ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはまVol.6:横浜のスポーツは今

横浜のスポーツは今 体育の日を契機として

文/横浜市市民活力推進局スポーツ振興部 スポーツ振興課長 矢野修司

  桜が咲く季節を迎え、新入生や新入社員が春風に乗って颯爽と歩く姿が見られ、いつもにも増して横浜の街には活気があふれています。今回は、さらに街を活性化し、横浜の人々をわくわくさせるようなイベントをいくつか紹介いたします。特に、今年は来年2009年の開港150周年へのカウントダウンとなる年であり、いつもの年にはないイベントも予定されています。
  なお、各イベントの開催時期等は現時点での予定となっていますので、詳しくは各主催団体から発表される広報をご覧になってください。

■横浜マラソン

  山下公園前をスタートする風景は、横浜の秋の風物詩としてすっかり定着した感があります。昭和56年の開始から今回は第28回目の開催となります。昨年の第27回大会からハーフマラソンが公認コースとなり、マラソン人気と相俟って参加者数は7千人を超すなど、ますます注目度が高まっています。

■こどもマリンスクール

  小学校4年生から6年生を対象として、帆船日本丸や南伊豆臨海学園等で5月の開校から翌年3月までほぼ通年にわたって行われる横浜市レクリエーション協会の名物イベントとなっています。マリンスクールに参加した児童の入校直後と卒業時を比べると、そのたくましく成長した姿に驚かされます。昭和60年の開始以来数多くの卒業生を輩出していますが、卒業生が入学してきた児童の面倒を見るという伝統が受け継がれて今日に至っています。

■YOKOHAMAビーチバレー

  平成元年の開港130周年を記念して行われたもので、金沢区にある海の公園において毎年8月に行われています。友人たちとチームを組んで参加する市民参加型の大会で、真夏の熱い太陽が照りつける中、昨年は約1,000人の参加がありました。

■スポーツ・レクリエーション・フェスティバル

  平成11年から行われているイベントで、毎年体育の日を中心に市内各地で様々なイベントが行われています。今年は開港150周年に向けて市民の一体感を醸成するため、よりにぎやかなイベントとなるよう今後開催される実行委員会で具体的に検討していきたいと考えています。

■その他の国際大会等

  これまで市民参加型の主なイベント中心にご紹介してきましたが、この他にも大規模な大会として、市内42.195kmを日本及び海外のトップランナーが競う「横浜国際女子駅伝」(2月)、全国12ブロックの大会を勝ち抜いた中学軟式クラブチームが集い行われる「全日本少年軟式野球大会」(8月)、ジュニアでは唯一国際体操連盟公認の「国際ジュニア体操競技大会」(隔年開催・昨年9月実施)、その「国際ジュニア体操競技大会」等への出場権をかけて行われる「全日本ジュニア体操」(8月)等があります。
  また、来年は「2009年世界卓球選手権横浜大会」が開催されます。そのプレ大会として、「フォルクスワーゲンオープン荻村杯2008」が横浜文化体育館で5月に開催されます。ぜひ応援に来て、熱い声援を送ってください。

横浜のスポーツは今 体育の日を契機として

文/横浜市市民活力推進局スポーツ振興部 スポーツ振興課長 矢野修司

  桜が咲く季節を迎え、新入生や新入社員が春風に乗って颯爽と歩く姿が見られ、いつもにも増して横浜の街には活気があふれています。今回は、さらに街を活性化し、横浜の人々をわくわくさせるようなイベントをいくつか紹介いたします。特に、今年は来年2009年の開港150周年へのカウントダウンとなる年であり、いつもの年にはないイベントも予定されています。
  なお、各イベントの開催時期等は現時点での予定となっていますので、詳しくは各主催団体から発表される広報をご覧になってください。

■横浜マラソン

  山下公園前をスタートする風景は、横浜の秋の風物詩としてすっかり定着した感があります。昭和56年の開始から今回は第28回目の開催となります。昨年の第27回大会からハーフマラソンが公認コースとなり、マラソン人気と相俟って参加者数は7千人を超すなど、ますます注目度が高まっています。

■こどもマリンスクール

  小学校4年生から6年生を対象として、帆船日本丸や南伊豆臨海学園等で5月の開校から翌年3月までほぼ通年にわたって行われる横浜市レクリエーション協会の名物イベントとなっています。マリンスクールに参加した児童の入校直後と卒業時を比べると、そのたくましく成長した姿に驚かされます。昭和60年の開始以来数多くの卒業生を輩出していますが、卒業生が入学してきた児童の面倒を見るという伝統が受け継がれて今日に至っています。

■YOKOHAMAビーチバレー

  平成元年の開港130周年を記念して行われたもので、金沢区にある海の公園において毎年8月に行われています。友人たちとチームを組んで参加する市民参加型の大会で、真夏の熱い太陽が照りつける中、昨年は約1,000人の参加がありました。

■スポーツ・レクリエーション・フェスティバル

  平成11年から行われているイベントで、毎年体育の日を中心に市内各地で様々なイベントが行われています。今年は開港150周年に向けて市民の一体感を醸成するため、よりにぎやかなイベントとなるよう今後開催される実行委員会で具体的に検討していきたいと考えています。

■その他の国際大会等

  これまで市民参加型の主なイベント中心にご紹介してきましたが、この他にも大規模な大会として、市内42.195kmを日本及び海外のトップランナーが競う「横浜国際女子駅伝」(2月)、全国12ブロックの大会を勝ち抜いた中学軟式クラブチームが集い行われる「全日本少年軟式野球大会」(8月)、ジュニアでは唯一国際体操連盟公認の「国際ジュニア体操競技大会」(隔年開催・昨年9月実施)、その「国際ジュニア体操競技大会」等への出場権をかけて行われる「全日本ジュニア体操」(8月)等があります。
  また、来年は「2009年世界卓球選手権横浜大会」が開催されます。そのプレ大会として、「フォルクスワーゲンオープン荻村杯2008」が横浜文化体育館で5月に開催されます。ぜひ応援に来て、熱い声援を送ってください。

                           
 
t