ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはまVol.45:横浜熱闘倶楽部

横浜熱闘倶楽部×プロスポーツ4チーム 活動紹介

横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ

TEL. 045-681-0811(代表)
http://www.baystars.co.jp/


■プロ野球をきっかけとしたまちづくりプロジェクト
  「I☆(love)YOKOHAMA」を進めています!

2012年シーズンより「横浜DeNAベイスターズ」として新たな一歩を踏み出し、今年で3シーズン目。初年度の2012年から今年に至るまで、コンスタントにご来場のお客様が増えていることは、チームとして本当にありがたく、また心強いことです。
2014年の横浜DeNAベイスターズは、横浜スタジアムとともに、4月より、プロ野球をきっかけとしたまちづくりプロジェクト「I☆(love)YOKOHAMA」を進めています。プロ野球球団がある横浜という街が、野球を通して地域の絆を育める、魅力的な街になっていけること、そして、横浜DeNAベイスターズがもっともっと街のアイデンティティになっていきたい、という想いを込めて、「I☆YOKOHAMA」のメッセージを掲げて活動しています。

■プロジェクトが目指す、ありたい姿

●プロ野球が横浜の人々の共通の話題となり、学校・家庭・職場・街での会話のきっかけになっている
●野球ファンも、野球に詳しくない方も、球場で野球を通じて一体となって盛り上がり、“横浜”を感じてもらえる
●横浜の企業や店舗が何らかの形でこのプロジェクトを応援してくれている

「I☆YOKOHAMA」プロジェクトを進めることで、プロ野球をきっかけに、横浜に住む方々・横浜で働く/学ぶ方々・店舗・企業・球団・球場・横浜市など、横浜に関わる全ての人々が1つにつながり、横浜の街がもっともっと魅力的な街になっていけることを目指しています。横浜の街の人々がチーム・選手を支え、チーム・選手の躍動する姿が横浜の街の人々の活力となれたら嬉しく思います。

[具体的な活動内容]

プロ野球が、スタジアムで観戦するという楽しみだけでなく、街の中で人と人をつなぐきっかけにもなるように、球場の内外で様々な取り組みを進めていきます。

①街中にはためくチームバナーには、大きな選手の顔写真。多くの方に覚えていただきたい。

横浜DeNAベイスターズ

②みなとみらい線駅のホームに出没した巨大選手看板。横浜DeNAベイスターズがある街であると実感。

横浜DeNAベイスターズ

③横浜スタジアムでは『I☆YOKOHAMA』ゲートがお出迎え

横浜DeNAベイスターズ

④今年のハマスタ開催全試合で、このステッカーがもらえる。定期的に変わるカラーは全11色。

横浜DeNAベイスターズ

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

9月23日(火・祝)13:00 vs 阪神
9月24日(水)18:00 vs 阪神
9月25日(木)18:00 vs 阪神
9月26日(金)18:00 vs 巨人
9月27日(土)14:00 vs 巨人
9月28日(日)14:00 vs 巨人
10月2日(木)18:00 vs 阪神

※いずれも横浜スタジアムで開催※雨天中止分の振り替え及びクライマックスシリーズ、日本シリーズ出場時の日程はチーム公式サイトでご確認ください。
[横浜スタジアム]最寄り駅:JR・地下鉄「関内」、 みなとみらい線「日本大通り」

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

TEL.045-277-2307(トリコロールメンバーズ事務局10:00〜17:00/不定休)
http://www.f-marinos.com/


サッカーの楽しさを幅広く伝える「ふれあいサッカープロジェクト」の一環として、2004年にJリーグ初の知的障がい者サッカーチーム『横浜F・マリノス フトゥーロ』を発足しました。
チーム名の「フトゥーロ(futuro)」は、スペイン語で“未来”という意味で、誰もがサッカーを楽しめる「未来に向けて…」、「未来はきっと…」という願いを込めて名付けられました。そして、サッカーを身近に楽しめる環境の整備、障がいの有無を超えて誰でもサッカーが楽しめる機会を創り増やしていくことを目標とし、横浜市体育協会・日産スタジアムに隣接する『障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール』と三位一体となって活動に取り組んでいます。
チームには、13歳の中学生から44歳の社会人まで、年齢を問わず約70名の選手たちが所属しています。メンバーは横浜ラポール体育館で隔週木曜日の夕方に行う練習をメインに、週末などには横浜市内のグラウンドでトレーニングマッチ等の活動を行っています。
トレーニングでは、サッカーを楽しむ、技術の会得や向上だけではなく、サッカーを通じて「時間を守る」「挨拶をする」など、社会で生活していく上で大切な基本的なルールを身につけ、一人ひとりが成長し、自信をつけていくことを大きな目標としています。
そして、日頃のトレーニングの成果をチェックする機会として、今年の夏も年1回開催される全国大会「サマーカップ(全国交流大会)」に出場しました。練習したことが実践の中でも発揮されることもあれば、なかなか上手くできないこともありますが、それぞれ実践で得た経験をさらなるレベルアップにつなげようと、大会後のトレーニングにも意欲的に取り組んでいます。また試合中のピッチはもちろん、宿舎では参加チームの選手たちとサッカーの話を中心に積極的なコミュニケーションを図ることもできました。
今年は、「想(おもい)」というチームスローガンを掲げて一年をスタートしました。「心」という字の上にあるのは、相手の「相」という字。サッカーでも社会でも、人をいたわる想いが大事。自分や周りの人たち、サポートしてくれる人たちへの想い、相手を尊重する心を大切にしなければならない。サッカーがうまくなりたいという強い心を持ったメンバーたちは、日々のピッチでの経験を実生活でも実践し、大きく成長しています。活動スタートから11年目に入りましたが、次の10年に向けてフトゥーロの活動も精力的に続けて参りますので、ぜひ応援をお願いいたします。

横浜F・マリノス
横浜F・マリノス
横浜F・マリノス

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

9 月23日(火・祝)15:00 vs 広島(日産ス)
9 月27日(土)14:00 vs 甲府(ニッパ球)
10月18日(土)15:00 vs 清水(日産ス)
10月26日(日)19:00 vs C大阪(日産ス)
11月 3 日(月・祝) 17:00 vs 浦和(日産ス)

※2014Jリーグヤマザキナビスコカップ勝ち上がり時の試合情報はクラブ公式サイトをご確認ください。
[日産スタジアム(日産ス)]最寄り駅:JR・地下鉄「新横浜」、JR「小机」
[ニッパツ三ツ沢球技場(ニッパ球)]最寄り駅:地下鉄「三ツ沢上町」

横浜FC

横浜FC

TEL.045-372-5212(代表)
http://www.yokohamafc.com/


■横浜FC Hello! (貼ろう)ポスター プロジェクト

横浜FCと街をつなぐ「こんにちは! (Hello!)」から始まる、「横浜FC Hello!(貼ろう)ポスタープロジェクト」は、我が街には横浜FCにより近い「クラブメンバー」がいることを普段の生活を通して知っていただき、クラブメンバーの皆様が架け橋となって、横浜FCと地元地域の皆様をつなげていただく企画です。
今シーズン、前半戦ポスターは皆様のご協力により掲出予定数を終了することができましたことを心より御礼申し上げます。
後半戦ポスターの掲出も引き続き、ホームタウンプロジェクトと連動した企画としてクラブメンバーの皆様に、我が街のお店や学校、職場などに横浜FCのポスターを貼っていただいております。なお、貼っていただいたお店や団体の方には、横浜FCよりお礼状をお送りしています。
我が街を横浜FCに染めていきましょう!
活動の詳細はクラブホームページをご覧ください。

横浜FC

■東日本大震災復興支援活動

横浜FCでは、毎年継続して東日本大震災復興支援活動を実施しています。
その一環として福島県いわき市の小学生をホームゲームにご招待させていただきました。
昨年末、いわき市立中央台南小学校、中央台東小学校を訪問した際に子どもたちと選手たちは「次は横浜FCのホームゲームで会おう」という約束をしており、8月17日(日)にニッパツ三ツ沢球技場で実施されたカマタマーレ讃岐戦にて、『成城石井Presents 横浜FC東日本大震災復興支援活動「約束の丘、三ツ沢」』と題し、いわき市内の小学生約80名をスタジアムへ招待し、試合観戦を楽しんでいただきました。

横浜FC
横浜FC

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

9月23日(火・祝)13:00 vs 大分(ニッパ球)
10月4日(土)13:00 vs 松本(味フィ西)
10月19日(日)13:00 vs 栃木(ニッパ球)
11月9日(日)13:00 vs 岡山(ニッパ球)

[ニッパツ三ツ沢球技場(ニッパ球)]最寄り駅:地下鉄「三ツ沢上町」
※味フィ西:味の素フィールド西が丘(東京都北区)

横浜ビー・コルセアーズ

横浜ビー・コルセアーズ

横浜ビー・コルセアーズ

TEL.045-517-6263(代表)
http://b-corsairs.com/


■いよいよ2014-2015シーズン開幕!

日本プロバスケットボールbjリーグもいよいよ新シーズンの開幕が迫ってまいりました! 横浜ビー・コルセアーズは横浜に拠点を置くプロバスケットボールチームとして誕生して4シーズン目。2012-2013シーズンに優勝という快挙を成し遂げたものの、昨2013-2014シーズンは大事なシーズン半ばでケガ人が続出。チームの歯車が噛み合わず、プレイオフへの進出すらも逃す悔しいシーズンとなりました。前王者がレギュラーシーズンで敗退したのはbjリーグ史上初。名誉挽回、そして王座とその誇りを取り戻すべく、リベンジに挑むシーズンがまもなく始まります!
10月4・5日にアウェイ・富山グラウジーズ戦で新シーズンがスタートし、ホーム開幕戦は10月11・12日、スカイアリーナ座間(座間市)で信州ブレイブウォリアーズと対戦。偶然にも3シーズン連続のホーム開幕同カードとなりました。オフ期間に選手たちは走り込みや砂浜でのトレーニング、ハードな練習を重ね、開幕への準備は万端。因縁の対決で開幕ダッシュを決めるべく、皆様のブーストアップをよろしくお願いいたします!

■神奈川出身! 期待の新メンバー加入!

今季より#11齊藤洋介選手がビーコルの新戦力として加入しました! “YOSK”こと齊藤選手は神奈川県秦野市出身。県立秦野高校から国士舘大学へと進み、今シーズン信州ブレイブウォリアーズからビーコルへ移籍してきました。得点力とアグレッシブなプレーに定評のある齊藤選手。ホーム開幕戦で古巣との対戦、地元・神奈川での活躍にご期待ください!

■バスケ観戦には魅力がいっぱい!

バスケットボールを生で観戦する一番の魅力は、他では味わえない臨場感! 観客席とコートとの距離はたったの2メートル程度。すぐ目の前のコートで選手たちが迫力満点のプレーを繰り広げます。初めての観戦にはA席がオススメ。リーズナブルな1階フロア席で、豪快かつ繊細なプレーをコートの近くで堪能できます。
そしてもうひとつは、会場の一体感。アリーナに響く大歓声や応援コールはもちろん、一つひとつのプレーにみんなで一喜一憂。さらにアップテンポなBGMもムードを盛り上げます。また、選手との距離が近いのもビーコルホームゲームの魅力。試合後には選手がコートを回るので、ハイタッチでお迎えください! その他、会場限定のオリジナルグルメやチアリーダーズ「B-ROSE」の華麗なパフォーマンスも必見! ぜひ会場でビーコルホームゲームをお楽しみください。

■バスケットボール・チアリーディング 各種スクール展開中!

神奈川県内各地で開催しているバスケットボールスクールとチアスクールでメンバーを大募集! 見学・体験も随時受付中。さらに高いレベルを目指すジュニアユースチームも活動の幅を広げています。
その他、誰でも気軽に参加できる教室もたきがしら会館を中心に展開中。詳しくはビーコル公式サイトをご覧ください。

横浜ビー・コルセアーズ
横浜ビー・コルセアーズ
横浜ビー・コルセアーズ

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

10月11日(土)18:00 vs 信州(座間)
   12日(日)14:00 vs 信州(座間)
   25日(土)18:00 vs 岩手(綾瀬)
   26日(日)14:00 vs 岩手(綾瀬)

11月 1 日(土)16:00 vs 秋田(日大・藤沢市)
   2 日(日)13:00 vs 秋田(日大・藤沢市)
   15日(土)18:00 vs 福岡(座間)
   16日(日)14:00 vs 福岡(座間)

※ホームゲーム情報の詳細はチーム公式サイトをご確認ください。

横浜熱闘倶楽部  https://www.hamaspo.com/nettouclub/

横浜のプロチームを市民とともに応援し、市民の連帯感や地域の活性、市民のスポーツの振興を図ることを目的として立ち上がった応援連合体が
「横浜熱闘倶楽部」です。市民とチームの交流の促進などのイベント開催やチームの活動や選手紹介等の広報などを行っています。

横浜のプロスポーツ4チームをこれからも皆様とともに盛り上げていきましょう!

横浜熱闘倶楽部×プロスポーツ4チーム 活動紹介

横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ

TEL. 045-681-0811(代表)
http://www.baystars.co.jp/


■プロ野球をきっかけとしたまちづくりプロジェクト
  「I☆(love)YOKOHAMA」を進めています!

2012年シーズンより「横浜DeNAベイスターズ」として新たな一歩を踏み出し、今年で3シーズン目。初年度の2012年から今年に至るまで、コンスタントにご来場のお客様が増えていることは、チームとして本当にありがたく、また心強いことです。
2014年の横浜DeNAベイスターズは、横浜スタジアムとともに、4月より、プロ野球をきっかけとしたまちづくりプロジェクト「I☆(love)YOKOHAMA」を進めています。プロ野球球団がある横浜という街が、野球を通して地域の絆を育める、魅力的な街になっていけること、そして、横浜DeNAベイスターズがもっともっと街のアイデンティティになっていきたい、という想いを込めて、「I☆YOKOHAMA」のメッセージを掲げて活動しています。

■プロジェクトが目指す、ありたい姿

●プロ野球が横浜の人々の共通の話題となり、学校・家庭・職場・街での会話のきっかけになっている
●野球ファンも、野球に詳しくない方も、球場で野球を通じて一体となって盛り上がり、“横浜”を感じてもらえる
●横浜の企業や店舗が何らかの形でこのプロジェクトを応援してくれている

「I☆YOKOHAMA」プロジェクトを進めることで、プロ野球をきっかけに、横浜に住む方々・横浜で働く/学ぶ方々・店舗・企業・球団・球場・横浜市など、横浜に関わる全ての人々が1つにつながり、横浜の街がもっともっと魅力的な街になっていけることを目指しています。横浜の街の人々がチーム・選手を支え、チーム・選手の躍動する姿が横浜の街の人々の活力となれたら嬉しく思います。

[具体的な活動内容]

プロ野球が、スタジアムで観戦するという楽しみだけでなく、街の中で人と人をつなぐきっかけにもなるように、球場の内外で様々な取り組みを進めていきます。

①街中にはためくチームバナーには、大きな選手の顔写真。多くの方に覚えていただきたい。

横浜DeNAベイスターズ

②みなとみらい線駅のホームに出没した巨大選手看板。横浜DeNAベイスターズがある街であると実感。

横浜DeNAベイスターズ

③横浜スタジアムでは『I☆YOKOHAMA』ゲートがお出迎え

横浜DeNAベイスターズ

④今年のハマスタ開催全試合で、このステッカーがもらえる。定期的に変わるカラーは全11色。

横浜DeNAベイスターズ

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

9月23日(火・祝)13:00 vs 阪神
9月24日(水)18:00 vs 阪神
9月25日(木)18:00 vs 阪神
9月26日(金)18:00 vs 巨人
9月27日(土)14:00 vs 巨人
9月28日(日)14:00 vs 巨人
10月2日(木)18:00 vs 阪神

※いずれも横浜スタジアムで開催※雨天中止分の振り替え及びクライマックスシリーズ、日本シリーズ出場時の日程はチーム公式サイトでご確認ください。
[横浜スタジアム]最寄り駅:JR・地下鉄「関内」、 みなとみらい線「日本大通り」

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

TEL.045-277-2307(トリコロールメンバーズ事務局10:00〜17:00/不定休)
http://www.f-marinos.com/


サッカーの楽しさを幅広く伝える「ふれあいサッカープロジェクト」の一環として、2004年にJリーグ初の知的障がい者サッカーチーム『横浜F・マリノス フトゥーロ』を発足しました。
チーム名の「フトゥーロ(futuro)」は、スペイン語で“未来”という意味で、誰もがサッカーを楽しめる「未来に向けて…」、「未来はきっと…」という願いを込めて名付けられました。そして、サッカーを身近に楽しめる環境の整備、障がいの有無を超えて誰でもサッカーが楽しめる機会を創り増やしていくことを目標とし、横浜市体育協会・日産スタジアムに隣接する『障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール』と三位一体となって活動に取り組んでいます。
チームには、13歳の中学生から44歳の社会人まで、年齢を問わず約70名の選手たちが所属しています。メンバーは横浜ラポール体育館で隔週木曜日の夕方に行う練習をメインに、週末などには横浜市内のグラウンドでトレーニングマッチ等の活動を行っています。
トレーニングでは、サッカーを楽しむ、技術の会得や向上だけではなく、サッカーを通じて「時間を守る」「挨拶をする」など、社会で生活していく上で大切な基本的なルールを身につけ、一人ひとりが成長し、自信をつけていくことを大きな目標としています。
そして、日頃のトレーニングの成果をチェックする機会として、今年の夏も年1回開催される全国大会「サマーカップ(全国交流大会)」に出場しました。練習したことが実践の中でも発揮されることもあれば、なかなか上手くできないこともありますが、それぞれ実践で得た経験をさらなるレベルアップにつなげようと、大会後のトレーニングにも意欲的に取り組んでいます。また試合中のピッチはもちろん、宿舎では参加チームの選手たちとサッカーの話を中心に積極的なコミュニケーションを図ることもできました。
今年は、「想(おもい)」というチームスローガンを掲げて一年をスタートしました。「心」という字の上にあるのは、相手の「相」という字。サッカーでも社会でも、人をいたわる想いが大事。自分や周りの人たち、サポートしてくれる人たちへの想い、相手を尊重する心を大切にしなければならない。サッカーがうまくなりたいという強い心を持ったメンバーたちは、日々のピッチでの経験を実生活でも実践し、大きく成長しています。活動スタートから11年目に入りましたが、次の10年に向けてフトゥーロの活動も精力的に続けて参りますので、ぜひ応援をお願いいたします。

横浜F・マリノス
横浜F・マリノス
横浜F・マリノス

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

9 月23日(火・祝)15:00 vs 広島(日産ス)
9 月27日(土)14:00 vs 甲府(ニッパ球)
10月18日(土)15:00 vs 清水(日産ス)
10月26日(日)19:00 vs C大阪(日産ス)
11月 3 日(月・祝) 17:00 vs 浦和(日産ス)

※2014Jリーグヤマザキナビスコカップ勝ち上がり時の試合情報はクラブ公式サイトをご確認ください。
[日産スタジアム(日産ス)]最寄り駅:JR・地下鉄「新横浜」、JR「小机」
[ニッパツ三ツ沢球技場(ニッパ球)]最寄り駅:地下鉄「三ツ沢上町」

横浜FC

横浜FC

TEL.045-372-5212(代表)
http://www.yokohamafc.com/


■横浜FC Hello! (貼ろう)ポスター プロジェクト

横浜FCと街をつなぐ「こんにちは! (Hello!)」から始まる、「横浜FC Hello!(貼ろう)ポスタープロジェクト」は、我が街には横浜FCにより近い「クラブメンバー」がいることを普段の生活を通して知っていただき、クラブメンバーの皆様が架け橋となって、横浜FCと地元地域の皆様をつなげていただく企画です。
今シーズン、前半戦ポスターは皆様のご協力により掲出予定数を終了することができましたことを心より御礼申し上げます。
後半戦ポスターの掲出も引き続き、ホームタウンプロジェクトと連動した企画としてクラブメンバーの皆様に、我が街のお店や学校、職場などに横浜FCのポスターを貼っていただいております。なお、貼っていただいたお店や団体の方には、横浜FCよりお礼状をお送りしています。
我が街を横浜FCに染めていきましょう!
活動の詳細はクラブホームページをご覧ください。

横浜FC

■東日本大震災復興支援活動

横浜FCでは、毎年継続して東日本大震災復興支援活動を実施しています。
その一環として福島県いわき市の小学生をホームゲームにご招待させていただきました。
昨年末、いわき市立中央台南小学校、中央台東小学校を訪問した際に子どもたちと選手たちは「次は横浜FCのホームゲームで会おう」という約束をしており、8月17日(日)にニッパツ三ツ沢球技場で実施されたカマタマーレ讃岐戦にて、『成城石井Presents 横浜FC東日本大震災復興支援活動「約束の丘、三ツ沢」』と題し、いわき市内の小学生約80名をスタジアムへ招待し、試合観戦を楽しんでいただきました。

横浜FC
横浜FC

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

9月23日(火・祝)13:00 vs 大分(ニッパ球)
10月4日(土)13:00 vs 松本(味フィ西)
10月19日(日)13:00 vs 栃木(ニッパ球)
11月9日(日)13:00 vs 岡山(ニッパ球)

[ニッパツ三ツ沢球技場(ニッパ球)]最寄り駅:地下鉄「三ツ沢上町」
※味フィ西:味の素フィールド西が丘(東京都北区)

横浜ビー・コルセアーズ

横浜ビー・コルセアーズ

横浜ビー・コルセアーズ

TEL.045-517-6263(代表)
http://b-corsairs.com/


■いよいよ2014-2015シーズン開幕!

日本プロバスケットボールbjリーグもいよいよ新シーズンの開幕が迫ってまいりました! 横浜ビー・コルセアーズは横浜に拠点を置くプロバスケットボールチームとして誕生して4シーズン目。2012-2013シーズンに優勝という快挙を成し遂げたものの、昨2013-2014シーズンは大事なシーズン半ばでケガ人が続出。チームの歯車が噛み合わず、プレイオフへの進出すらも逃す悔しいシーズンとなりました。前王者がレギュラーシーズンで敗退したのはbjリーグ史上初。名誉挽回、そして王座とその誇りを取り戻すべく、リベンジに挑むシーズンがまもなく始まります!
10月4・5日にアウェイ・富山グラウジーズ戦で新シーズンがスタートし、ホーム開幕戦は10月11・12日、スカイアリーナ座間(座間市)で信州ブレイブウォリアーズと対戦。偶然にも3シーズン連続のホーム開幕同カードとなりました。オフ期間に選手たちは走り込みや砂浜でのトレーニング、ハードな練習を重ね、開幕への準備は万端。因縁の対決で開幕ダッシュを決めるべく、皆様のブーストアップをよろしくお願いいたします!

■神奈川出身! 期待の新メンバー加入!

今季より#11齊藤洋介選手がビーコルの新戦力として加入しました! “YOSK”こと齊藤選手は神奈川県秦野市出身。県立秦野高校から国士舘大学へと進み、今シーズン信州ブレイブウォリアーズからビーコルへ移籍してきました。得点力とアグレッシブなプレーに定評のある齊藤選手。ホーム開幕戦で古巣との対戦、地元・神奈川での活躍にご期待ください!

■バスケ観戦には魅力がいっぱい!

バスケットボールを生で観戦する一番の魅力は、他では味わえない臨場感! 観客席とコートとの距離はたったの2メートル程度。すぐ目の前のコートで選手たちが迫力満点のプレーを繰り広げます。初めての観戦にはA席がオススメ。リーズナブルな1階フロア席で、豪快かつ繊細なプレーをコートの近くで堪能できます。
そしてもうひとつは、会場の一体感。アリーナに響く大歓声や応援コールはもちろん、一つひとつのプレーにみんなで一喜一憂。さらにアップテンポなBGMもムードを盛り上げます。また、選手との距離が近いのもビーコルホームゲームの魅力。試合後には選手がコートを回るので、ハイタッチでお迎えください! その他、会場限定のオリジナルグルメやチアリーダーズ「B-ROSE」の華麗なパフォーマンスも必見! ぜひ会場でビーコルホームゲームをお楽しみください。

■バスケットボール・チアリーディング 各種スクール展開中!

神奈川県内各地で開催しているバスケットボールスクールとチアスクールでメンバーを大募集! 見学・体験も随時受付中。さらに高いレベルを目指すジュニアユースチームも活動の幅を広げています。
その他、誰でも気軽に参加できる教室もたきがしら会館を中心に展開中。詳しくはビーコル公式サイトをご覧ください。

横浜ビー・コルセアーズ
横浜ビー・コルセアーズ
横浜ビー・コルセアーズ

ホームゲーム日程 (9月20日〜11月19日)

10月11日(土)18:00 vs 信州(座間)
   12日(日)14:00 vs 信州(座間)
   25日(土)18:00 vs 岩手(綾瀬)
   26日(日)14:00 vs 岩手(綾瀬)

11月 1 日(土)16:00 vs 秋田(日大・藤沢市)
   2 日(日)13:00 vs 秋田(日大・藤沢市)
   15日(土)18:00 vs 福岡(座間)
   16日(日)14:00 vs 福岡(座間)

※ホームゲーム情報の詳細はチーム公式サイトをご確認ください。

横浜熱闘倶楽部  https://www.hamaspo.com/nettouclub/

横浜のプロチームを市民とともに応援し、市民の連帯感や地域の活性、市民のスポーツの振興を図ることを目的として立ち上がった応援連合体が
「横浜熱闘倶楽部」です。市民とチームの交流の促進などのイベント開催やチームの活動や選手紹介等の広報などを行っています。

横浜のプロスポーツ4チームをこれからも皆様とともに盛り上げていきましょう!

                           
 
t