ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

第14回横浜F・マリノスカップ~電動車椅子サッカー横浜大会~開催!

 

 

 平成29年1月21日(土) 障害者スポーツ文化センター 横浜ラポールにおいて、「第14回横浜F・マリノスカップ~電動車椅子サッカー横浜大会~」が開催されました。

 

集合写真

 

 

 この大会は、横浜市における電動車椅子サッカー競技の普及、他地域との交流や選手育成を図ることを目的に横浜マリノス株式会社が主催し開催しています。

 

 競技は、6キロカテゴリーに加え、今回から新設の10キロの2カテゴリーに分かれ開催されました。

 

 日本で行われる大会の多くは電動車椅子の車速「6㎞/h」で、道交法で車道を走れる速度です。世界(W杯など)では「10㎞/h」の車速で対戦します。

 

 今大会から横浜マリノス株式会社が主催ということもあり「横浜から世界」を目指す大会に位置づけ、10キロカテゴリーが新たに加えられました。

 

 試合は各カテゴリーで4チームずつのトーナメント戦を行います。試合時間は20分ハーフ・10分休憩・ロスタイムなしで行われました。後半戦終了時点で同点の場合はPK戦で勝敗を決定します(PK戦の5人目以降はサドンデス・5mPK一巡で決しない場合は抽選とする)。その他、パワーチェアーフットボール競技規則および国内規定に準じ競技が行われました。

 

プレー2

 

プレー3

 

プレー1

 

 

 

●「10キロカテゴリー」出場チーム
Yokohama Crackers(神奈川県)YOKOHAMA BayDream(神奈川県)FCクラッシャーズ(長野県)Wings(長野県)

 

●「6キロカテゴリー」
BLACK HAMERS(埼玉県)
(千葉県)バレッツ(長野県)神奈川連合チームグレイズ

 

 

 また「電動車椅子サッカー体験会」が開催されました。これは、障がいのあるなし関係なく参加ができ「知る」「見る」だけでなく、ぜひ「乗って」電動車椅子サッカーの操作を体験するというもので、体験者からは「難しい!」との声が多くあがりました。

 

体験1 体験2

 

 

 そのほか、電動車椅子サッカーとラリーを楽しむコーナーがあり、ゴールが決まるとハイタッチをしてお互いを称えあっていました。

 

体験3 体験4

 

 

 

 迫力あるプレーを観戦し、実際に電動車椅子を体験することもでき、選手も観戦者も一体となって盛り上がった大会となりました。

 

 

【大会結果】
●「10キロカテゴリー」
優勝:FCクラッシャーズ
準優勝:Yokohama Crackers
3位:Wings
4位:YOKOHAMA BayDream

 

●「6キロカテゴリー」
優勝:BLACK HAMERS
準優勝:バレッツ
3位:神奈川連合チームグレイズ
4位:クローバーズ

 

 

 電動車椅子サッカーの大会を観たい方は、平成29年3月18日(土)11:00~18:00トッケイセキュリティ平塚総合体育館で「第20回ドリーム・カップ」が開催されます。日本最強のクラブを決定する夢のカップ戦です。ぜひともご観戦ください。

 

集合写真2

 

 

 
 
                           
 
t