ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

第19回横浜武道合同演武会

 

 体育の日を中心に横浜市内各地で開催されている「横浜元気!! スポーツ・レクリエーションフェスティバル2017」の一部である「第19回横浜武道合同演武会」が、10月9日(月・体育の日)に南スポーツセンターで行われました。

 

 

 この演武会は、(公財)横浜市体育協会加盟10武道団体(横浜市剣道連盟、横浜市弓道協会、横浜市柔道協会、横浜市相撲連盟、横浜市なぎなた連盟、横浜市空手道連盟、横浜市太極拳協会、横浜市少林寺拳法連盟、横浜市合気道連盟、横浜市日本拳法連盟)による「心・技・体」が一つとなった演武の発表と、どなたでも参加することができる体験コーナーに、今年も多くの来場者でにぎわいました。

 

横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル2017実行委員会

山口 宏 会長 (公益財団法人横浜市体育協会会長)

「今年で横浜武道合同演武会は、19回を迎えました。多くの武道団体の皆様のご尽力で開催できたこと大変うれしく思います。また3年後の平成33年10月には「横浜武道館」が誕生します。ぜひ新しい武道館で開催できる日を楽しみに、これからも日ごろの練習や鍛錬を通じて、横浜をスポーツで元気に盛り上げて行きたいと思います。」

 

横浜武道合同演武会運営委員会

小川 肇 委員長

「今日、盛大に開かれることを心から喜ぶしだいです。平成24年に武道は中学校で必修化され、中学校学習指導要領の中で生涯学習の一環として『生きる力を育む』としたテーマで教育の現場で取り組まれました。各団体の皆さんは、今後も邁進して欲しいです。」

 

 

会場にはご来賓として、横浜市会武道振興議員連盟、神奈川県武道連絡協議会、神奈川県議会武道振興議員連盟の皆さまが駆けつけていただきました。

 

横浜市会武道振興議員連盟

花上 喜代志 会長

(左より、横浜市会武道振興議員連盟 斉藤 達也 副会長、高橋 正治 副会長、渋谷 健 幹事長)

 

神奈川県武道連絡協議会

長谷川 欣一 会長

 

神奈川県議会武道振興議員連盟

松田 良昭 会長

 

 

日本拳法

勝負稽古(成人・年少)、礼演武、技紹介、形演武を披露しました。

 

 

合気道

基本技演武、自由技演武、護身術の演武、武器に対する演武を披露しました。

 

 

柔道

古式の形、模範演武及び乱取りを披露しました。

 

 

相撲

基礎運動、基本動作、競技、ぶつかり稽古を披露しました。

 

 

少林寺拳法

組演武、単独演武、団体演武、運用法を披露しました。

 

 

空手道

四大流派による基本、形の演武を披露しました。

 

 

弓道

審査における行射を披露しました。

 

 

太極拳

簡化24式太極拳、東岳太極拳一路、東岳剣、刀を披露しました。

 

 

剣道

木刀による剣道基本技稽古法、基本稽古を披露しました。

 

 

なぎなた

基本振り、しかけ・応じ、直心影流薙刀術、全日本なぎなたの形、試合稽古を披露しました。

 

 

 最後は、横浜武道合同演武会運営委員会の副委員長の号令で、参加者全員が「礼」をして閉会となりました。

 

横浜武道合同演武会運営委員会

倉又 明美 副委員長

 

 

 当日参加できる体験会では、多くの方々が10の武道に触れ合いました。

                 

 

 参加された方の中には「自分でも新しく始められるスポーツを探しにきました。」や、「いろいろな武道を体験できて楽しかった。」と参加者はさまざまな武道を楽しんでいました。

 また、他の武道団体との交流もあり、貴重な機会となっていました。

 

 

 
 
                           
 
t