ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会 チャリティーエントリーによる募金を「日本郵船氷川丸」に寄附

 

 7月18日に2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会は、山下公園に係留している「氷川丸」を管理している日本郵船株式会社へ寄附を行った。

 

 この寄附は、2017年5月13日(土)、14日(日)に開催された「2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会」で、市内の歴史的建造物等の保全に寄与することを目的に、参加料の一部を寄附に充てるチャリティーエントリー枠(150名)を設け募集した。(寄附金は、参加料の一部10,000円)

 

 寄附先の選定理由は、山下公園前海域のスイムコースで選手を見守り続けているシンボル「氷川丸」の保全等に寄与し、国の重要文化財として保存されている事や、船齢100歳を迎える2030年に向けた機運の高まりに期待を寄せることとした。

 

出席者(左から)

日本郵船株式会社 歴史博物館・氷川丸グループ 氷川丸チーム長 酒井 祐次郎

日本郵船株式会社 横浜支店長 阿部 且

日本郵船株式会社 歴史博物館・氷川丸グループ長 大須賀 由紀

日本郵船氷川丸船長 金谷 範夫

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会副会長 山口 宏

公益社団法人日本トライアスロン連合理事 園川 峰紀

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会委員 濱 陽太郎

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会委員 岡田展生

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会事務総長 大久保挙志

 

 

 日本郵船氷川丸は、戦前・戦後と主にシアトル航路を就航し1960年(昭和35年)の最終航海を経て横浜に戻り、横浜のシンボルとして現在の山下公園へ係留。戦前より現存する貨客船であり、インテリアを含め貴重な産業遺産として、2003年(平成15年)に横浜市の有形文化財、2016年(平成28年)8月に国の重要文化財に指定されている。

 

 

 日本郵船氷川丸 金谷範夫船長は、「氷川丸の保全に対して、今回このような寄附をいただけることに感謝しています。この寄附金を有効に活用して氷川丸の保全に努め、横浜市を一緒に盛り上げたいと思います」と話した。

 

 

 贈呈を行った同組織委員会 山口宏副会長(横浜市体育協会会長)は、「私は子どもの頃、遠足で氷川丸に来た思い出があります。その氷川丸がこの先、100年、120年と存続して欲しいです。」と語った。

 

 

 また、立会人として出席した(公社)日本トライアスロン連合 園川峰紀理事は、「スイムコースで選手を見守り続けている[氷川丸]は、海の女神として今後も選手を見守り続けて欲しい」と語った。

 

 

寄附金額

1,500,000円

※チャリティーエントリー募集人数150名、寄附金1人10,000円

 

2017世界トライアスロンシリーズ横浜大会

5月13日(土)、14日(日)開催

 

 
 
                           
 
t