手(2年)だけではなかった。

 瀧本健太朗投手と明大貴投手。秋の県大会6試合を一人で投げぬき、その後疲労性の腰痛に苦しんだ白村投手に代わってマウンドを守ったのは、2人の1年生ピッチャーだった。

甲子園でも活躍が楽しみ!瀧本健太朗投手(左)と明大貴投手(右)

 2人の秋の活躍を振り返る。明治神宮大会の初戦では、明投手が3安打2失点の完投勝利。全国屈指の右腕、光星学院(青森)の下沖勇樹投手に投げ勝った。

 続く準決勝の鵡川(北海道)戦は瀧本投手が6安打完封勝利。瀧本投手は、「公式戦初登板だった関東大会(準決勝・前橋商)はある程度開き直れましたが、神宮では抑えなければという意識が強かった。その中で結果を出せたことは良かったです」と自信をつかんだようだ。

 同じ学年の瀧本投手と明投手は、「普段は仲がいい。しかし練習の時はお互いが刺激し合っている」関係。将来のエースの座を懸けて競うライバルと思いきや、「今は先輩たちに貢献できるように頑張ることしか考えていません」と力を込めた瀧本投手。目の前の選抜に向かって、明投手と全力投球だ。

秋の日本一に輝いた明治神宮大会に登板した瀧本投手(左)と明投手(右)

夢の甲子園

 野球が好きな子どもたちにとって、甲子園は憧れの地。小学2年生で野球を始めた瀧本投手も例外ではなく、特に2005年第77回大会で45年ぶりに選抜に出場した慶應の試合が強く心に残ったという。当時のエース中林伸陽投手(現・慶大)は、瀧本投手と同じ世田谷西シニアの出身。「シニア時代に何度か指導してもらった中林さんの存在が、慶應に進むことに大きく影響しました」。

 目標の人が立ったマウンドに、自身もぐっと近づいた。「大観衆の甲子園で投げることは夢のよう」。もちろん現在のエース、白村投手の存在も大きい。「白村さんは気持ちがとても強くて、試合で闘争心がある。チームの大黒柱であり、精神的な支えでもある白村さんに少しでも近づけるように頑張りたい」。

選抜を確実にした関東大会で。白村投手(後列右端)、瀧本投手(同・右から3人目)、明投手(同・左端)

マウンドは譲らない

 白村投手自身も、「秋の優勝は2人(瀧本、明投手)がいなかったらできなかったと思う」と存在の大きさを認めている。しかし、「自分は今、エースという気持ちが強い。全試合完投するくらいの勢いでいく。2人が投げる機会はあると思いますが、マウンドは譲りたくない」と決意を固めている。

 エースの証、背番号「1」。白村投手、瀧本投手がその胸に「KEIO」への憧れを刻んだ4年前の選抜で、エースナンバーを背負ったのは中林投手。そして昨年春夏連続甲子園でチームの中心にいた田村投手は、白村投手が誰よりも尊敬する存在だ。

 まもなく迎える2009年の選抜。早稲田実(東京)の出場により、選抜史上初の早慶戦へ期待が高まる中、慶應には例年以上の注目が集まっている。「プレッシャーを受けるのは大歓迎」と頼もしい白村投手。次の世代のエースへ。そして未来の高校球児へ向けて。背番号1の新たな伝説がこの春、幕を開く。

選抜正式決定を受け、記者会見に臨む白村投手。背番号1の新たな伝説が始まる

☆選手の横顔☆

 18人の甲子園出場メンバーが決定。いよいよ選抜が近づいてきました。現在選手たちは試験期間中。「勉強と野球以外のことをする余裕がないんです…」と瀧本投手がポツリ。「でも、野球は楽しいです」とすぐに爽やかな笑顔を見せてくれました。瀧本投手の好きなことは、意外にも?箱根駅伝!「襷をつなぐ瞬間が大好きなんです」。いつか沿道で応援してみたいそうです。一人っ子の瀧本投手は、「今までお世話になった両親に、甲子園で恩返しができるように頑張りたい」と宣言。その言葉だけでも親孝行と思いましたが、心優しい1年生の大舞台が楽しみです。

 そして今や、数々の高校野球関連誌の表紙を飾るエース白村投手。甲子園は夢のプロ野球選手に近づく大切な舞台と言えるでしょう。好きなプロ野球チームは楽天。「ピッチャーの育成能力が優れてますよね。野村(克也)監督の下で野球がやりたい。人間的に特徴のある人が好きです」と瞳を輝かせていました。ピンチの時も「いつでも明るく」がモットーの白村投手、この勢いで甲子園も突き進んでほしいですね。

甲子園もエンジョイ・ベースボールで突き進む!

【関連記事】

甲子園への一歩、慶応高校野球部新チームの挑戦

(前編)https://www.hamaspo.com/news/bmid_2008102113522600001

(後編)https://www.hamaspo.com/news/bmid_2008102810572200001

※選手の学年は2月13日現在

※写真の転載は固くお断りします

 
 
                           
 
t