ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「第10回全日本ジュニアテコンドー選手権大会」入賞選手が柏崎副市長を訪問

 平成29年9月1日(金)に横浜市役所本庁舎で「第10回全日本ジュニアテコンドー選手権大会キョルギ種目」に選手として出場した子ども達が、柏崎副市長に入賞した結果報告をしました。


 

 本大会は7月29日(土)と30日(日)に長野県松本市総合体育館で行われ、訪問した選手が入賞したキョルギ種目は30日に行われました。

 試合時間は2分×3ラウンドで、小学生から高校生まで、男子・女子のそれぞれ37階級に分かれて行われます。

 試合の勝敗は技の種類により決められたポイントを多く取得した選手が勝ちとなります。

 

 柏崎副市長は「この成績を収めるのに、そうとうな努力をされたことと思います。皆さんの好成績は、日本チームのモチベーションを押し上げます。テコンドーはオリンピック種目でもありますし、3年後の皆さんの活躍が楽しみです。おめでとうございます。」とお祝いの言葉を述べられました。

 
 
【来訪したコーチと選手の皆さん】

姜炫淳(かんひゅんすん)氏(師範 炫武館館長 JOC強化指定コーチ)
 
 

(写真左)大岡 歩夢(おおおかあゆむ)選手 小学6年生男子38kg級 3位

(写真右)田中 舞穂(たなか まほ) 選手 小学6年生女子43kg級 2位

 

 

(写真左) 村上 智奈(むらかみ ちな)選手 中学生女子47kg級 優勝

(写真右) 時田 里緒(ときた りほ)選手  小学6年女子33kg級 優勝
 

 

(写真左)芹澤 美郁(せりざわ みく)選手 中学生女子47kg級 3位

(写真右)芹澤 美佳(せりざわ みか)選手 小学2年生女子   3位

 

 選手の皆さんは「本大会の入賞をステップに、次の大会もがんばりたい」「中学生になっても続け、優勝をねらいたい」と意気込みを語ってくれました。

 
 

【テコンドーを披露】

 
 

【柏崎副市長と記念写真】

 
 
                           
 
t