ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはま 2009 DECEMBER Vol.16

横浜熱闘倶楽部 ハマの子供たちの健やかな成長を願って 横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティで活躍する河原隆一氏

取材協力●NPO法人 横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ

河原隆一さん写真

 野球の技術向上を目指すことに併せて、「スポーツの楽しさ、スポーツマンシップの大切さを伝えたい」そして「家族のふれあいや地域のコミュニケーションを大切にしてほしい」———こうしたコンセプトに基づいて、子供たちの健全な成長をお手伝いしている「横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ」。今日も各地の学校や地域活動の場などを訪れ、子供たちへのスポーツ指導やスポーツマンシップの向上に力を注いでいます。横浜商業高校(Y高)の時に甲子園で準決勝まで進出し、その後関東学院大学に進学、横浜ベイスターズで投手として活躍した河原隆一さんは、今年からこのコミュニティの運営に携わり、野球を通じて子供たちの健やかな成長のお手伝いをされています。河原さんに、コミュニティの活動内容と横浜の未来を背負う子供たちへの思いを語っていただきました。

■まず野球に関係するプロフィールをご紹介ください

現役時代の河原氏。「神奈川のドクターK」と呼ばれた豪腕が有名!
現役時代の河原氏。
「神奈川のドクターK」と呼ばれた豪腕が有名!  小学校から野球を始め、中学校でも部活動でプレーしましたが、正直弱かったですよ(笑)。ですが、野球が大好きだったので、野球の名門Y高に普通入試で進学し、頑張った甲斐があって、甲子園出場を果たすことができました。今まで弱かったのがうそみたいだったですね。その後関東学院大学に進学し、野球を続けました。甲子園の出場経験を持つとはいえ、なかなか波に乗れず1〜3年は低迷…。しかし4年の時にある程度活躍できたこともあって、ドラフト1位でベイスターズを逆指名し、1994年に入団しました。途中日本シリーズ優勝なども経験できたのですが、全般的に制球がうまくいかず、実際はとても苦労していました。2004年にいよいよ現役を引退し、その後4年間はベイスターズでスカウトをやっていましたが、今年からこのスポーツコミュニティに入りました。

■コミュニティを始めてみた感想はいかがですか?

  正直、今年から始めたばかりなので、まだまだわからないことが多くあります。もともと「教える」ことを経験したことがなかったので、間違ったことを教えないように注意しながら奮闘しています。コミュニティに従事する他のコーチの方々といろいろとアイデアなどを出し合いながら、頑張っていますよ。

■コミュニティの活動の特徴を教えてください

  各地で行う野球教室の開催のほかに、小学校の授業のお手伝いがあります。子供たちと一緒に給食を食べたりして交流を深めています。また、子供たちの放課後の居場所づくりを促進する「はまっ子ふれあいスクール事業」にも協力して、野球を教えたりしています。いままでのスカウトの仕事とは全然違いますが、野球のすそ野を広げるという意味でとても充実して楽しいですよ!

■コミュニティでの活動を通じて思うところはありますか?

コミュニティで熱心に指導する河原氏
コミュニティで熱心に指導する河原氏

  コーチの数が少ないこともあり、年間35校くらいしかまわることができないので、もっともっと多くの小学校に出向きたいですね。いずれは神奈川県内全部の小学校にも広げたいですし、幼稚園や中学校への訪問も充実させていきたいですね!
また、コミュニティを通じて野球をずっとやっていってもらえたらいいな、と思っていますが、その前にまずは「運動する楽しさ」を感じてほしいです。水泳とかサッカーとか…いろいろなスポーツに挑戦してみて、その中から自分の一番好きなスポーツを見つけてほしいですね。そして、子供たちがスポーツを通じてみんな元気に健やかに成長していってほしいと思います。

Present For You

河原隆一さんのサインを3名様にプレゼントします!
ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、「SPORTSよこはま」へのご意見・ご感想を記入して下記の宛先へお送りください。(平成22年1月25日必着)
〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル1階
横浜市スポーツ情報センター「河原隆一さんサイン」係まで

※個人情報の取扱いについては、こちらをご参照ください。

横浜熱闘倶楽部 ハマの子供たちの健やかな成長を願って 横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティで活躍する河原隆一氏

取材協力●NPO法人 横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ

河原隆一さん写真

 野球の技術向上を目指すことに併せて、「スポーツの楽しさ、スポーツマンシップの大切さを伝えたい」そして「家族のふれあいや地域のコミュニケーションを大切にしてほしい」———こうしたコンセプトに基づいて、子供たちの健全な成長をお手伝いしている「横浜ベイスターズ・スポーツコミュニティ」。今日も各地の学校や地域活動の場などを訪れ、子供たちへのスポーツ指導やスポーツマンシップの向上に力を注いでいます。横浜商業高校(Y高)の時に甲子園で準決勝まで進出し、その後関東学院大学に進学、横浜ベイスターズで投手として活躍した河原隆一さんは、今年からこのコミュニティの運営に携わり、野球を通じて子供たちの健やかな成長のお手伝いをされています。河原さんに、コミュニティの活動内容と横浜の未来を背負う子供たちへの思いを語っていただきました。

■まず野球に関係するプロフィールをご紹介ください

現役時代の河原氏。「神奈川のドクターK」と呼ばれた豪腕が有名!
現役時代の河原氏。
「神奈川のドクターK」と呼ばれた豪腕が有名!  小学校から野球を始め、中学校でも部活動でプレーしましたが、正直弱かったですよ(笑)。ですが、野球が大好きだったので、野球の名門Y高に普通入試で進学し、頑張った甲斐があって、甲子園出場を果たすことができました。今まで弱かったのがうそみたいだったですね。その後関東学院大学に進学し、野球を続けました。甲子園の出場経験を持つとはいえ、なかなか波に乗れず1〜3年は低迷…。しかし4年の時にある程度活躍できたこともあって、ドラフト1位でベイスターズを逆指名し、1994年に入団しました。途中日本シリーズ優勝なども経験できたのですが、全般的に制球がうまくいかず、実際はとても苦労していました。2004年にいよいよ現役を引退し、その後4年間はベイスターズでスカウトをやっていましたが、今年からこのスポーツコミュニティに入りました。

■コミュニティを始めてみた感想はいかがですか?

  正直、今年から始めたばかりなので、まだまだわからないことが多くあります。もともと「教える」ことを経験したことがなかったので、間違ったことを教えないように注意しながら奮闘しています。コミュニティに従事する他のコーチの方々といろいろとアイデアなどを出し合いながら、頑張っていますよ。

■コミュニティの活動の特徴を教えてください

  各地で行う野球教室の開催のほかに、小学校の授業のお手伝いがあります。子供たちと一緒に給食を食べたりして交流を深めています。また、子供たちの放課後の居場所づくりを促進する「はまっ子ふれあいスクール事業」にも協力して、野球を教えたりしています。いままでのスカウトの仕事とは全然違いますが、野球のすそ野を広げるという意味でとても充実して楽しいですよ!

■コミュニティでの活動を通じて思うところはありますか?

コミュニティで熱心に指導する河原氏
コミュニティで熱心に指導する河原氏

  コーチの数が少ないこともあり、年間35校くらいしかまわることができないので、もっともっと多くの小学校に出向きたいですね。いずれは神奈川県内全部の小学校にも広げたいですし、幼稚園や中学校への訪問も充実させていきたいですね!
また、コミュニティを通じて野球をずっとやっていってもらえたらいいな、と思っていますが、その前にまずは「運動する楽しさ」を感じてほしいです。水泳とかサッカーとか…いろいろなスポーツに挑戦してみて、その中から自分の一番好きなスポーツを見つけてほしいですね。そして、子供たちがスポーツを通じてみんな元気に健やかに成長していってほしいと思います。

Present For You

河原隆一さんのサインを3名様にプレゼントします!
ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、「SPORTSよこはま」へのご意見・ご感想を記入して下記の宛先へお送りください。(平成22年1月25日必着)
〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル1階
横浜市スポーツ情報センター「河原隆一さんサイン」係まで

※個人情報の取扱いについては、こちらをご参照ください。

                           
 
t