ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはま 2009 JUNE Vol.13

チャレンジ!トライアスロン世界大会への軌跡

協力●横浜市トライアスロン協会、2009横浜国際トライアスロン大会等実行委員会 文●伊藤功顕

 横浜開港150周年記念事業として今年8月に山下公園周辺で開催される「2009トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会」、「世界キッズトライアスロン大会」への出場を目指す6人の挑戦者たちのがんばりを半年間にわたってお伝えします。 

トライアスロン認定記録会

三浦彩夏選手アジアカップメコン大会優勝
三浦彩夏選手アジアカップメコン大会優勝

  メンバー6人は、8月に迫ったトライアスロンの世界大会への出場、さらには本大会での上位入賞を目指し、それぞれ練習を続けるとともにレースや記録会に参加してきました。
  そして、3月31日には「神奈川県トライアスロン認定記録会」(神奈川県トライスロン連合主催主管・横浜市トライアスロン協会主管)が、日産スタジアムと横浜市スポーツ医科学センターにて開催されました。
  この記録会は、世界大会出場の選考基準の一つとなっているため、例年より多い総勢103名が参加しました。その中で初めて記録会に参加した西田夕海・陽波姉妹、宮崎哲雄・建悟兄弟の各選手は、最初の説明会から緊張気味の様子…。結果はというと、4人ともランニングでは素晴らしい走りでしたが、水泳はもう少し練習すればもっといい記録が出そうです。さらに練習を重ねて5月の認定記録会に再度チャレンジすることになりました。
  8月の本大会で上位入賞を目指す浅海選手、三浦選手は、ジュニア強化指定認定基準記録を見事突破!世界大会出場に向け、はずみをつけました。 ※三浦選手は、この日にタイ・メコンに海外遠征していましたので他県での記録会の結果です。

浅海健太選手
浅海健太選手

西田姉妹かるがもファミリーマラソン参加
西田姉妹かるがもファミリーマラソン参加


スイムミル体験

  メンバーは、5月の認定記録会に向け、水泳のフォーム改善を図るため、スポーツ医科学センターのスイムミル(水泳のフォームを横からと上から見ることのできる装置)を使って撮影を行い、スポーツ医科学センターの丸谷さんほかプール指導員から、泳いでいる映像を一緒に見ながらフォームのアドバイスを受けました。
  普段自分の泳ぎを見ることのなかったメンバーたちは、手の入水位置や頭の位置、キックの幅などアドバイスを頭に入れながら、25mのインターバル練習を繰り返し、フォームの確認を行いました(1回の練習で約1,500mも泳ぎました!)。
  撮影したDVDは自宅でも見て研究することができるように、それぞれ持ち帰りました。
  メンバー6人は、もう一度行われるトライアスロン認定記録会に向けて猛特訓を続けています。

これがスイムミルだ!
これがスイムミルだ!

撮影アドバイスを受ける宮崎兄弟
撮影アドバイスを受ける宮崎兄弟


キャプテンわん

フォームが一目でわかります!
フォームが一目でわかります!


あなたもスイムミルでフォームチェック! 参加者募集!
  水泳の苦手な方はもちろん、記録の伸び悩んでいる方など、水泳フォームをチェックしたい人は、スイムミルを体験してみましょう。撮った映像を見ながら専門スタッフのアドバイスが受けられます。
  撮影してもらったDVDを持ち帰ることが可能です。 
料金 1回2,500円(医科学センター教室参加者は1回1,500円)
予約・問合せ先 横浜市スポーツ医科学センター  TEL. 045-477-5050

チャレンジ!トライアスロン世界大会への軌跡

協力●横浜市トライアスロン協会、2009横浜国際トライアスロン大会等実行委員会 文●伊藤功顕

 横浜開港150周年記念事業として今年8月に山下公園周辺で開催される「2009トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会」、「世界キッズトライアスロン大会」への出場を目指す6人の挑戦者たちのがんばりを半年間にわたってお伝えします。 

トライアスロン認定記録会

三浦彩夏選手アジアカップメコン大会優勝
三浦彩夏選手アジアカップメコン大会優勝

  メンバー6人は、8月に迫ったトライアスロンの世界大会への出場、さらには本大会での上位入賞を目指し、それぞれ練習を続けるとともにレースや記録会に参加してきました。
  そして、3月31日には「神奈川県トライアスロン認定記録会」(神奈川県トライスロン連合主催主管・横浜市トライアスロン協会主管)が、日産スタジアムと横浜市スポーツ医科学センターにて開催されました。
  この記録会は、世界大会出場の選考基準の一つとなっているため、例年より多い総勢103名が参加しました。その中で初めて記録会に参加した西田夕海・陽波姉妹、宮崎哲雄・建悟兄弟の各選手は、最初の説明会から緊張気味の様子…。結果はというと、4人ともランニングでは素晴らしい走りでしたが、水泳はもう少し練習すればもっといい記録が出そうです。さらに練習を重ねて5月の認定記録会に再度チャレンジすることになりました。
  8月の本大会で上位入賞を目指す浅海選手、三浦選手は、ジュニア強化指定認定基準記録を見事突破!世界大会出場に向け、はずみをつけました。 ※三浦選手は、この日にタイ・メコンに海外遠征していましたので他県での記録会の結果です。

浅海健太選手
浅海健太選手

西田姉妹かるがもファミリーマラソン参加
西田姉妹かるがもファミリーマラソン参加


スイムミル体験

  メンバーは、5月の認定記録会に向け、水泳のフォーム改善を図るため、スポーツ医科学センターのスイムミル(水泳のフォームを横からと上から見ることのできる装置)を使って撮影を行い、スポーツ医科学センターの丸谷さんほかプール指導員から、泳いでいる映像を一緒に見ながらフォームのアドバイスを受けました。
  普段自分の泳ぎを見ることのなかったメンバーたちは、手の入水位置や頭の位置、キックの幅などアドバイスを頭に入れながら、25mのインターバル練習を繰り返し、フォームの確認を行いました(1回の練習で約1,500mも泳ぎました!)。
  撮影したDVDは自宅でも見て研究することができるように、それぞれ持ち帰りました。
  メンバー6人は、もう一度行われるトライアスロン認定記録会に向けて猛特訓を続けています。

これがスイムミルだ!
これがスイムミルだ!

撮影アドバイスを受ける宮崎兄弟
撮影アドバイスを受ける宮崎兄弟


キャプテンわん

フォームが一目でわかります!
フォームが一目でわかります!


あなたもスイムミルでフォームチェック! 参加者募集!
  水泳の苦手な方はもちろん、記録の伸び悩んでいる方など、水泳フォームをチェックしたい人は、スイムミルを体験してみましょう。撮った映像を見ながら専門スタッフのアドバイスが受けられます。
  撮影してもらったDVDを持ち帰ることが可能です。 
料金 1回2,500円(医科学センター教室参加者は1回1,500円)
予約・問合せ先 横浜市スポーツ医科学センター  TEL. 045-477-5050

                           
 
t