ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

横浜ビー・コルセアーズ2016-2017ホーム最終戦

 2017年5月3日(水祝) 「横浜文化体育館」において、 横浜ビー・コルセアーズ vs. 三遠ネオフェニックス戦が、開催されました。

 

 最後のホームゲーム、多くのブースター(来場者数3,109名)が横浜の地に駆けつけました。

 しかし、惜しくも横浜 61 − 77 三遠で、レギュラーシーズンホーム最終戦での勝利を逃し、残留プレーオフへの出場が決まった試合となりました。

 

 

 

 

 今シーズンは、ブースターのほかに、”音楽”がチームを支え、共に盛り上げました。

 

 ホーム最終戦では、闘いの前には、横浜出身のドラムパフォーマンス集団「鼓和-core-」、公式チアリーディングチーム「B-ROSE」、オフィシャルブースターソングを唄う「Eyes’」、が会場を盛り上げました。

 そして、Tip-Off前には、「ナカザワ・キネン野庭吹奏楽団」による、生演奏で試合開始のファンファーレが高らかと鳴り響きました。

 

ドラムパフォーマンス集団「鼓和-core-」

 

 

オフィシャルブースターソングを唄う「Eyes’」

 

 

「ナカザワ・キネン野庭吹奏楽団」

 

 

 ハーフタイムでは、チームオフィシャルソングを唄う「宮脇詩音」のmini LIVEがあり、公式チアリーディングチーム「B-ROSE」「B-ROSEユース」が、華やかに会場を盛り上げ、後半戦へと会場が一つとなりました。

 

      

チームオフィシャルソング「宮脇詩音」    「B-ROSEユース」

 

公式チアリーディングチーム「B-ROSE」

 

 

 多くのブースターは、選手と共に闘いましたが、第3Q(クオーター)では、点が入らず点差を広げられて、そのまま敗戦となってしまいました。

 

 

 

 試合終了後は、ホーム最終のセレモニーがあり、今シーズンも多くのブースターに支えられて戦ってきたことを、キャプテン#13山田 謙治選手、ヘッドコーチ尺野 将太氏、球団代表 植田 哲也氏が、それぞれの言葉で感謝を表していました。

 

 最後に、この試合を最後まで観戦していた多くのブースターと共に、コートに入っての記念撮影が実施され、ホームゲーム最後の選手との交流がありました。

 

 

 

 

 

次シーズン以降の「Bリーグ1部」の舞台で闘う権利をかけ、5月13日(土)、14日(日)に「B1 残留プレーオフ 1回戦 2016-17」、そして、5月19日(金)に「B1 残留プレーオフ 2回戦 2016-17」に臨みます。

 

「B1 残留プレーオフ 1回戦 2016-17」

第1試合:5月13日(土)18時05分Tip-Off
第2試合:5月14日(日)14時05分Tip-Off
※第2試合終了時点で1勝1敗の場合、特別ルールによる5分前後半の第3試合を「5月14日」に実施

対戦相手:秋田ノーザンハピネッツ

試合会場:CNAアリーナ★あきた

 

「B1 残留プレーオフ 2回戦 2016-17」

試合日時:5月19日(金)19時05分Tip-Off

試合会場:国立代々木競技場 第二体育館

 

「B1 残留プレーオフ 2016-17」開催概要ならびに観戦チケットについては、こちらをご確認ください。

 

 

 
 
                           
 
t