ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはま 2009 DECEMBER Vol.16

SPORTS NAVIGATOR スポーツナビゲーター 地域に根ざすスポーツ少年団

文●大瀧 智子(横浜市スポーツ情報センター)

近年、地域社会のつながりが希薄化しているという声もある中、長年にわたり地域に根ざして子供たちの心と体を育むことを目的に、さまざまな活動を行っている「スポーツ少年団」が日本全国に存在しています。横浜ではどのような活動が行われているのでしょうか。

イラストスポーツ少年団とは?

スポーツ少年団は、1962(昭和37)年に財団法人日本体育協会が創設したスポーツクラブです。青少年にスポーツの喜びを伝えることや、地域社会の中でスポーツを通じて青少年の心と体を育てることをめざしてつくられました。「スポーツ少年団」という名称ですが、女子や中高生も加入することができます。

どんな活動をしているの?

スポーツ少年団は、特定のスポーツ種目のみではなく、野外活動や社会活動、文化活動など幅広い活動を行っています。また、国内・国際交流事業や競技別交流大会などスポーツ少年団同士の交流も図られています。
このような様々な活動を通じて、子供たちが協調性や創造性を身につけることをめざしています。

横浜のスポーツ少年団は?

スポーツ少年団写真
前回のジュニアスポーツフェスティバルの様子

現在横浜市内では40のスポーツ少年団が活動しています。これら横浜のスポーツ少年団は「横浜ジュニアスポーツアソシエイション」という集合体をつくっています。各少年団とその団員・指導者・役職員は、神奈川県スポーツ少年団を通して日本体育協会日本スポーツ少年団に登録し、技術力・指導力向上のための研修や情報交換などを行っています。
また、毎年3月にジュニアスポーツフェスティバルを開催するなど、横浜のスポーツの普及・振興に貢献しています。


横浜のスポーツ少年団に関するお問合せは、(財)横浜市体育協会 スポーツ事業課までどうぞ TEL.045-640-0018(平日8:30〜17:15)

地域の活性化のために 
横浜かもめスポーツクラブ(神奈川区)を訪ねてみました!

横浜かもめスポーツクラブ写真 神奈川区を拠点に活動している「横浜かもめスポーツクラブ」は、1974(昭和49)年に設立された歴史あるスポーツ少年団です。設立当時所属していた子供たちが親世代となり、今では親子2代で参加している人もいるそうです。「横浜ジュニアスポーツクラブアソシエイション」副本部長も務める、代表の堤文治さんにお話を伺いました。
  主な活動はサッカーですが、小学校での放課後スポーツ教室、カヌー、乗馬、親子レクリエーション、スキー、スケートなど幅広く行っています。子ども、特に小学校中学年くらいまでは発育の著しい時期なので、将来どんなスポーツにも対応できる体をつくるためにもいろいろなスポーツを体験してほしいと思っています。
  横浜かもめスポーツクラブは、総合型スポーツクラブとして2007年に設立したNPO法人「横浜かもめanima」クラブに加盟しています。今後はNPO法人と連携し、高齢者向け健康教室や、子どもから高齢者まで一緒に楽しめるようなプログラムも考えていきたいと思っています。そうした場を提供することで、地域活動を活性化していきたいですね。
【連絡先】 横浜かもめスポーツクラブ事務局(堤さん方)
TEL. 045-481-1586  http://park2.wakwak.com/~y-kamome-s.c/

SPORTS NAVIGATOR スポーツナビゲーター 地域に根ざすスポーツ少年団

文●大瀧 智子(横浜市スポーツ情報センター)

近年、地域社会のつながりが希薄化しているという声もある中、長年にわたり地域に根ざして子供たちの心と体を育むことを目的に、さまざまな活動を行っている「スポーツ少年団」が日本全国に存在しています。横浜ではどのような活動が行われているのでしょうか。

イラストスポーツ少年団とは?

スポーツ少年団は、1962(昭和37)年に財団法人日本体育協会が創設したスポーツクラブです。青少年にスポーツの喜びを伝えることや、地域社会の中でスポーツを通じて青少年の心と体を育てることをめざしてつくられました。「スポーツ少年団」という名称ですが、女子や中高生も加入することができます。

どんな活動をしているの?

スポーツ少年団は、特定のスポーツ種目のみではなく、野外活動や社会活動、文化活動など幅広い活動を行っています。また、国内・国際交流事業や競技別交流大会などスポーツ少年団同士の交流も図られています。
このような様々な活動を通じて、子供たちが協調性や創造性を身につけることをめざしています。

横浜のスポーツ少年団は?

スポーツ少年団写真
前回のジュニアスポーツフェスティバルの様子

現在横浜市内では40のスポーツ少年団が活動しています。これら横浜のスポーツ少年団は「横浜ジュニアスポーツアソシエイション」という集合体をつくっています。各少年団とその団員・指導者・役職員は、神奈川県スポーツ少年団を通して日本体育協会日本スポーツ少年団に登録し、技術力・指導力向上のための研修や情報交換などを行っています。
また、毎年3月にジュニアスポーツフェスティバルを開催するなど、横浜のスポーツの普及・振興に貢献しています。


横浜のスポーツ少年団に関するお問合せは、(財)横浜市体育協会 スポーツ事業課までどうぞ TEL.045-640-0018(平日8:30〜17:15)

地域の活性化のために 
横浜かもめスポーツクラブ(神奈川区)を訪ねてみました!

横浜かもめスポーツクラブ写真 神奈川区を拠点に活動している「横浜かもめスポーツクラブ」は、1974(昭和49)年に設立された歴史あるスポーツ少年団です。設立当時所属していた子供たちが親世代となり、今では親子2代で参加している人もいるそうです。「横浜ジュニアスポーツクラブアソシエイション」副本部長も務める、代表の堤文治さんにお話を伺いました。
  主な活動はサッカーですが、小学校での放課後スポーツ教室、カヌー、乗馬、親子レクリエーション、スキー、スケートなど幅広く行っています。子ども、特に小学校中学年くらいまでは発育の著しい時期なので、将来どんなスポーツにも対応できる体をつくるためにもいろいろなスポーツを体験してほしいと思っています。
  横浜かもめスポーツクラブは、総合型スポーツクラブとして2007年に設立したNPO法人「横浜かもめanima」クラブに加盟しています。今後はNPO法人と連携し、高齢者向け健康教室や、子どもから高齢者まで一緒に楽しめるようなプログラムも考えていきたいと思っています。そうした場を提供することで、地域活動を活性化していきたいですね。
【連絡先】 横浜かもめスポーツクラブ事務局(堤さん方)
TEL. 045-481-1586  http://park2.wakwak.com/~y-kamome-s.c/

                           
 
t