ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

日立サンディーバ、下剋上への第一歩【第49回日本女子ソフトボールリーグ決勝トーナメント】

 

 

 第49回日本女子ソフトボールリーグ決勝トーナメントが平成28年11月26日(土)、明治神宮野球場で開幕しました。

 

 リーグ戦の成績上位4チームによる決勝トーナメント、横浜市を拠点に活躍する「日立サンディーバ」は4位に滑り込み、目標としていた5年ぶりの決勝トーナメント出場を決めていました。

 

 日立サンディーバは、リーグ戦3位のビックカメラ高崎との対戦。

 

 

 大事な一戦、 日立サンディーバの先発は小薗美希投手。


【今シーズン8勝と大きく飛躍した小薗美希投手が大舞台の先発を任される】

 

 連覇をかけて戦うビックカメラ高崎の先発は、今シーズン前人未到の200勝を達成した日本のエース・上野由岐子投手。

 

 試合が動いたのは2回。

 日立サンディーバが、7番・田邊奈那選手のレフトオーバーの2点本塁打で先制。

【先制ホームランの田邊奈那選手(背番号9番)を迎える選手と大盛り上がりのスタンド】

 

 日立がピンチを迎えたのは4回表。

 四球と内野安打でノーアウトランナー1・2塁のピンチ。相手に送りバントを許さず、1アウト1・2塁で、ビックカメラ高崎6番・柳内春菜選手は1・2塁間を痛烈に切り裂くライト前ヒットを放ちますが、ライト・長谷川千尋選手の好返球で2塁ランナーはホームバックアウト。相手に流れを渡さないビッグプレーが飛び出しました。

20161127_全日本 (302) 20161127_全日本 (311)

【ライト・長谷川千尋選手の好返球はこの試合を左右するビッグプレーとなった】

 

 大きなピンチを防いだ日立サンディーバは、その裏、5番・那須千春選手のセンター前ヒットからチャンスを作り、1番・山田恵里選手のスリーランホームランなどで4点を奪い、6-0とし、相手の大エース・上野由岐子はこの回で降板となりました。

えのきどいちろうの横浜スポーツウォッチングvol.51「ライジングスター」に登場いただいた那須千春選手もチャンスを広げる活躍】

 

20161127_全日本 (382)

【さすが中心選手! 日本代表でともに戦う上野由岐子投手を打ち砕く一発】

 

 その後さらに追加点をあげて、7-0で迎えた最終回、粘るビッグカメラ高崎に2本のホームランを浴び、7-4と追い上げられるも、後続を抑えて勝利。

 

20161127_全日本 (633)

【応援席に勝利の挨拶と感謝の気持ちを込めて】

 

 日立サンディーバは、27日(日)の第1試合で、敗者復活戦に回ったリーグ戦2位の太陽誘電ソルフィーユと対戦、この試合に勝利すれば、リーグ戦1位のトヨタ自動車レッドテリアーズとの決勝での対戦となります。

 

 1つ目の目標だった5年ぶりの決勝トーナメント進出を成し遂げたチームが目指すのは、リーグ戦4位からの「下剋上」…2000年以来の日本一を目指した戦いはまだ続きます。

 

 

【第49回日本女子ソフトボールリーグ 決勝トーナメント2日目】

 平成28年11月27日(日)

 10:30~ 3位決定戦

 太陽誘電ソルフィーユ(リーグ戦2位) vs 日立サンディーバ(同4位)

 

 13:30~ 決勝戦

 トヨタ自動車レッドテリアーズ(リーグ戦1位) vs 3位決定戦勝者

 
 
                           
 
t