ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはまVol.9:スポーツナビゲーター

SPORTS NAVIGATOR スポーツナビゲーター

文●大瀧 智子(横浜市スポーツ情報センター)

8月8日から24日まで開催された北京オリンピックでは、連日熱い戦いが繰り広げられました。
北島康介選手の2大会連続2冠など、日本人選手の活躍が大きな話題となりました。
今回は本誌6月号でご紹介した、横浜ゆかりの選手達の戦いを振り返ります。

 

 今大会で最も注目を浴びたのは、見事金メダルを勝ち取ったソフトボール。横浜を本拠地とする日立ソフトウェア女子ソフトボール部から3選手が出場しました。主将の山田恵里選手は決勝戦でホームラン、4番バッターの馬渕智子選手は3位決定戦の延長戦で同点打、西山麗選手は決勝戦進出を決めるサヨナラ打を放ち、それぞれ金メダルに大きく貢献しました。

(左から)須藤照彦(財)横浜市体育協会会長、西山選手、山田選手、馬渕選手、中田宏横浜市長

(左から)須藤照彦(財)横浜市体育協会会長、西山選手、山田選手、馬渕選手、中田宏横浜市長

  競泳の中村礼子選手は200m背泳ぎで銅メダルを獲得しました。前回アテネ大会から2大会連続のメダル獲得は、日本の競泳女子では72年振りの快挙です。

中村礼子選手

中村礼子選手

  また、6月号ではご紹介できませんでしたが、体操の内村航平選手(日本体育大)は団体と個人総合とで2つの銀メダル、レスリングの湯元健一選手(日本体育大勤務)は銅メダルを獲得しました。
  横浜市はメダリストの功績をたたえ、横浜市長と(財)横浜市体育協会会長の連名で各選手に表彰状と記念の盾を贈呈しました。
  横浜から世界の大舞台に羽ばたき、感動と勇気を与えてくれた選手達に改めて大きな拍手を送りましょう!

6月号でご紹介した14選手の成績

競技名 選手名 出身など 出場種目及び成績 バドミントン 舛田圭太選手 日本体育大卒 男子ダブルス 5位入賞 大束忠司選手 日本体育大卒 レスリング 笹本 睦選手 日本体育大卒 男子グレコローマンスタイル
60kg級 2回戦敗退 馬 術 北井裕子選手 瀬谷区出身 馬場馬術個人:45位
馬場馬術団体:10位 アーチェリー 早川 浪選手 日本体育大 団体:8位入賞
個人:6位入賞 セーリング競技 飯島洋一選手 関東学院大卒 レーザー級:35位 富澤 慎選手 関東学院大卒 男子RSX級:10位 小菅寧子選手 関東学院大卒 女子RSX級:13位 ソフトボール 西山 麗選手 日立ソフトウェア
女子ソフトボール部 優勝(金メダル) 馬渕智子選手 山田恵里選手 競 泳 中村礼子選手 都筑区出身 女子100m背泳ぎ:6位入賞
女子200m背泳ぎ:3位(銅メダル)
女子400mメドレーリレー:6位入賞 種田 恵選手 神奈川大 女子100m平泳ぎ:予選敗退
女子200m平泳ぎ:8位入賞 ライフル射撃 松田知幸選手 戸塚区出身
神奈川県警 10mエアピストル男子60発競技:18位
50mピストル男子60発競技:8位

 

SPORTS NAVIGATOR スポーツナビゲーター

文●大瀧 智子(横浜市スポーツ情報センター)

8月8日から24日まで開催された北京オリンピックでは、連日熱い戦いが繰り広げられました。
北島康介選手の2大会連続2冠など、日本人選手の活躍が大きな話題となりました。
今回は本誌6月号でご紹介した、横浜ゆかりの選手達の戦いを振り返ります。

 

 今大会で最も注目を浴びたのは、見事金メダルを勝ち取ったソフトボール。横浜を本拠地とする日立ソフトウェア女子ソフトボール部から3選手が出場しました。主将の山田恵里選手は決勝戦でホームラン、4番バッターの馬渕智子選手は3位決定戦の延長戦で同点打、西山麗選手は決勝戦進出を決めるサヨナラ打を放ち、それぞれ金メダルに大きく貢献しました。

(左から)須藤照彦(財)横浜市体育協会会長、西山選手、山田選手、馬渕選手、中田宏横浜市長

(左から)須藤照彦(財)横浜市体育協会会長、西山選手、山田選手、馬渕選手、中田宏横浜市長

  競泳の中村礼子選手は200m背泳ぎで銅メダルを獲得しました。前回アテネ大会から2大会連続のメダル獲得は、日本の競泳女子では72年振りの快挙です。

中村礼子選手

中村礼子選手

  また、6月号ではご紹介できませんでしたが、体操の内村航平選手(日本体育大)は団体と個人総合とで2つの銀メダル、レスリングの湯元健一選手(日本体育大勤務)は銅メダルを獲得しました。
  横浜市はメダリストの功績をたたえ、横浜市長と(財)横浜市体育協会会長の連名で各選手に表彰状と記念の盾を贈呈しました。
  横浜から世界の大舞台に羽ばたき、感動と勇気を与えてくれた選手達に改めて大きな拍手を送りましょう!

6月号でご紹介した14選手の成績

競技名 選手名 出身など 出場種目及び成績 バドミントン 舛田圭太選手 日本体育大卒 男子ダブルス 5位入賞 大束忠司選手 日本体育大卒 レスリング 笹本 睦選手 日本体育大卒 男子グレコローマンスタイル
60kg級 2回戦敗退 馬 術 北井裕子選手 瀬谷区出身 馬場馬術個人:45位
馬場馬術団体:10位 アーチェリー 早川 浪選手 日本体育大 団体:8位入賞
個人:6位入賞 セーリング競技 飯島洋一選手 関東学院大卒 レーザー級:35位 富澤 慎選手 関東学院大卒 男子RSX級:10位 小菅寧子選手 関東学院大卒 女子RSX級:13位 ソフトボール 西山 麗選手 日立ソフトウェア
女子ソフトボール部 優勝(金メダル) 馬渕智子選手 山田恵里選手 競 泳 中村礼子選手 都筑区出身 女子100m背泳ぎ:6位入賞
女子200m背泳ぎ:3位(銅メダル)
女子400mメドレーリレー:6位入賞 種田 恵選手 神奈川大 女子100m平泳ぎ:予選敗退
女子200m平泳ぎ:8位入賞 ライフル射撃 松田知幸選手 戸塚区出身
神奈川県警 10mエアピストル男子60発競技:18位
50mピストル男子60発競技:8位

 

                           
 
t