ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード

arrow_attract スポーツサークル情報・街の指導者(人材)情報登録のご案内

arrow_attract 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係るイベントなどの開催可否は、各施設・各主催者にご確認ください。

arrow_attract 屋内スポーツ施設の臨時休館について(横浜市のページにリンクしています)

 
    お知らせ&トピックス

17名の 「こどもスポーツ記者」 が感動を伝える

 

 「こどもスポーツ記者事業」 は、2018ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会のキッズプロジェクトの一環として、子どもたちにスポーツ記者の体験を提供する事業です。

 トップレベルのスポーツを身近に感じ、夢と希望をもち心豊かに成長してもらえるよう、大会組織委員会と連携して事業を実施しています。
 

 

 参加者は、大会前日にカメラの使い方・記事の書き方・取材の仕方を学び、当日はレース・表彰式などの撮影、またエリートパラトライアスロン選手へ直接インタビュー取材を行いました。
 

 この度、こどもスポーツ記者17名が大会を通じて感じたこと、選手の取材から学んだことなど、多くの人に伝えたいことをまとめた 「横浜こどもスポーツ新聞」 を発行し、市内小学校5・6年生全員へ配布しました。
 
 
【横浜こどもスポーツ新聞】



 
【配布場所】
市立小学校(339校)、市立中学校(2校)
義務教育学校(2校)、特別支援学校(1校)
市外小学校(1校)、私立小学校(1校)
 
【配布対象】
市立小学校5・6年生全児童、こどもスポーツ記者参加者(学校)
 
【内容】
こどもスポーツ記者として活動したこどもたち17名の
■大会を通じて見たこと、感じたこと
■エリートパラトライアスロン選手へ取材して思ったこと
■いろいろな人にこどもスポーツ記者として伝えたいこと など
 
【協力】
デジタル一眼レフカメラ他機材貸出など/株式会社 ニコン イメージング ジャパン
記事作成指導、新聞制作/株式会社日刊スポーツ新聞社