ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはまVol.30:横浜ビー・コルセアーズメディカルトレーナー日誌[スポーツ現場のあれこれを綴る帯同記]

横浜ビー・コルセアーズメディカルトレーナー日誌[スポーツ現場のあれこれを綴る帯同記]

01│トレーナーの仕事

選手のコンディションを最大限高めるのがトレーナーの仕事。メンタル、体調、フィジカルなどが関係するコンディショニングで理学療法士の得意分野はフィジカル面の調整。
サポートを始めた頃の出来事…。

症状の出ていた特徴的な姿勢
症状の出ていた
特徴的な姿勢

肉離れを繰り返している選手。思い切り動こうとすると、腿裏の筋肉に嫌な感覚が走り、全力でプレーできないと言う。ただし、すべての動きでなく、ダッシュやドライブの時のみ出る。共通するのは、体の前傾を強めて捻り、脚を踏み込む姿勢(図)。

腰が引け、推進力がでないのを、脚を強く踏むことで補っていた。腕を前に出すと、肩がすくみ、さらに腰も丸くなる。チェックすると、指、手首の関節がズレて動きにくくなり、腕の上げ方や出し方に癖がある。聞けば、かつて手に大きめのケガをした過去があるらしい。
関節のズレや姿勢を矯正して元に戻し、維持するためのトレーニング方法を指導。最後に、「逆サイドに踏み出すドライブや、体が大きく前に突っ込む動きは慎重に…それ以外は思い切り」と伝える。
それ以降、その選手は負担のかかる場面は注意し、それ以外は全力でコートを動いてくれた。

問題に対し、様々な面から原因を特定し、解決策を提供するのがトレーナーの仕事。
年間を通じて、そんな仕事を紹介します!!

玉置 龍也

玉置 龍也
横浜市スポーツ医科学センター 理学療法士
横浜市スポーツ医科学センターがメディカルサポートをしている横浜B-CORSAIRSのサポートトレーナーとしても活動中。


横浜ビー・コルセアーズメディカルトレーナー日誌[スポーツ現場のあれこれを綴る帯同記]

01│トレーナーの仕事

選手のコンディションを最大限高めるのがトレーナーの仕事。メンタル、体調、フィジカルなどが関係するコンディショニングで理学療法士の得意分野はフィジカル面の調整。
サポートを始めた頃の出来事…。

症状の出ていた特徴的な姿勢
症状の出ていた
特徴的な姿勢

肉離れを繰り返している選手。思い切り動こうとすると、腿裏の筋肉に嫌な感覚が走り、全力でプレーできないと言う。ただし、すべての動きでなく、ダッシュやドライブの時のみ出る。共通するのは、体の前傾を強めて捻り、脚を踏み込む姿勢(図)。

腰が引け、推進力がでないのを、脚を強く踏むことで補っていた。腕を前に出すと、肩がすくみ、さらに腰も丸くなる。チェックすると、指、手首の関節がズレて動きにくくなり、腕の上げ方や出し方に癖がある。聞けば、かつて手に大きめのケガをした過去があるらしい。
関節のズレや姿勢を矯正して元に戻し、維持するためのトレーニング方法を指導。最後に、「逆サイドに踏み出すドライブや、体が大きく前に突っ込む動きは慎重に…それ以外は思い切り」と伝える。
それ以降、その選手は負担のかかる場面は注意し、それ以外は全力でコートを動いてくれた。

問題に対し、様々な面から原因を特定し、解決策を提供するのがトレーナーの仕事。
年間を通じて、そんな仕事を紹介します!!

玉置 龍也

玉置 龍也
横浜市スポーツ医科学センター 理学療法士
横浜市スポーツ医科学センターがメディカルサポートをしている横浜B-CORSAIRSのサポートトレーナーとしても活動中。


                           
 
t